シンガポール/人気のリバークルーズ【お得な割引チケットの情報つき】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

観光の定番はクルージングですね。豪華客船の上で、豪華な食事をして、サンセットを見て、夜景を見て、みたいな。ハワイみたいなやつ。

でも、シンガポールで、クルージングといったら、そんな豪華なやつではありません。というのも、シンガポールの景色のメインであるマリーナベイサンズは、遠くの外海から見るよりも、近くの内海から見た方がきれいだから。

マリーナベイサンズの位置関係はこちら。海に面しているようイメージがあるかもしれませんが面しているのは内海です。(後述しますが、正確にはため池?)

シンガポールマリーナベイエリアの地図

ということで、シンガポールでは、観光用のクルージングと言えば川、リバークルーズがメインになっています。

どこまでがリバー(川)なのか問題

項目建てすることでもないのですが。シンガポールの豆知識です。

リバークルーズは上の地図でいうシンガポールリバー(川)を下ってきて、マリーナベイサンズの周りのマリーナベイ(湾)を回って、またシンガポールリバー(川)を上っていくというルートです。

でもよく地図を見てください。どこまでが川ですか?マリーナベイサンズの前の広いところは海でしょうか。不自然な微妙な変な形をしています。

そうです。ここは自然に出来たものではありません。マリーナベイサンズがある場所は埋立地、マリーナベイを埋めたてて出来た土地です。そして湾の入り口をぎゅっと絞って、入り口に堰(せき)を作ったんです。それがMarina Barrage(マリーナバラージ)です。

シンガポール マリーナラバージ シンガポール湾を淡水にかえる仕組み

こうすることで、堰の内側は淡水で、その外側が海水となり、湾を大きな貯水池にしてしまったんです。おおぉー頭いいって思わないでください。このやり方は、海と川の往来が不自由になるので通常は取られません。それを犠牲にしてでも淡水の確保が必要というシンガポールの水事情、貯水に適した場所がない国土の狭さ、そういったものが表れているんです。実は。

まあ、そんなことはさておき、こんな事情でマリーナベイサンズの周りはずーっと淡水なんです。だから、マーライオンが吐き出している水も淡水だ、飲めるんだっと、いう人がでてきて、自分は気色悪いライオンみたいな形した動物が吐き出したもんなんか、淡水でも飲めんだろっと、いっつも思うわけなんです。(関係ないっすね😅)

結局、どこまでが川なんですかね。

スポンサーリンク

シンガポール・リバークルーズ

気を取り直して本題です。

シンガポール川からシンガポールの街並みや高層ビル群を、マリーナ湾でマーライオンやマリーナベイサンズを、船の上から見ることができる人気のツアーです。

シンガポールリバークルーズ クラークキーの船乗り場

シンガポール川はシンガポールの都市部の中心を流れていますから、船は大きなビル群の間を縫うように進み、真下から見上げる摩天楼は普段生活しているときには気が付かないほど大きく、迫力があります。

リバークルーズで高層ビルに囲まれたシンガポール川を下る

特に夜、夜景の迫力も違ってきます。真下から見る夜景っていうのもあまり経験できるものではありません。日没後普通にビル群の夜景を見て回るだけでも、そこは非日常、素晴らしく感動的なシーンがあります。 シンガポール川の夜景

上の2枚の写真はほとんど同じアングルからですが。顔つきが全然違うとおもいませんか?

レーザーショークルーズのすすめ

もっと感動したいという欲張りな方は、船上からマリーナベイサンズのイルミネーションショーを観るというのもありです。マリーナベイサンズでは毎日「スベクトラ」というイルミネーションショーをやっています。ショーはホテルの前で行われますが、マリーナベイサンズもショーの1要素となって、屋上から数々のレーザーを放ちます。それを船の上から観るんです。

マリーナベイサンズ イルミネーションショー 「スペクトラ」
マリーナベイサンズのイルミネーションショーが、名前を「スペクトラ」に変更して、圧倒的なスケールで帰ってきました。これを見ずしてシンガポールを語るなかれ。絶対に見逃せないこのショーを楽しむ方法を徹底解説いたします。

【ショーの開催時間】

日曜日~木曜日:午後8時と9時の2回

金曜日と土曜日:午後8時、9時、10時の3回

時間は13分くらいです。

これに時間を合わせて船に乗れば、マリーナベイサンズのショー「スベクトラ」を船上から見ることができます。乗り場は後述しますが、フラートン(FULLERTON)か、ボートキー(BOAT QUAY)からショー開始の10分から15分前に載ればOKでしょう。

ショーを完全に見たい場合には、19時30分と20時30分にクラークキー(CLARKE QUAY)を出発する「レーザーショークルーズ」がおすすめ(追加料金が必要)です。追加料金ってのも微妙ですけど、観光で来られた方は一発勝負なのでこれがいいのかなっという気がします。 リバークルーズでみたマリーナベイサンズのナイトショー

料金・営業時間

大人:25シンガポールドル、子供:15シンガポールドル

マリーナベイサンズのレーザーショークルーズは、大人38シンガポールドル、子供22ドル(19時30分、20時30分発)

【営業時間】9:00~23:00(最終22:30) 15分間隔で運行

お得な割引チケット情報!

楽天グループの【Voyagin】がシンガポールでの営業を強化しています。窓口で買うより【Voyagin】で買った方が絶対お得です。

手続きは超かんたん!当日でも、乗船する直前にだって、どなたでも簡単にお得なチケットを手に入れることができます。

✔ 楽天グループだから安心!

【Voyagin】は日本の楽天グループなので、変なトラブルの心配はありません。

✔ 超かんたん!

スマホでらくらく。名前とメールアドレスを登録してカードで払うだけ。登録したメールアドレスにチケットが届きます。

✔ 当日でもOK!

お得なチケットはすぐに発行されます。だから、当日でも、乗船の直前でも、大丈夫です。

✔ 印刷は要りません!

チケット売り場でスマホ画面を見せるだけ。面倒な印刷は必要ありません。

スマホで5分!超かんたんです!楽天のグループ会社ですから絶対安心ですし。サイトはもちろん日本語です♪

割引チケットをゲットする!

(参考記事へのリンク)

【Voyagin】お得なチケットの買い方を調べる

【Voyagin】その他のお得な割引チケットを探す

マーライオンが正面から 

いやあ、ある人に言われるまで気づかなかったです。こういう写真、結構貴重なんですね。

マーライオンを正面から見る

マーライオンは海(淡水ですが)に向かって立っているんで、なかなか正面から見れないと。

なんで、こんなことをいうかと言うと…お見せしたい写真が他にもあることに気づきまして…。

がっかりスポットの仲間、コペンハーゲンの人魚像の「背中」 😂

これも当地に行ったときに、同じくリバークルーズに参加して、船の上から撮ったものです。人魚の背中って…もはや、人魚かどうかもわかりません 😂

コペンハーゲンの人魚像の背中

これまで使い道がなかったのですが、やっと日の目を見る時がきました。貴重な写真のはず😄。

どこで乗るか?どこで降りるか?

船の乗降場所はリバークルーズの公式ホームページに載っている案内図が一応わかりやすいと思います。(以下の画像をクリックしても公式ホームページに飛べます)シンガポールリバークルーズの船着き場の地図 オフィシャルサイトのリンク付き

乗降場所は以下の8ヶ所で、どこからでも乗り降りできます。乗降場の近くのチケットボックスで乗車券を買って乗り込みましょう!

① ベイフロント サウス(BAYFRONT SOUTH)

② マーライオン パーク(MERLION PARK)

③ フラートン(FULLERTON)

④ ボートキー(BOAT QUAY)

⑤ レッド ブリッジ(READ BRIDGE)

⑥ クラークキー(CLARKE QUAY)

⑦ エスプラネード(ESPLANADE)

⑧ プロムナード(PROMENADE)

といっても、観光でこられた方は、地名を聞いてもピンとこないと思います。(そりゃあそうですよね)

分からない場合は、クラークキー(CLARKE QUAY)から乗って、クラークキー(CLARKE QUAY)で降りておけば問題ないと思います。そうしましょ。

シンガポールクラークキーの夜景

【場 所】 クラークキー乗り場

  1 North Bridge Road, #15-06 High Street Centre, Singapore 179094

(住所は目の前のパブレストラン「フーターズ」のものです。ココへ行けば過ぎにチケット売り場、乗り場は見つかります)

【行き方】 MRTクラークキー(Clarke Quay)駅から徒歩8分

(駅はクラークキーという名前ですが、クラークキー駅から、クラークキーのボート乗り場までは、歩くと若干遠いです。知らないとちょっと不便だと思いますので、面倒だなと思いったら、ホテルからタクシーで直接送ってもらっちゃってください。)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加