【シンガポール】世界一高い屋上バー「1-ALTITUDE」で夜景を楽しもう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1-ALTITUDE(ワン アルティチュード)。世界一高いところにある屋外のバーとホームページでは謳っていますが…。😏ちょっと裏を取ってみようと思い、日本語で「世界一高いバー」とかで検索すると、バンコクの5つ星ホテルルブアの屋上にあるレストラン”シロッコ”の中にある”スカイバー”がヒットします。

さて…。どっちが一番高いところにあるバーなんでしょうか。

情報では、バンコクのシロッコのスカイバーは地上247メートル、対してシンガポールのワンアルティチュードは海抜282メートル。定義が少し違うので、よくわかりません…。

シロッコのスカイバーは64階、ワンアルティチュードは63階にあるので、階数だけだとシロッコのスカイバーの勝ちです。

英語のサイトでは、上海のリッツカールトンのフレアルーフトップというのが高いところにありそうですが、自身のサイトで「中国で一番高い屋上バー」と書いてあるので、世界一ではなさそう。階数も58階。さすがに64階のシロッコスカイバーと63階のワンアルティチュードを抜くのは厳しいかな。

ワンアルティチュードが地上からの高さを明かしていないので比較しにくいのですが、どうやらシンガポールで一番高いところにあるバーは、セントラルポイントのスイソテル ザ スタンフォードの71階のNew Asia Barのようですね。こちらは屋内のバーです。その高さは221メートルと公表しています。ワンアルティチュードはそれより低いので、地上からの高さでも、247メートルあるシロッコスカイバーの勝ちのようです。

ということで(どういうことかわかりませんが)、ワンアルティチュードのサイトを信じるとするならば、ワンアルティチュードは世界で一番標高(海抜)の高いところにある屋外バーということになるでしょうか。店名にも、ALTITUDE(アルティチュード)、すなわち「標高」という言葉が使われていますから、それで間違いなさそうですね。

ちなみに、屋内バーも含めた、世界で一番高いところにあるバーは、香港の同じくリッツカールトンのOZONEというバーのようです。高さは480メートル、階数は118階です。。

という記事を書きながら思い出しました…。シロッコのスカイバーにも、そういえば行ったことあるんです。友人に送った写真もありましたw。

確かに高いところでした。でも、この写真じゃあ。どこかもわかりませんね😅

スポンサーリンク

ワンアルティチュード(1-ALTITUDE)

前置きが長くなりましたが…

世界で最も標高の高いところにある屋外のバー、ワンアルティチューをご紹介しましょう。

なぜか日本語のメジャーなサイトでは、この場所の取り扱いが少ないですね。夜がおすすめなんですが、バーということもあり、お子様つまり家族旅行に不向きだからでしょうかね。10時までは、子供もOKみたいですけど(ただし、6時以降の子供料金の設定がなく、大人と同じ料金を払う必要があります)。

まあ、外国のバーですからね。暗くなってからは家族で行くには適していない、でしょうね。明らかに。

ここ、ワンアルティチュード(1-ALTITUDE)、シンガポールで一番高いところにある屋外バーであり、屋外展望デッキです。そうです、マリーナベイサンズの屋上57階よりも高い63階にあるんです。

なので、つまり。なんと、マリーナベイサンズの屋上のスカイパークを下に見ることになります。

ワンアルティチュードから見たマリーナベイサンズはこんな感じ。若干ですけど、上からマリーナベイサンズを見下ろします。なぜか気分結構いいです。勝ったなみたいな😂。いい眺めです。

マリーナベイサンズからはマリーナベイサンズが見えないという難問も、見事に解決してくれます😄。

場所・行き方

住所:1 Raffles Place 61-63F, Singapore 048616

地下鉄MRTのRaffles Place(ラッフルズプレイス)から徒歩1分

✅ 1-Alittude(ワンアルティチュード)に行けるオプショナルツアー

1-Altitude(ワンアルティチュード)は素晴らしいところなんですが、観光地としてはなぜかメジャーではないので、自力で行くのはちょっと大変かもしれません。

最近人気のあるネットで予約できるオプショナルツアー会社【MAPPLEアクティビティ】のサイトを探していたら、「1-Altitude(ワンアルティチュード)」に連れて行ってくれる珍しいプランを見つけましたので、ご紹介しておきますね。

ちょっと高めですけど、せっかくシンガポールにきたんだから時にはゴージャスに!最終日の夜とかにおすすめかも。忘れられない旅になりそう…

デラックスカーでゴージャスに夜景を楽しむツアー!

ゴージャスにシンガポールの夜を楽しむプランです。マリーナベイとガーデンズバイザベイの夜景を堪能した後は、世界一高い標高にあるルーフトップバー(屋上バー)の1-Altitude(ワンアルティチュード)へ。マリーナベイサンズを見下ろす絶景を楽しむことができる珍しいプランです!

このツアーの詳細はこちら

行くべき時間帯

昼間に行くのもいいと思いますけど、やっぱり何かイベントがあったほうが見ごたえが違うと思います。

早朝は入れないので、ターゲットは夕日と、あとはマリーナベイサンズで行われるショーですね。上の写真のように、ショーの一貫としてマリーナベイサンズからレーザー光線が出ますから、おおっ!!て感じになります。

時間を確認しておきましょう。

サンセットの時間

シンガポールは赤道に近いところにあるので、年間を通して日の出日の入り時刻に大きな変化はありません。だいたい午後7時前後という感じOKだと思います。なので、夕日を見たいなという方は、少し早めですが、午後6時30分ごろに行くようにすればいいかなと思います。

マリーナベイサンズのショーの時間

マリナベイサンズのショー「スペクトラ」の開催時間は以下の通りです。

日曜日~木曜日:午後8時と9時の2回

金曜日と土曜日:午後8時、9時、10時の3回

あとでご紹介しますが、ここワンアルティチュードの入場料は、9時からアップします。なので、マリーナベイサンズのショーが目当ての方は、午後8時の開催を狙いたいですね。

6時半過ぎに着て、7時頃のサンセットを見て、8時からのマリーナベイサンズのショーを観て、帰るというのもいい流れですね。

マリーナベイサンズ イルミネーションショー 「スペクトラ」
マリーナベイサンズのイルミネーションショーが、名前を「スペクトラ」に変更して、圧倒的なスケールで帰ってきました。これを見ずしてシンガポールを語るなかれ。絶対に見逃せないこのショーを楽しむ方法を徹底解説いたします。

展望デッキ&バー(屋上、63階)

こんな感じのライティングされたテーブルでドリンクを飲みながら夜景を楽しめます。

中央には開けた場所があって、ライブが行われて、その前で外国人が踊ったりしています。

やっぱりお子さんはダメですね😄

昼間もオープンしていますので、家族で行くならやっぱり昼間かな。

【料金】

午前8時30分~午後5時30分 大人25シンガポールドル、子供(6歳~12歳)15シンガポールドル(1ノンアルコールドリンク付き)

午後6時~午後9時 35シンガポールドル(2ドリンク付き)

午後9時以降 45シンガポールドル(2ドリンク付き)

【営業時間】

日~火曜日:午前2時まで

木曜日:午前3時まで

祝日前日と水・金・土曜日:午前4時まで

レストラン STELLAR(62階)

最上階の62階には同系列ワンアルティチュードのレストランもあります。食事をしながら夜景を楽しむなら、家族でもありですかね。平日はランチもやっています(午前12時~午後2時)

ディナータイムは、平日は6時30分~(土日は6時~)、午後10時閉店(日曜日は9時閉店)です。

クラブ ALTIMATE(61階)

クラブもあります。シンガポールのクラブシーンを味わってみるのもありですね。

営業は金曜日と土曜日だけ。午後10時から午前4時までやっています。

料金は40ドル(1ドリンク付き)。

シンガポールは危なくないですけど、クラブ内は暗いですし盛り上がっている人もいるので、ちょっとだけ気をつけましょう。

帰りは、そこらへんでタクシーを拾えます(外は全然危なくないです)。

※どのフロアも、男性のドレスコードがあります。フロアごとにドレスコードが微妙に違うんですが、最小公倍数的に言うと、男性はショートパンツ、サンダル、タンクトップ(ノースリーブ含む)を避ければOKです。

英語ですがワンアルティチュードの公式HPはこちらです http://www.1-altitude.com/

サイトの中には、ユーチューブビデオもあります。そちらで見るのが一番雰囲気をつかみやすいと思います。お子様連れの方は、必ず事前に雰囲気を確かめてから行ってください。

カップルや友人同士でシンガポールに来られている方は、夜景だけでなく、クラブに行くのも、結構面白いんじゃないかなと個人的には思います。シンガポールは安全ですしね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加