【シンガポール】パークロイヤルコレクションマリーナベイ宿泊ブログ|ベイサイドでコスパ重視なら




シンガポールのマリーナベイエリアには高級ホテルがたくさんありますが、中でも「観光や買い物に便利なロケーション」と「日本語ヘルプデスク」があることで有名な5つ星ホテル「パークロイヤルコレクションマリーナベイ(旧マリーナマンダリンホテル)」がおすすめです。

※2021年に新装オープン。マリーナマンダリンホテルからパークロイヤルコレクションマリーナベイにホテル名が変わりました。

シンガポールに住んでいると、家族や友人、会社の同僚など、いろんな人たちが遊びにきます。そして、その都度良さそうなホテルを調べて、予約して、案内したりするわけですが、案内したホテルが良くないとなぜか批判されたりします。(笑)

「ロケーションがいまいち」だとか、「スタッフの対応がいまいち」だとか、中には「英語がわからなかった」なんて言う人もいたりして^^;

そういう経験を繰り返していると、自然とシンガポールのホテル事情に詳しくなって、「こういうタイプの人にはこのホテル!」みたいなルールが出来上がってきます。

今回ご紹介するホテル「パークロイヤルコレクションマリーナベイ」は、英語があまり話せない、それほど旅慣れていない、そしてできる範囲内で予算も押さえておきたい、というタイプの人が来るときに予約するホテルです。

実は、シンガポールに来る人のほとんどはこのタイプの人なので、訪れる人のために予約する頻度が一番高いホテルです。みんな満足して帰国してくれるので、重宝しています。

ということで今回は多くの人が満足すること間違いなしのマリーナマンダリンホテルの宿泊レビューをしていきたいと思います。泊まったのは、友人や同僚なんですけどねw

もくじ

マリーナマンダリンホテル

英語があまり話せない、それほど旅慣れていない、そしてできる範囲内で予算も押さえておきたい、というタイプの方向けなので、ポイントは、①ベイエリアの風景や雰囲気を楽しむことができること、②買い物にも便利なこと、③そこそこ安いこと、そして、万が一の時のために、④日本語ヘルプがあることです。

これらの条件を満たすのが「マリーナマンダリンホテル」というわけです。

ご存じの通りシンガポールは物価が高く、ホテルの料金も結構高いです。

なので上記のポイントのうち、①ベイエリアの風景や雰囲気が楽しめることと、③そこそこ安い、という条件を同時に満たすホテルはそんなにありません。

そもそもマリーナベイサンズのあるマリーナベイを見られるホテルはあまりなく、①マリーナマンダリン②マンダリンオリエンタル③フラートンベイあたりが選択肢になってきます。

このうち、②マンダリンオリエンタル③フラートンベイは、ホテルとマリーナベイの間に視界を遮るものが少ないので、マリーナベイサンズやそれを含めたベイエリアの夜景が良く見えます。その代わり値段が高い!

①マリーナマンダリンホテルは少しだけ奥まっていますが、その分値段が安い!でもマリーナベイを含むシンガポールの観光名所へのアクセスは抜群!と言う感じです。

地図で見るとこんな感じです。

マリーナマンダリンホテルはすこーし奥まったところにありますが、ベイエリアへのアクセスは良好で、それでいてホテルは高級ホテル、それでいて安い!

観光にはちょうどいいロケーションのホテルなんです。

マリーナマンダリンホテルの使い方

シンガポールといばマリーナベイサンズですよね。単なるホテルというだけでなく、観光名所でもあるので、大人の旅行では、できれば泊まっておきたいかなと思いますが、ホテル代が高いんですよ。なので、みんなが考えるのはこれですねw

https://singapore.jpdesk.net/%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%99%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%81%ab%e6%b3%8a%e3%81%be%e3%82%8b%e3%81%b9%e3%81%8d%e3%81%8b/

結論からいうと、マリーナベイサンズには1泊すればOKなので、マリーナベイサンズに泊まる日以外のホテルが必要になるんですが、そのためのホテルとしてこのマリーナマンダリンホテルを使います。

つまり、シンガポールに3泊するとして、マリーナベイサンズ1泊、マリーナマンダリンホテル2泊というような使い方です。

旅行会社のツアーだとそうは行かないとおもいますが、飛行機とホテルを自分で手配すれば、余裕です。シンガポールは安全なので、国内の移動は自力でできますしね。

https://singapore.jpdesk.net/agoda-how-to-book/

ホテルはこんな感じです

このホテルの受付は1階ではなく、4階にあります。なので、ホテルに着いたら、まずエレベータに乗って4階に上がっていく必要があります。

受付(フロントデスク)はこんな感じ。たくさんの観光客が訪れるホテルなので、スタッフもよく教育されていて、対応もスムーズです。

特に、このホテルは日本人の利用者が多いホテルなので、スタッフは日本人の対応に慣れています。日本語のヘルプデスクも併設しているので、本当に困ったら、ヘルプカードを使えばいいだけですしね。

高級ホテルのビシッとした対応ではなく、どちらかというと、フレンドリータイプのホスピタリティ溢れる対応が評判です。海外慣れしていない人でも、スタッフがうまく導いてくれるので心配は要りません。むしろ、英語に自信がなくても、ちょっと挑戦してみるのも面白いと思いますよ。怪我はしませんので。

受付を終えるとエレベーターへ案内されますが、ここでこのホテル、すっげぇーってなります。

館内は真ん中がドーンと吹き抜けになっていて、1階部分にレストランやバーがあります。ハリウッド映画か何かに出てきそうな贅沢な内観に旅行気分が一気に盛り上がる、そんな感じです。

特に夜はとても雰囲気がいいです。

間接照明を使って、ホテル全体がシックにライトアップされます。1階の吹き抜けレストランでは、バンドの生演奏が始まり、館内がエンターテイメントな空気に包まれます。

やっぱり海外旅行の醍醐味は非日常感ですよね。

忙しい日常を忘れさせてくれるリゾートな雰囲気がこのホテルの一番の売りかもしれません。

ホテルの部屋はこんな感じです

マリーナマンダリンホテルですが、部屋からの眺望で料金が異なります。

時期や為替レートにも寄りますが、シティビューで2万5千円〜3万円、マリーナベイビューが4万円〜4万5千円くらいです。

シンガポールのホテルは(料金が)高いので、いいホテルに泊まろうとすると平気で6〜7万円しますので、これでも良心的な方だと考えないと、なんです。

近くのマンダリンオリエンタルでは、ベイビューで7万円くらいしちゃいますから。

ベイエリアがよく見える老舗のフラートンベイホテルは激高です。海側の部屋は特に。ちょっと私たち庶民では手が出ません。

こちらが、マリーナマンダリンの最安値の部屋です。

最安値でも海外の高級ホテルですからね。部屋はゆったり。十分な広さがあって、清潔なので、ゆっくりとリラックスすることができますね。

水回りもまあまあキレイです。

 

この部屋はシティービューなので、部屋からマリーナベイサンズは見えませんが、ホテルの雰囲気、対応、立地、部屋のグレード、それに値段を勘案すると、なかなかいいチョイスだと思います。

マリーナマンダリンホテル

8.7  ¥47,544~

場所:マリーナベイエリア

5つ星ホテル/2021年新装/マリーナベイ近く/ショッピングモール直結/地下鉄駅直結

このホテルの詳細はこちら

▶ 料金と空室状況を検索(Agoda)

▶ 料金と空室状況を検索(Expedia)

海外のホテル予約はほぼAgodaを使っています。理由は明白です。

https://singapore.jpdesk.net/agoda-how-to-book/

▶ Agodaでシンガポールのホテルを探す

▶ Expediaでシンガポールのホテルを探す




もくじ