シンガポール名物 カヤトースト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポーリアンの定番朝ごはん、カヤトーストをご存知でしょうか。

カヤジャムをたっぷり塗ったカヤトーストとしっかり甘いコピ(シンガポールのコーヒー)の組み合わせが、一日の始まりのルーティンであるという人、多いんじゃないでしょうか。朝ごはんを外で食べれば、周りにカヤトーストを食べている人が多いことに気づくと思います。

シンガポーリアンだけでなく、インド系の人も食べていますよね。もはや、シンガポーリアンの朝ごはんというよりは、シンガポールの朝ごはんといった感じ。

スポンサーリンク

カヤトーストとは

カヤジャムとはシンガポール名物のジャムのことです。卵・ココナッツミルク・パンダンリーフ・砂糖などが原料だそうです。

パンダンリーフとは、つまりパンダンの葉のこと。パンダンというのは、マレーシアでは庭先にあるようなごく普通の植物で、その葉から色素をとって、スイーツに使うんだそう。そういえば緑色のスイーツを見かけることがありますね。あればパンダンの葉で、色づけ、香りづけをしたものです。

カヤトーストは、まず薄いトーストをカリカリに焼いて、そこにこのパンダンリーフを使って作ったカヤジャムをたっぷり塗って、バターのスライスをサンドしたものです。

こんな感じに。白いのはチーズではなくて、バターの塊です。

これをサンドするとこんな感じになるります。パンがあたたかいので、バターは溶けてきますが、完全に溶けきるまでは行きません。バターの塩けとカヤジャムの甘さとのコンビネーションがいいそうです。なんとなくわかります。

カヤトーストの食べ方

カヤトーストのベストセットはこれです。

カヤトースト+温泉卵+あったかいコピ

なぜか温泉卵がセットになっていることが多いです。

この温泉卵にお醤油をたらして、このカヤトーストと一緒に食べるのがシンガポール流。

さらに、これらを食べつつ、あたたかいコピ(シンガポールの甘~いコーヒー)をすする。これがパーフェクトだと力説するシンガポーリアンの友人。

なんだか、一見マッチングがわるそうですが、全部混ぜればフレンチトーストとかそういう部類の味になりそうな組み合わせではあります。

実際、それぞれ相性は良いと思いますよ。

カヤトーストを食べるなら「ヤクン」に行きましょう

カヤトーストは、あまり目立たないのですが、シンガポーリアンの定番朝ごはんなので、現地の文化を知るという意味では、トライする価値は大ありです。朝から開いているストール(お店)なら大体用意していますが、「ヤクン」というお店がやっぱり有名なので、観光的にはそのほうが満足度が高いかなと思います。

ホームページ(ヤクンのHP)で探せば、すぐに最寄りのお店をみつけられると思います。

普段からちょっと意識していると、スターバックスのごとくちょくちょくお店があることに気づきますよ。目印はこのマークです。

ヤクンを見つけたら、セットA(カヤトースト・温泉卵・コピのセット)を頼みましょう。コピはホットで。値段は5ドルしないくらいです。

温泉卵には、カウンターに置いてある、薄口と濃口のしょうゆとこしょうをお好みでかけてください。カヤトーストにこの温泉卵をつけて食べてもいいですし、カヤトーストとは別々に温泉卵だけを食べてもOKです。カヤトーストをカリッと一口、温泉卵をスプーンで一口、コピを一口、そんな感じでパクパク食べちゃってください。シンガポールローカルってこんなのが好きなんだぁとか考えながら。😄

最後に、ここ「ヤクン」でカヤジャムを買って帰ってもいいかもしれません。カヤジャムは一時期日本でもブームになりかけたそうで、知る人ぞ知るですが、意外と喜ばれるお土産なんだそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加