決定!シンガポールで一番美味しい「バクテー」のお店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「バクテー」はシンガポールローカルフードとして有名なので、1度は食べておきたいですよね。でも、シンガポールに観光にきて、普通はバクテーを何回も食べたりしないでしょ。

チリクラブも食べたいし、チキンライスも食べたいし、ラクサも食べたい、あるいはフィッシュヘッドカレーが食べたいかもしれないし…、その他のローカルフードだって食べたいでしょうから。

だからみんな思っているんですよ、あれこれ情報は要らないからって。厳選10店とか言ったって、どうぜ全部なんか行けないんだから、とにかっくNo1のバクテーを教えてくれと。

そんな方のために、現地情報を総合的に勘案して、もっともおすすめな1店のみをご紹介する「決定!シンガポールで一番おいしい!」シリーズです。

今回は大人気のシンガポールローカルフード、バクテー!

スポンサーリンク

バクテーとは

アルファベットで、BAK KUT TEH。中国語(漢字)で、肉骨茶。えっ、お茶?もともとは福建語のbah-kut-têが由来だとか(wikipedia より)。カタカナ読みは、バクテーです。

このバクテーですが、実は、シンガポールのバクテーとマレーシアのバクテー、2種類あります。シンガポールのバクテーは、胡椒テイストの白いバクテー、マレーシアのバクテーは醤油テイストの黒いバクテーです。

マレーシア人の同僚はマレーシアのバクテーが本家だと主張していますけど、一般に知られているバクテーは、シンガポール風の方。胡椒テイストの白いバクテーの方です。

シンガポールで一番美味しいお店の選定基準

ご紹介の趣旨は、観光でいらした方に、観光の一環として、シンガポールグルメを味わっていただくのに役立つ情報をご提供することです。なので、以下の条件を満たすお店の中から、シンガポールで働く現地日本人と(飲みながら🍻😁)協議に協議を重ね、「観光で来て1店だけ行くならばココ!」というお店を決定いたしました。

① 知名度があること。

(やっぱり観光なので、人気店に行っておきたいですよね。なので、美味しくても観光基準であまりマイナーなお店は対象から外しました。)

② 味がおいしいことに加えて、代表的な味であること。

(やっぱり観光なので、ローカルらしいベーシックな味を堪能したいですよね。なので、美味しくてもベーシックなスタイルからあまり外れているお店は対象から外しました。)

そして… 栄えあるナンバー1バクテー店は… ドゥルルルルゥ…… ジャーン!😂

歐南園亞華肉骨茶(OUTRAM PARK YAHUA ROU GU CHA)

バクテーは有名なシンガポール料理ですからチェーン店も沢山ありますが、ローカル店に比べるとやっぱり味が劣るような気がしますね。豚肉を煮込めば良いってもんじゃないって感じで。

ここ歐南園のバクテーはとにかく濃厚な味わい。しょっぱいという意味ではなくて、胡椒やニンニクといったスパイス、豚肉からでる出汁、いろんな味がミックスされて深い味わいになっていますね。

シンガポールで働いて5年の、B級グルメ大好きな日本の友達が今でも週一で通うお店。バクテーを研究しつくした彼ががんとして譲らなかったシンガポールNo1のバクテー屋さんです。

歐南園亞華肉骨茶の行き方

現地で働く日本人が口を揃えて言う、シンガポール NO.1 のバクテーなので、足を運ぶ価値はあると思います。最寄りはMRT のグリーンラインのタンジョンパガー駅ですが、駅からは5分以上10分未満くらいは歩きます。
遠くから来る方は、タクシーに乗って、ケッペルロードのタンジョンパーガーコンプレックスと言えば、運ちゃんが連れて行ってくれますよ。

このタンジョンパーガーコンプレックスというビルの1階は全体がホーカーみたいになっていて、いっぱいお店があるので迷うかもしれません。中に入り込む必要はなくて、大通り(ケッペルロード)に面したところにあります。

注文のしかた

ちょっと画像が暗くてすみません。

厨房の前のカウンターに名物おばちゃんがいますので、おばちゃんにバクテープリーズと言ってください。面倒見がいいというか、観光客慣れしたおばちゃんなので、つたない感じの方が勝手に用意してくれます。

実はここ、メニューが豊富。でこれが逆に観光客泣かせ。といっても大したことではないんですが…。

メニューには、バクテーらしきものがたくさんあって、最後に迷うのが、この2つ。「排骨汤(湯)」(スペアリブ)と「肉骨汤(湯)」(ポークリブ)。

バクテーは「肉骨茶」って書くから、2番の「肉骨汤(湯)」か。と思いきや、ここ「歐南園亞華肉骨茶」のおすすめは、1番の「排骨汤(湯)」なんです。

バクテープリーズといって、黙っていると1番を用意してくれるんですけどね(笑)

注文したら席に案内してくれます。

観光客風にしていると、ご飯と油条(中国式の揚げパン)とお手ふきをセットしたテーブルに連れて行ってくれますよ。もちろん全部有料なので、これが良いのか悪いのか、わかりませんが。

で、すぐに、バクテーを持ってきてくれます。

勝手にセットされているといった油条ってのがこれです。これをバクテーにつけて、汁を吸いこませながら食べます。これも定番なので、食べておいた方がいいと思います。

(ちょっとしょうもない写真が多くてすみません😰。でも写真があったほうが分かりやすいと思いますので、ご勘弁ください。)

いよいよ歐南園亞華肉骨茶のバクテーです。

こちらが、歐南園亞華肉骨茶のバクテーです。

相変わらずの、インスタ映えのなさ加減😅

バクテーは「肉骨茶」というだけあって、スープなんですね。このスープが胡椒ベースで、肉の旨味が溶け出していて最高にうまいんです。

お肉は、トロッとろというとこまでば行っていませんが、かなり柔らかく煮込んであります。簡単にお肉が骨からはがれる感じ。ココのスペアリブは最高です。😀

見た目とは裏腹に、意外と胡椒のパンチが効いていてご飯にも合うんです。

テーブルにおいてあるソースを付けて食べたり、先ほどの油条を浸して食べたり。

スープはなくなりそうになると、お店の方が何度でも注ぎ足しに来てくれます。何度でもです。3回くらいは余裕でおかわりしてください。

お会計

ここのバクテー、うまいんすけど、ちょっと高いんですよね。ローカルのくせに。それだけが難点。

バクテーだけで、8シンガポールドルします。

それに油条が2ドル。ごはんが0.6ドル。それに消費税を入れて10ドルを余裕で越えてきます。こんなドローカルな構えなのに、ショッピングモールのレストラン並みの値段です。

でもなぁ、美味いんだよな…。シンガポールでは段違いにうまいんだよな…。ということで、文句をいいつつまた来てしまう、癖になるお店です。

マレーシアのバクテーも

今回ご紹介したのが、ポピュラーなシンガポールのバクテーです。

冒頭ご紹介したように、マレーシア人の同僚曰く、本家バクテーはマレーシアの黒いバクテーだと。うるさいんで、食べてきました😂。

シンガポール名物 バクテー(マレーシア編)
シンガポール名物のバクテーのオリジナル「マレーシア流のバクテー」をシンガポールで食べたレポです😬。通称黒...

「決定!シンガポールで一番美味しい」お店シリーズ

シンガポールの4大ローカルフード「チリクラブ」「チキンライス」「フィッシュヘッドカリー」そして、日本でも人気の「ラクサ」。

1店舗狙い撃ちなら、シンガポールのローカルフードを全部制覇できるかも。

決定!シンガポールで一番美味しい「チキンライス」のお店
1店舗限定なら旅行中にシンガポールのをローカルフードを全部制覇できるかも。シンガポールで働く駐在員が厳選して、シンガポールで一番美味しいローカルフードのお店をご紹介します。今回は「チキンライス」。ここへ行っておけば間違いなしです。
決定!シンガポールで一番美味しい「チリクラブ」のお店
チリクラブはシンガポール名物、1度は食べておきたいですよね。でも、シンガポールに観光にきて、普通はチリクラブを何回も食べ...
決定!シンガポールで一番美味しい「フィッシュヘッドカレー」のお店
シンガポールへ観光で来られるみなさん、フィッシュヘッドカレーのマークが薄くないですか?自分も薄かったです😁...
決定!シンガポールで一番美味しい「ラクサ」のお店
ラクサはシンガポールローカルフードとして有名なので、1度は食べておきたいですよね。でも、シンガポールに観光にきて、普通は...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加