次に来るのはこれだ!タイ・パンガン島のフルムーンパーティーへ急げ!

フルムーン、満月ですね。満月の夜にタイのパンガン島で繰り広げられている、その名も「フルムーンパーティー」。世界中からパーティー好きが集まって、夜通しビーチで踊り、飲み、語り明かします。

うわさが人を呼び、人が人を呼び、その規模はどんどんと大きくなっているようです。この世界の波に乗り遅れてはなるものか、行ってきましたよ、パンガン島!

すぐに有名になって、日本人の間でも話題になるに違いありません。

友達「ねー知ってる?タイのパンガン島って。フルムーンパーティってのがあって、なんかすごいらしいよ」

あなた「もちろん知ってるよ。この間行ってきたからね。」

友達「えー!!!まじ!!!どんな感じだった。教えて、教えて~ッ」

ってなりますよね。なりましたよ、この間。

欧米では超有名なこのフルムーンパーティー。日本を含むアジア方面にも、じわじわ広まってきています。なんかパーティやってる島があるらしいというのは、結構な人が知っていますが、行ったことがない、行ってみたいって人が周りにも結構います。

まさに爆発寸前です。フルムーンパーティ、行ってみましょう!

スポンサーリンク

フルムーンパーティーって何?

で、そのフルムーンパーティーってなんなのかというと、満月の夜に、パンガン島のハードリンビーチ一面に、露店やDJブースが出て、夜通し、飲んで、踊り明かすっというパーティーです。

なんだパーティーか、っと侮ることなかれ、です。マジでクレイジーです。

いやいや、またまたi phone の限界。夜なので、なかなかいい写真が撮れないですが、すっごい人とすっごい活気。アジア人よりも欧米人が圧倒的に多いですね。

関係ないけど、こういうところに行くと日本人は、なぜか人気です。

会場は、簡単にいうなら、こんな海の家が並んでいて、それぞれで違う音楽を流しているみたいな感じ。音楽のジャンルも、テクノ、トランス、ドラムンベース、サイケデリックと本当にいろいろ。好きなところに入って、もしくは、砂浜で、自由に楽しむって感じです。

テンションが上がってくると、なぜか火遊びがしたくなるんですかね。

こんな火の輪くぐりとか、火のついた棒でリンボーダンスとか、が始まります。

結構服に火がついて燃えてるやつとかいましたけど…。

こんな感じで、がんばる人は朝までガンガン遊んでいます。ピークは12時ごろまでですけど。

深夜過ぎると砂浜で酔いつぶれる輩が出てきます。

フルムーンパーティの楽しみ方

フェイスプリントをして、バケツカクテルを飲んで、踊りまくる。みたいな。

どうも、説明するのに、いい写真がないので、フルムーンパーティー公式Facebookのフォロワーになって、ページから写真をお借りしました。さすがに、いい写真です。

フルムーンパーティ公式Facebookより

この女の子が持っている名物のバケツカクテル。(なにげにバックの観衆もすごい!)

こんな感じで、ウイスキーとジンジャーエールとエナジードリンクとか、ウォッカとスプライトとフルーツジュース、みたいな感じで売っています。これをバケツにジャーっと入れて、ストローで混ぜ混ぜ。バケツのまま、ストローで頂きます。

お値段は450バーツ。1,500円弱ですかね。そこそこしますね。ビールは100バーツでした。

フェイスペイントはこんな露店でやってくれます。100バーツです。

好みの柄を選んでペイントしてもらう感じ。ブラックライトインクっていうんですかね。蛍光色で、暗いところでも光るやつでペイントしてれます。

フルムーンパーティの日程

日程は、フルムーンパーティーの公式HPでチェックできます。

(2018年)

7月29日、8月26日、9月24日、10月26日、11月22日、12月22日

(2019年)

1月20日、2月20日、3月20日、4月19日、5月19日、6月17日、7月18日、8月15日、9月13日、10月14日、11月11日、12月11日 

パンガン島の場所・行き方

パンガン島の位置はここです。バンコクから、直線距離で約500 Km 南にあります。下の地図の赤い印の島です。

その下にある、パンガン島よりも少し大きな島が、サムイ島です。

行き方はいろいろありますが、パンガン島には空港がないので、最後はフェリーに乗ることになります。チュムポーンの近くと、スラタニの近くから、それとサムイ島から、パンガン島行きのフェリーが出ています。

いろいろ行き方はありますけど、どこからフェリーを乗るか、そしてどうやってそのフェリー乗り場に行くか、という違いです。

サムイ島とスラタニからフェリーに乗るなら、近くに空港があるので飛行機で行くという選択肢があり、陸路で行くなら、バンコクから近いチュムポーンに電車かバスで行く、ということになるでしょう。

それぞれの行き方の時間と料金

① 飛行機でサムイ島へ行って、フェリーでパンガン島へ

バンコク-サムイ島間は、バンコクエアウェイズかタイ国際航空。バンコクではスワンナプーム空港を使います。

スワンナプーム空港~サムイ空港 1時間10分

サムイ空港~パンガン島(フェリー)1時間30分(サムイ空港からフェリー乗り場への移動を含む)

飛行機は往復で3万5千円くらい。フェリーは往復25ドルくらい(3,000円弱くらい)。

サムイ島に泊まるついでにという方以外は、選択肢には入らないと思いますが…。実は、フェリーの時間がとても短くて済むというメリットがあります。

② 飛行機でスラタニまで行って、フェリーでパンガン島へ

バンコク-スラタニ空港間は、エアアジア。バンコクではドンムアン空港を使います。

ドンムアン空港~スラタニ空港(飛行機) 1時間15分

スラタニ空港~パンガン島(フェリー) 4時間くらい(スラタニ空港からフェリー乗り場への移動を含む)

料金は飛行機が往復で2万円弱、フェリーが30ドルちょっと(3,500円くらい)と言った感じ。

③ リムジンバスでチュムポーンへ行って、フェリーでパンガン島へ

バンコク~チュムポーンのフェリー乗り場(バス)~パンガン島(フェリー) 合計10時間くらい

料金は、片道 1,200バーツ~(4,000円くらい~)という感じ。往復だと、8,000円くらいですね。

電車で行くのは時間がかかりすぎるのと、安くもないのでパスで。

という感じでしょうか。

自分は、飛行機でスラタニ空港に行ってから、空港でフェリーのチケットを買って行きましたが、実はバスが楽かな。バスに乗れさえすれば、自動的にパンガン島まで連れて行ってくれるので。次回があれば、バスで行きます。

フェリー(空港送迎やバスとのセット)は以下のサイトで確認できます。

ロンプラヤ社:https://www.lomprayah.com/

ジパングトラベル社:http://www.zipangutravel.com/

フルムーンパーティに参加するときのおすすめのホテル

パンガン島のホテルを探す時、フルムーンパーティに参加することをメインにするかどうかで、どのエリアのホテルに泊まるかが変わってくるかも。

パンガン島を隅々まで回ったわけではありませんが、ホテル予約サイトを分析した結果としての、パンガン島のホテルエリアはこんな感じでしょう。

左の赤い丸がトンサラ港のフェリー乗り場。右下の青いところが、ハードリンビーチ、フルムーンパーティの会場です。

トンサラ港からハードリンビーチまでは、10キロちょっと。グーグルマップでは車で25分と出ます。

フェリー乗り場とハードリンビーチを中心にホテルが集まっていて、そこから少し離れたところにリゾートホテルがあるといった感じでしょうか。それに、ちょっと行くことはできませんが、右上の方にいいホテルが集まっていますね。

今回の目的は、フルムーンパーティですので、潔くハードリンビーチのど真ん中にステイすることにします。

泊まったのは、パナン ベイショア リゾート、結論から言うと大正解でした。

ハードリンビーチ沿い、まさにフルムーンパーティの会場の前にありますが、ホテルのエントランスには常にガードマンが立っていて、宿泊者以外は敷地内に入ることができません。

(ビーチ側からホテルをとった写真です)

すっごく盛り上がるパーティーなんですけど、意外とワイワイし続けるのは疲れたりして、、、ちょっと部屋に戻って休んでから出直したり、トイレに帰ってきたりとか、近いことのメリットは大きかったですね。

混み混みのソンテウ(乗り合いのタクシーのようなものです)にのって移動しなくてもいいし。夜通しうるさいと言ったって、そういうつもり出来ているんで良いんです。昼に休めばいいですし。

 

部屋も清潔だし、コンビニも近いし、隣のタイ料理屋さんもうまいし、言うことなしですね。

疲れたらすぐに部屋に戻って、体制を立て直せるのは本当に良かったですね。着替えだってできるし。

あとは、お金かな。いつでも戻れるから、たくさん持っていく必要がなくて安全です。

 

他にも探せば、自分だけの安くて良いホテルを発見できると思います。

評価点数とコメントを重視して探すのがポイントです。

➡ Expediaでパンガン島のホテルを探す

➡ Agodaでパンガン島のホテルを探す

Agoda(アゴダ)海外ホテルの予約方法 完全ガイド
海外のホテル予約、ハードル高そう…。そんなことないですよ。日本語サイトだし、ぜーんぜん簡単です。ホテル予約サイ...

フルムーンパーティでの注意点

最後に、パーティーに参加してみて思ったことですが…

やっぱりスリとか落とし物にのリスクが結構ありそうですね。特に、はしゃぐので落とし物に注意ですかね。スマホとか。お金とか。

必要なお金は、飲食代と行き帰りの交通費くらいですので、あまり持ち歩かない方がいいと思います。

これ、特にステマではなくて、本当にご紹介です。同じの持っている人に会うと気まずいので、あんまり教えたくはないのですが…。

スリとか、落とし物のリスクがあると思う時に使っているものです。

これです。普段はパスポートケースにしていますが、ちょっと危ないところに行くときは、これにスマホとお金を入れ、このケースの紐を、ズボンのベルトの紐に結びつけて、ケースを前ポケットに入れて出かけます。(服装までかぶっては大変なのでこちらはご紹介できませんが、前ポケットの大きいズボンってのも、とても便利です。)

万が一落としそうになっても、紐がくくってあるので大丈夫。万が一、スられそうになっても、紐でくくってあるので大丈夫。紐なので強く引っ張ればちぎれるでしょうから、強盗にあった場合には観念ですけどね。 小物なんですけど、意外と便利、旅先ではとても重宝していますので、記事を読んでいただいた皆様にこっそりと。(というほどのことでもないか…😅)

さて、みなさま、パーティーの準備は整ったでしょうか?

人生一度きり。世界一のパーティーです!思いっきり楽しんじゃって下さーい!