決定!シンガポールで一番美味しいチャークイテオのお店

こんちわ。シンガポール在住のサラリーマンけんたです。

今回は、シンガポールのNo.1フードコート(ホーカー)のラオパサで異彩を放つ、黒いヌードル。ミシュラン・ビブグルマンにも掲載された老夫子炒粿條(LAO FU ZI)のブラックチャークイティオをご紹介します。

チャークイテオとは、米粉の板麺と、もやし、えび、卵などの具と一緒に炒めた麺料理。焦がしソースの香ばしい香りが食欲を刺激する究極の屋台料理です。

老夫子炒粿條(LAO FU ZI)はもともとローカルのホーカー「オールドエアポートロード・フードセンター」でミシュランを獲得したお店ですが、2023年にNo.1ホーカー「ラオパサ」に出店。

新店だけに看板が新しい。そしてミシュラン推しがすごい。すぐにミシュラン獲得店だとわかります(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラオパサの場所

まずはラオパサの場所を確認しておきましょう。

住所:18 Raffles Quay, シンガポール 048582

最寄りはテロックエアー駅かラッフルズプレイス駅。それぞれの駅から徒歩3,4分です。

おすすめメニュー

老夫子炒粿條(LAO FU ZI FRIED KWAY TEOW)の看板メニューは、その名の通り、看板にも掲載されているチャークイテオです。

黒いチャークイテオと白いチャークイテオ。人気はもちろん、ミシュランのマークも付けられている黒いチャークイテオ(ブラックチャークイテオ)です。

店主が顔出しでおすすめしています。

こちらがそのブラックチャークイテオ。見ただけで美味しいのがわかります。

平打ちの米粉麺をメインにたまご麺、もやし、青菜、たまご、貝、えびという具だくさんスタイル。オイスターソースの香りが鼻腔を刺激して食欲をそそります。

黒いソースは見た目よりはさっぱりしていて、どんどん食べられます。

シンガポールでチャークイテオが食べられるお店はいくつかありますが、ミシュラン獲得店の老夫子炒粿條(LAO FU ZI)がアクセス抜群のラオパサに入ったとなれば、もうここ一択といっていいですね。

ちなみに。この老夫子炒粿條(LAO FU ZI)はラクサが実はうまい。

揚げ、えび、もやし、すり身、ゆで卵という王道のトッピング。スパイスを利かせた濃厚ココナッツスープがめちゃくちゃ美味しいです。

2名以上で行くなら、ブラックチャークイテオとラクサの両方を頼んで、シェアしてみると楽しめると思います。

関連記事

決定!シンガポールで一番美味しい「チキンライス」のお店
シンガポールで働く駐在員がシンガポールで一番美味しいチキンライスのお店「マックスウェルフードセンター」の「天天...
決定!シンガポールで一番美味しい「プラウンミー」のお店
プラウンミー(Prawn Mee・プロウンミーまたはエビそば)は、シンガポールローカルフードとして有名なので、...
決定!シンガポールで一番美味しい「ラクサ」のお店
ラクサはシンガポールローカルフードとして有名なので、1度は食べておきたいですよね。でも、シンガポールに観光にき...
決定!シンガポールで一番美味しい「チリクラブ」のお店
チリクラブはシンガポール名物、1度は食べておきたいですよね。でも、シンガポールに観光にきて、普通はチリクラブを...
決定!シンガポールで一番美味しい「フィッシュヘッドカレー」のお店
シンガポールへ観光で来られるみなさん、フィッシュヘッドカレーのマークが薄くないですか?自分も薄かったです😁 カ...
決定!シンガポールで一番美味しい「バクテー」のお店
シンガポールで働く駐在員が厳選して、シンガポールで一番美味しいローカルフードのお店をご紹介します。今回はシンガ...