シンガポールの人気観光スポット|サイト最多の40選!場所、行き方、料金、営業時間そして裏技まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールの観光スポット マリーナベイサンズのナイトショー

シンガポールで働く日本人駐在員が、日本からシンガポール観光に来られる皆様のために、全力で、人気の観光スポットをご案内します。

その数なんと、40選。混じりっけなし。本気の40選です。

本当に興味深いところだけをピックアップしました。現地に住んでいるからこそ知りうる穴場スポットやお役立ち情報もご紹介しつつ。

ホントにもう、これだけ読んでいただければ、シンガポールの観光スポットのすべてがわかります。

ご紹介する40の観光スポットの中から、ご自身のスタイルにあったものをチョイスして、素敵な旅行をつくってくださいね。

✅ この記事は7ページ構成で各ページの概要は以下の通りです(表題をクリックすると、お目当てのページへジャンプできます)

ベイエリアを満喫しよう!(9選)

昼と夜とでまったく違う表情を見せるシンガポール。まずは、シンガポールの玄関口マリーナベイエリアのアーキテクチャーがつくる奇跡の風景を堪能しましょう!

スポンサーリンク

① マリーナベイサンズ

3つの高層ビルのうえに巨大な船を載せたような独特の外観で有名な、シンガポールのランドマークホテル「マリーナベイサンズ」。

すっかりシンガポールの顔として認識されていますが、開業は2010年、今の形で全面開業したのは2011年という、結構新しいホテルです。

シンガポールの観光スポット  マリーナベイサンズ

【場所】10 Bayfront Avenue Singapore 018970 地図をひらく 

【行き方】MRTベイフロント(Bay Front)駅直結

(グーグルマップ検索のコツ)

 シンガポールでは、1つの建物に1つのZipコード(郵便番号)が振られています。なので、シンガポールでグーグルマップを使う時は、通常住所の最後に記載されているZipコード(6桁のコード)を入力するだけで建物を示してくれます。例えば、マリーナベイサンズだったら、住所の最後についている”018970″と検索ボックスに入力するだけで、グーグルマップはマリーナベイサンズを示してくれます。以下、どの施設でも同じです。

57階の屋上にある天空のプール「インフィニティ」は世界的にも有名な場所。このプールエリアにはホテルの宿泊客しか入場できない(エリア前には係員のいる改札があって、ルームキーをタッチしないと入場できない仕組みになっています)ので、滞在中1泊はしてみたいところですね。

シンガポールの観光スポット マリーナベイサンズの屋上プール「インフィニティ」

また、シンガポールのローカルフードからミシュランの星付きレストランまで揃うレストランゾーンや世界のブランド店が出店するショッピングゾーンも魅力のひとつです。

シンガポールの観光スポット マリーナベイサンズでショッピング

マリーナベイサンズの建物内には、人工の川や噴水を取り囲むように有名レストランやカフェが並ぶイタリアベニスのようなエリアや世界のブランドショップが集まる煌びやかな都会的なエリアなど、趣向を凝らしたショッピングゾーンがあり、飽きることなく買い物が続けられそうです。疲れたら休憩できるカフェもたくさんあります。中でも地下2階にあるシンガポールの紅茶ブランドTWGのティーサロンは有名です。美味しい紅茶でリフレッシュしたら、いくらでもショッピングを続けられそう。

なにしろシンガポールのランドマーク。ホテル前からのベイエリアの眺めや夜のイルミネーションショーなど見所満載なので、宿泊してもしなくても、一度は訪れておきたい観光スポットですね。

② インフィニティプール

【場所】マリーナベイサンズ屋上

【営業時間】 午前6時~午後11時

マリーナベイサンズといえば、屋上にあるプール「インフィニティプール」。マリーナベイサンズの宿泊客のみが利用可能です。世界で最も高いところにあるプールで、かつ、世界で最も長い屋上プール。角度によっては、空中に浮かぶプールのような不思議な写真を撮ることができます。

昼にはこんな顔。カップルも女友達も家族も、みんな天空に浮かぶプールで不思議な写真を撮っています。

マリーナベイサンズの屋上プールインフィニティの昼の風景

夕方になるとまた違った顔を見せます。沈む夕陽と摩天楼。ただただ見とれてしまいます。

夜の姿は、もう別世界。シンガポールの夜景の一部かのようなプール。あまりの美しさに言葉を失います。

③ サンズ・スカイパーク

【場所】マリーナベイサンズ屋上

【営業時間】

月曜日~木曜日: 午前9時30分~午後10時

金曜日~日曜日: 午前9時30分~午後11時

マリーナベイサンズの宿泊者以外はプールエリアには入れませんが、宿泊者以外でも有料で屋上へ行くことはできます。それがサンズ・スカイパークです。

【料金】23シンガポールドル 子供(2歳~12歳):17シンガポールドル。

チケットは、マリーナベイサンズ(または周辺施設)の中、あちこちで買えますが、タワー1のホテルロビー コンシェルジュデスクか、タワー3のB1スカイパークチケットカウンターあたりが分かりやすいでしょうか。ホテルですので、スタッフに聞くのが早いと思います。(マリーナベイサンズには日本語デスクもありますので、不安な方はそこで聞くといいです)

【裏技】普通に買うよりも絶対お得なチケットあります⇒スカイパーク展望台にお得な割引チケット 

④ CÉ LA VI(セラヴィ)レストラン&スカイバー

マリーナベイサンズの屋上にはCÉ LA VI(セラヴィ)というレストランとスカイバーがあります。展望デッキのサンズ・スカイパークでシンガポールの絶景を楽しむだけでなく、57階の天空レストランで食事をしたり、バーで飲み物を楽しんだりしてもいいかもしれません。

【場所】マリーナベイサンズ屋上

【営業時間】

レストランでのランチ:

月曜~金曜、正午~午後3時
土曜&日曜、正午~午後3時30分 

レストランでのディナー:

日曜~水曜、午後6時~11時
木曜~土曜、午後6時~11時30分

スカイバー:

正午から深夜まで。ライブDJは午後6時から

クラブラウンジ:

月曜~金曜、正午から深夜まで
土曜&日曜、午前11時から深夜まで

屋上のレストランやバーに行くのが、マリーナベイサンズの屋上へ行く裏技であるという人もいます。屋上にあるセラヴィへ行くといえば、当然マリーナベイサンズの屋上に上がれますが、入場料が20ドルかかります。レストランやバーで、食事やドリンクをオーダーすると、お会計から20ドル差し引いてくれる、というシステムです。

高級ホテルマリーナベイサンズの屋上のレストラン&バーなので、夜はビールだけで20ドル近くしますので、スカイパークの展望デッキの入場料23ドルと大差ありません(実際はサービス料と税金がかかるので、ビールの方が割高です)。同じような値段で1杯飲めるという感覚で行けば、バーを利用するのもありかとは思います。

【裏技】日本語だけで、海外のレストランが予約できちゃいます。⇒ 日本語サイト「グルヤク」でレストランCÉ LA VI(セラヴィ)を予約する 

⑤ ワンアルティチュード(1-ALTITUDE)

マリーナベイサンズをご紹介したら、ここを紹介しないわけにはいきません。知る人ぞ知る。マリーナベイサンズを見下ろすことのできる屋上バー「ワンアルティチュード」。マリーナベイサンズの屋上57階よりも高い63階。海抜282メートルという、世界で最も標高の高いところにある屋外のバーです。

【場所】1 Raffles Place 61-63F, Singapore 048616  地図をひらく 

【行き方】MRTのRaffles Place(ラッフルズプレイス)から徒歩1分

360度の大パノラマビュー。シンガポールのいろいろな風景・夜景を楽しむことができますが、特にココから見るマリーナベイサンズを含めたベイエリアの夜景は最高です。シンガポールで一番美しい夜景だという声もあるくらいです。

シンガポールの観光スポット マリーナベイサンズのレーザーショーを上から見る

写真のような感じで、マリーナベイサンズを上から見ることができます。

マリーナベイサンズの上からも確かにきれいな夜景が見れますが、マリーナベイサンズからはマリーナベイサンズが見えないという問題に直面します。ここ、ワンアルティチュードはそんな問題を一気に解決してくれます😄。やっぱり、ここマリーナベイサンズを含めたベイエリアは、シンガポールが国を挙げて整備してきたエリアなので、なんだかんだ言っても最高にきれいです。

入場料金は時間に応じて変わります。

(午前8時30分~午後5時30分)

大人25シンガポールドル、子供(6歳~12歳)15シンガポールドル(1ノンアルコールドリンク付き)

(午後6時~午後9時)

35シンガポールドル(2ドリンク付き)

(午後9時以降)

45シンガポールドル(2ドリンク付き)

ビルの最上階62階にはレストランが、その下の61階にはなんとクラブがあります。

詳細はこちらワンアルティチュードの公式HP で確認くださいね。

ここも、日本語で予約できるグルヤクでの取り扱いがあるのですが、条件が良くないのでご自身で直接現地へ行ってチケットを購入したほうがいいと思います。一応リンクは貼っておきますが、おすすめではありません。

ワン・アルティテュード/ギャラリー&バー ルーフトップバー【グルヤク】

ワン・アルティテュード/ステラー(レストラン)【グルヤク】

✅ ワンアルティチュードに行けるシンガポールナイトツアー

少し上級者向けですが、世界一高い標高にある屋上バー「1-Altitude(ワンアルティチュード)」に連れて行ってくれる珍しいプランを見つけました。地図で有名なマップルの会社が最近力を入れているネット系旅行代理店の企画です。

せっかくシンガポールにきたんだから時にはゴージャスに!最終日の夜におすすめです。忘れられない旅になりそう…

デラックスカーでゴージャスに夜景を楽しむツアー!

ゴージャスにシンガポールの夜を楽しむプランです。マリーナベイとガーデンズバイザベイの夜景を堪能した後は、世界一高い標高にあるルーフトップバー(屋上バー)の1-Altitude(ワンアルティチュード)へ。マリーナベイサンズを見下ろす絶景を楽しむことができる珍しいプランです!

このツアーの詳細はこちら

⑥ マーライオン・パーク

世界三大ガッカリと言われたマーライオンの面影はなく、マーライオンパークはいつも人でにぎわっていますよ。中国人で。

【場所】Fullerton Road, Singapore 049213 地図をひらく 

【行き方】MRTラッフルズ・プレイス(Raffles Place)駅から徒歩8分

ちなみに、世界三大ガッカリ像は、シンガポールのマーライオン、デンマークコペンハーゲンの人魚姫像、ベルギーブリュッセルの小便小僧です。

世界三大ガッカリだった時はもっとマイナーな場所に置かれていていたみたいですね。なんでも海に向かって立っていたから、観光客は正面が見えなかったとか。そのあと、風水で場所を決めてここに移動されてきたそうです。

シンガポールの観光スポット マーライオンパークで定番の写真を撮る

このマーライオン像、夜はライトアップされて、また違った姿を見せてくれます。

陽が落ちるころ、マーライオンの周りには、ライトアップされたマーライオンと対岸で行われる「スペクトラ」を見るためにたくさんの人が集まってきます。

シンガポールの観光スポット マーライオンパークの夜景

なぜか、遠近法を利用して、この水が自分の口に入ってきているように見せる写真を取るのが人気。

なんか後ろにいる、ミニマーライオンも人気らしい。このブスかわな感じがいいみたい。忘れずにチェックしてくださいね。ちなみに、向こうに見えるのが、本家マーライオンの背中。

シンガポールの観光スポット ミニマーライオンとマーライオンの背中

入場料など料金は一切かかりません。

シンガポールのマーライオンは全部で5ヶ所、7体あります。シンガポールのマーライオンの秘密はこちらの記事で。シンガポール旅行が100倍楽しくなる豆知識|マーライオンの秘密

⑦ シンガポールフライヤー

マリーナベイエリアの夜景を構成する重要なアーキテクチャーのひとつである観覧車が、シンガポールフライヤーです。高さ165メートル。2011年にラスベガスのハイローラー(高さ167.6メートル)ができるまで、世界で最も高い観覧車でした。

わずか2.6メートルの差で世界一の称号を失ったシンガポールフライヤーですが、その高さは42階建てのビルに匹敵し、写真からもご想像していただける通り、観覧車からは素晴らしい景色・夜景を望むことができます。

【場所】30 Raffles Avenue Singapore 039803 地図をひらく 

【行き方】MRTプロムナード(Promenade) 駅から徒歩5分

【営業時間】8:30-22:30 

シンガポールの観光スポット シンガポールフライヤーを中心にした景色

この観覧車のゴンドラは最大で28人乗り。下の写真のように、ほとんどガラス張りですので、視界を遮るものが少ないため、ふとした時に一瞬空中に浮かんでいるような錯覚に陥ります。

単に観覧車に乗って一周するだけでなく、ゴンドラ内で食事をしたり、シンガポールスリングを楽しんだりするプランなども用意しています。

【料金】1周(30分) 大人33シンガポールドル、子供21シンガポールドル 

ゴンドラの中でシンガポールスリングを味わうプラン:大人69シンガポールドル、子供31シンガポールドル(ジュース)

ゴンドラの中でディナーを食べるプラン(2周):328.90シンガポールドル(2人)

✅ シンガポールフライヤーで豪華ディナーツアー

藤田ニコルさんが参加してから人気が爆発したシンガポールフライヤーダイニング。ネット系旅行代理店も力を入れ始めました。今や人気ツアーになっていますので早めにチェックしたほうがいいかもしれません。

人気のアクティビティツアー

藤田ニコルも参加した「シンガポールフライヤー(大観覧車)」の中で夜景を見ながらディナープラン

テレビで藤田ニコルが参加して以来大人気のプランです。かつては世界一だった大観覧車内での豪華ディナー。1周目がオードブル、2周目がメイン料理という本格コース料理。360度ガラス張りの大きなゴンドラ内で大パノラマと豪華ディナーを同時に楽しむなんてなかなかできない体験です。

 このツアーの詳細はこちら

マップル(昭文社) /日本語サイト/日本語予約

⑧ ナショナルギャラリーシンガポール

旧行政庁舎と旧最高裁判所の建物を改装し、2つの建物を連結して一つの美術館として、2015年にオープンした美術館。シンガポール最大、東南アジア最大、そして世界最大級の美術館です。美術館としての素晴らしさは言わずもがな、ベイエリアが一望できる素晴らしい場所としてご紹介します。

【場所】1 St Andrew’s Rd, シンガポール 178957 地図をひらく 

【行き方】MRT シティ・ホール駅から徒歩約5分

シンガポールナショナルミュージアムの前はクリケットグラウンド

建物の前がクリケットのグランドなのでマリーナベイサンズまで視界を遮るものなく、5階と6階にある展望デッキ、レストラン、カフェなどからは、ベイエリアを一望できます(1階にはミシュランの2つ星レストラン「オデット」もあります)。

シンガポールの観光スポット ナショナルミュージアムから見たマリーナベイサンズの夜景

公式HPはこちら 

【料金】 大人:20シンガポールドル、子供(7歳~12歳):15シンガポールドル

【営業時間】 10:00 ~ 19:00(ただし金曜日は21:00まで)レストランの営業時間は店舗によって異なります。

⑨ ガーデンバイザベイ

ガーデンバイザベイは、マリーナベイサンズに隣接する広大な植物園。植物園というよりも植物アミューズメントパークといったところで、エリアは非常に広いです。

【場所】18 Marina Gardens Drive, Singapore 018953 地図をひらく 

【行き方】MRTベイフロント(Bayfront)駅から徒歩10分

主な施設は、2つのドーム型植物園「フラワードーム」と「クラウドフォレスト」、それに大樹をイメージしたスーパーツリーグローブです。

シンガポールの観光スポット ガーデンバイザベイの全体像

このガーデンバイザベイは、シンガポールがとても力を入れている植物園ですので、花や植物の鮮度も高く、ありがちなガッカリ植物園とは違います。特に高い方のドーム型植物園「クラウドフォレスト」その名も雲の森は、「The falls」と名付けられた滝や、「Cloud walk」と名付けられた回廊があって、アトラクション気分も満たしてくれます。

2つのドーム型植物園「フラワードーム」と「クラウドフォレスト」のみ入場料がかかります。大人28シンガポールドル、子供(3歳~12歳)15シンガポールドル、です。

ひときわ異彩を放つ人工樹木、高さ22メートルのスーパーツリーグローブを下から見て回るのは無料ですが、このスーパーツリーグローブをぐるっと取り囲むように配置されているウォークウェイ(歩道)「スカイウェイ」に登って間近でツリーを見るには、大人8ドル、子供5ドルが必要です。

【裏技】普通に買うよりも絶対お得なチケットあります ⇒ ガーデンバイザベイの植物園とスカイウェイのお得な割引チケット 

シンガポールの観光スポット ガーデンバイザベイとマリーナベイサンズのコラボ

このスーパーツリーグローブ。夜になるとライトアップされ、さらに妖艶な雰囲気を醸し出します。

シンガポールの観光スポット ガーデンバイザベイのライトアップショー「ガーデンラプソディ」

極めつけは、イルミネーションショーの「ガーデンラプソディ」。これについては、次ページ⑦ ガーデンラプソディでご紹介します。

公式HPはこちら 

【営業時間】

植物園全体:午前5時~午前2時

ドーム型植物園、スカイウェイ:午前9時~午後9時(最終入場券販売午後8時)

シンガポールでは、夜になると、この「ガーデンラプソディ」だけでなく、いろいろなイルミネーションショーが毎日開催されています。

✅ シンガポール駐在員がおすすめする最強のオプショナルツアー

このサイトは、日本の皆様が、自分で好きな観光スポットをチョイスして自由に旅を楽しんでいただきたいという思いで、場所や地図もつけながら、シンガポールの観光スポットを一生懸命書かせていただいています。

でも、土地勘がないとやっぱり大変かもしれません。旅行期間は限られていますから、時には効率性を優先して名所を回ったほうがいい場合もあると思います。

ということで、シンガポールの観光スポットを効率的に回れるオプショナルツアーを探してきました。日本のネット系旅行代理店なので、サイトも予約も、代理店とのやり取りも日本語で。出発前に予定を決めることができます。

ホテル送迎付きで、さらに日本語ガイド付き。観光は効率よく済ませて、そのあと、ゆったりまったり過ごすのもいいですよね😁

おすすめの観光ツアー

【おすすめ】シンガポール凝縮ツアー

定番観光スポットや人気ローカルフードをすべて網羅した1日観光ツアー!日本語ガイド&ホテル送迎付。超かんたん♪ネットで申し込んでシンガポールに行くだけ😃。

シンガポール凝縮ツアーの詳細はこちら

マップル(昭文社) /日本語サイト/日本語予約

次のページでは、必見のシンガポール・イルミネーションショーをご紹介します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加