シンガポールの休日・祝日カレンダー(2020年)|気になる日本の祝日情報もまとめました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールの祝日は、元旦(1/1)、レイバーデー(5/1)、ナショナルデー(8/9)、クリスマス(12/25)を除いて、毎年その日付が変わります。2019年の春節(旧正月)は2月5、6日ですが、2020年の春節(旧正月)は1月25、26日、といった具合です。

なので、シンガポールの祝日は、毎年最新のものをチェックする必要があります。

一方、日本の祝日も最近よく変わります。どっちも変わるので、ちょっとこんがらがってきたので、シンガポールの祝日と日本の休日、どっちも表示したカレンダーを作ってみました。

スポンサーリンク

【2020年】シンガポールの祝日・休日カレンダー

まずは、シンガポールだけの祝日休日のカレンダーです。祝日の名称は月ごとのカレンダーのすぐ下に記載しています。

これだけでも結構把握がしやすくなります。

ネット上には日本語でこういう表示の仕方をしているシンガポールのカレンダーはなぜかないので、自分で作りました。

シンガポールの祝日・休日(2020年)

シンガポールの祝日・休日は、シンガポール政府から毎年4月頃に翌年のものが発表されます。最新の祝日休日情報は、シンガポール政府人材省/Ministry of Manpower(通称MOM)の公式ホームページ に掲載されています。

祝日であることが分かれば、私たち(シンガポールからみた)外国人にとっては、それが何の日であるかはあまり関係ない感じもしますが…(笑)

シンガポールにとって、8月9日のナショナルデーだけは、特別な日です。シンガポールがマレーシアから1963年に独立した日です。市内中心では様々なイベントが開催され、マリーナベイエリアでは花火が打ち上げられます。観光という意味では、混雑を避けるべきか、それともイベントを楽しみに行くべきか、どちらにするかは別として、スケジュールを決めるにあたっては考慮に入れるべき日ですね。

シンガポールの祝日は基本的には宗教に関連するお祝いの日です。世界各国から人が集まっているので、いろいろな宗教に配慮しています。

祝日の種類は毎年同じですが、宗教上の祝日を中心に、毎年祝日の日付が変わることに注意が必要です。

  • ニューイヤーズデー(1月1日)
    新暦(太陽暦)の元日。
  • チャイニーズニューイヤー(1月25,26日)(毎年変動)
    旧暦(太陰暦)の元日。中国の正月。春節・旧正月とも言います。
  • グッドフライデー(4月10日)(毎年変動)
    キリスト教の祭日。十字架に架けられたイエスキリストの復活を記念する祭日イースターの2日前の金曜日。
  • レイバーデー(5月1日)
    労働者の日。
  • ベサックデー(5月7日)(毎年変動)
    仏教の祭日。釈迦の誕生を記念する祝日。
  • ハリラヤプアサ(5月24日)(毎年変動)
    イスラム教の祭日。断食期間(ラマダン)の終わりを祝う日。
  • ハリラヤハジ(7月31日)(毎年変動)
    イスラム教の祭日。聖地メッカ巡礼月の最終日を祝う日。
  • ナショナルデー(8月9日)
    シンガポールの独立記念日。
  • ディーパバリ(11月14日)(毎年変動)
    ヒンドゥー教徒の正月。ヒンドゥー教暦の元
  • クリスマス(12月25日)
    キリスト教の祭日。

日本の祝日・休日(2020年)

2019年は、新天皇即位の関係で祝日が多かったですが、2020年も、新天皇誕生とオリンピック開催により、例年とは少し祝日の感じが違います。

2020年からは、前東京オリンピックの開会日を記念した「体育の日」がなくなり、新しいオリンピックの開会式の日、7月24日が「スポーツの日」となります。それにともって、海の日も7月23日に移動し、7月23日~26日に4連休がつくられました。夏のシルバーウイークと呼ばれるそうです。

また、新天皇即位により、天皇誕生日が2月23日に変更されます。

ちょっと従来のイメージと違うところがあるのと、シンガポールにいると日本の祝日に対する意識は結構低いので、特にシンガポール在住の方は一回整理しておいた方がいいかもしれません。

超便利!シンガポールと日本の祝日を合わせて表示したカレンダー

シンガポールの休日祝日と日本の休日祝日を重ねたカレンダーです。

ここのところ日本の祝日もちょっと流動的だし、シンガポールの祝日も毎年変わるので、ちょっとまとめてみたら、結構役立ちの高いカレンダーになりましたね。

シンガポールに旅行や観光でくる方は、日本の祝日をにらみながら、まとまった休みがとれるか、旅行代は高くならないか、シンガポールの祝日はどうか、などを合わせてみることができます。

ビジネスの方は、日本の方なら、シンガポールの取引先や子会社などの営業状況がわかります。逆にシンガポールの方は、これを見れば日本の休みの状況が分かります。

オリンピックの日程も入れた2020年特別バージョンです😄