シンガポール最大のホーカー・ラオパサでローカルフードにチャレンジ!




シンガポールの庶民の食事処といえば、「ホーカー」です。日本でいうところの、フードコートとか、屋台村とかでしょうか。

小さなお店が一か所に集まって、お客さんはそこで買ったものを目の前の簡易なテーブルについて食べるスタイルです。

(ちなみに現地でホーカーズという人はいないです。ホーカーです。)

もくじ

ラオパサ(Lau Pa Sat Festival Market)で、ローカルフードを食べよう!

ここで紹介するラオパサ。アルファベット表記的にはラオ・パ・サですが、有名すぎて完全に一単語のラオパサです。

シンガポールで最も有名なホーカーですね。

ここは1970年代ごろまで、テロック・エア・マーケット(魚市場)として有名だったので、いまでもその表記が残っていることがあります。テロック・エア・マーケット=ラオパサですので、お間違えなく。

このラオパサ、1970年代にホーカーとしてオープンした後、2014年6月にリニューアル。その後も有名店の誘致と改装を繰り返し、今ではシンガポールNo.1ホーカーの座を不動のものとしています。

その規模は、屋台(ストール)70店、座席数2,500席。シンガポール最大規模のホーカーです。

観光名所でもあるので、シンガポールのローカルフードを食べるには、まずここに立ち寄れば間違いないです。

ローカルフードにトライしてみよう!

チキンライス

チキンスープで炊いたご飯にチキンを添えてものです。チキンはスチームとローストが選べる場合が多いです。好みですが、最初はスチームドチキンでいいと思いますよ。
ホーカーなら4~5シンガポールドルで食べられます。

ラクサ

カップヌードルの味にも登場したラクサ。お店の看板ではLaksaと表記してあります。
ココナッツミルクベースに魚介の出汁とスパイスを効かせたスープです。北海道の香辛料多めの味噌ラーメンのスパイス感ととんこつラーメンのこってり感を融合させたような味わい。ココナッツはスパイスで結構消されているのでココナッツの味をあまり想像しなくていいと思います。

麺は米麺、オリジナルは太麺ですが、細麺で出すところも多いです。どちらもおいしいですよ。だいたい5ドルくらいでしょうか。

飲み物はアイスコピで

これもシンガポールの文化。濃いめのコービーにコンデンスミルクをたっぷり入れた、甘くてミルキーなコーヒーです。Kopi、発音はコピです。2シンガポールドル弱で飲めます。

お値段は

食事だけなら5シンガポールドル程度ですみます。スイーツやドリンクを頼んでも、だいたい10シンガポールドルくらいでしょう。

ローカルフード以外もおすすめ

日本食のうどんとかラーメン、インド料理のカレーやタンドリー、韓国料理、フィリピン料理マレー料理、のほか、スイーツ、フルーツ、ドリンクのコーナーも充実しています。

その場でフルーツから作るジュースもおすすめ

シンガポールでは、カットフルーツと生搾りのフルーツジュースを売っているフルーツ屋台(ストール)がいろんなとことにあります。さすが南国ですね。フルーツは安いです。ホーカーの中にもたいていありますし、もちろんラオパサの中にもあります。

シンガポール在住が長い友人はやけにウォーターメロン(すいか)ジュースを薦めていました。個人的には、日本にない、アボカドを使ったものが好きですね。アボカドミルクとか。濃厚で美味しいよ。栄養もたっぷりだし。

日本のパン屋さんムギホ(MUGIHO)とケーキ屋デリチユース(Delicius)

この2店も人気ですね。日本仕様のパンやケーキです。観光の方は要らないかなっという気がしますが…日本仕様ですので、パンやケーキが食べたくなったらこちらがお勧めです。

ラオパサの行き方

MRT(シンガポールの電車)のグリーンライン、ラッフルズプレイス(Raffles Place)が最寄り駅です。

出口FかIを出ます。

駅の案内表示だと、出口Iが最寄りとなっています。

そこからロビンソンロードを50メートルも進めばすぐにラオパサです。

グリーンラインのタンジョンパーガー(Tanjong Pagar)、ブルーラインのテロックエア(Telok Ayer)からも余裕で歩けます。

上のどの駅からも簡単に歩けるのでタクシーは不要ですが、ちょっと離れた所から来るなら、タクシーがいいですよ。シンガポールのタクシーは安いですので。

タクシーの運ちゃんにラオパサ・プリーズって言えばOKです。簡単な英語で大丈夫です。シンガポールなんてそんなもんです。

グーグルマップも長いこと旧名称のテロック・エア・マーケットとなっていましたが、今はラオパサに直ってますね^^。ただし、ラッフルズプレイス(Raffles Place)の場所がやたら遠い…。出口Iはラオパサから2ブロックくらいのところにあります。

この駅の案内板が正しいです。いずれにしても迷うような場所ではないので、心配は要りません。

夜はサテーストリート

ちなみに夜になると(だいたい19時くらいから)、ラオパサの横の一つの路地が封鎖され、サテー(東南アジアの串焼き料理、まあ焼き鳥ですね)の屋台ができて、ストリートのビアガーデンみたいになります。サテーストリートと呼んでいます。

ここのサテーは、日本の焼き鳥よりも小さめで、甘辛のタレで炭焼きしています。ビーフ・チキン・マトン・エビから選べます。

甘辛のタレはビールとの相性抜群です。

シンガポールのビールはちょっと高めですが、是非ご一緒に。

おすすめはシンガポールのビール・タイガービール。10シンガポールドルくらいです。サテー&ビール。大人のB級グルメ。パクっといただいちゃってください。😋

シンガポールのホーカーにはミシュランに掲載されている屋台がたくさんあります。ラオパサならここがおすすめ。

あわせて読みたい
決定!シンガポールで一番美味しいチャークイテオのお店 こんちわ。シンガポール在住のサラリーマンけんたです。 今回は、シンガポールのNo.1フードコート(ホーカー)のラオパサで異彩を放つ、黒いヌードル。ミシュラン・ビブ...

その他のお気に入りのミシュランB級グルメはこちら。

あわせて読みたい
【シンガポール】屋台ミシュラン・ビーフヌードル【HONG KEE BEEF NOODLE】 ミシュランビブグルマン掲載店の宝庫「アモイストリートフードセンター」のお気に入りのビーフヌードルをご紹介。 【アモイストリートフードセンターの場所】 場所はテ...
あわせて読みたい
ミシュラン1つ星の屋台飯!安い!タイホア・ポークヌードルの行き方とおすすめメニュー 2023年版ミシュランシンガポールで唯一ホーカー屋台飯で1つ星に選出されたヒルストリート・タイホア・ポークヌードルのアクセス・行き方、おすすめメニューをご紹介しま...
あわせて読みたい
ミシュラン掲載!シンガポールのバクテーの有名店「ソンファバクテー」 チキンライス・チリクラブ・ラクサとともにシンガポールの名物料理に挙げられるバクテー(漢字表記:肉骨茶)の人気店・ミシュランガイドのビブグルマンに毎年掲載され...

【シンガポール旅行情報】

現地駐在員がシンガポールの人気観光スポットを完全ガイド!

もくじ