ドンムアン空港からバンコク市内への行き方|旅行タイプ別(送迎・バス・タクシー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドンムアン空港からバンコク市内へ行くには、①送迎サービス手配する②タクシーで行く方法③バスと電車で行く方法がありますが、それぞれ料金や時間も違います。どの方法がお得か、一人旅、家族旅行、グループ旅行など、旅行タイプ別にベストな移動手段をまとめてみましょう。

スポンサーリンク

ドンムアン空港とは

スクートやエアアジアといったLCCを使ってタイ・バンコクに来る時に到着するのが、ドンムアン空港です。(ANA、JAL、タイ国際空港などは、スワンナプーム空港に到着します)

スワンナプーム空港が2006年に開業したのに伴い、一般旅客機の利用は中止され、空港は再開発される予定であったが、スワンナプーム空港でのトラブルが頻発したことなどを理由に、2009年頃から徐々に一般旅客機への利用が再開され、現在では、エアアジア・スクート航空なとの格安航空会社(LCC)の国際線に利用されるなど、利用客が年々増加している空港です。

場所は、バンコクの北東部。市内中心部からは20キロ強の場所にあります。

ドンムアン空港からバンコク市内まで、送迎サービスで行く方法

送迎サービスを使って、ドンムアン空港からバンコク市内へ行く方法です。

この方法は、

✅ 家族旅行・グループ旅行

✅ バンコクが初めての方

に向いています。

タイに何度も来たことがあって、ホテルの場所もだいたいわかる、タイ語もまあまあわかるという人は、バスと電車で移動すれば安上がりです。一人旅のときなどは頑張ってみる価値はあると思います。

でも、長いフライトの後だと、体力的にきついかもしれません。せっかくの海外旅行なんですから、送迎サービスを利用して、安全に、快適に、ホテルまで送ってもらえばいいんじゃないかという気がします。

特に、お子様連れの家族旅行のときは、安全が第一ですから、素性のわからないタクシーを使うよりも、送迎サービスを使った方がいいですね。

また、グループ旅行のときは、人数で割れば、1人あたりの料金は格段に安くなるので、迷わず送迎サービスでいいと思います。

現在は、日本語の通じる運転手さんの送迎サービス、9人乗りのバンでの送迎サービス、なんかもあって、正直、料金以上の付加価値があります。

もちろん、予約も日本語サイト。バックパッカーじゃないので、ここは、無理するところじゃないと思います。

送迎サービスの手順

① 予約時に、飛行機の便名と到着時間、ご自身の名前を登録します。

② 当日、飛行機を降りたら、入国審査をして普通に出口へ向かってください。

③ 管理区域を出たところに、ドライバーが登録した名前を大きな紙に書いて待っています。ドライバーのところに行って、名前を言えば、送迎車に案内してくれます。

※ 管理区域の出口には、他の送迎ドライバー(同じように名前の書いた紙を掲げて待っています)がたくさん待っていますので、場所は必ずわかります。

あとは、ホテルに着くまで乗っているだけです。

ドンムアン空港からバンコク市内までの送迎サービスの種類

✅ 現地語ドライバーの送迎サービス(最大8人乗り)

【貸切】空港送迎ドンムアン国際空港⇔バンコク市内<最大8名/現地語ドライバー>*1台あたり料金

4人乗りなら1,500バーツ、8人乗りなら1,700バーツ。8人で使えば、1人あたり200バーツちょっと。600円とか700円とか。快適で、しかも安全(これ重要です)。

✅ タイ政府公認・空港リムジンを予約|高級車でお出迎えサービス(早朝・深夜・大人3人)

ドンムアン空港送迎リムジン [空港⇔ホテル] バンコク中心エリア

▶スワンナプーム空港送迎リムジン [空港⇔ホテル] バンコクプレミアエリア

✅ 日本語ドライバーの送迎サービス

【貸切】空港送迎 ドンムアン空港⇔バンコク市内ホテル 深夜・早朝 追加料金なし!<最大9名/日本語ガイド>

日本語ガイド付きの送迎サービスです。しかも、深夜・早朝でも追加料金のないプラン。3,300バーツと少ししますが、例えば9人で利用するなら、1人あたりの料金は400バーツくらいまで。9人まで利用可能な小型バスによる送迎なので、大人数で利用するときや、荷物の多い時にも便利です。

なにより日本語ガイドつき。初めてバンコクに来られる方には、とても便利なサービスです。

ドンムアン空港からバンコク市内まで、タクシーで行く方法

タクシーで、ドンムアン空港からバンコク市内へ行く方法です。

この方法は、

✅ 2~3名の小グループ旅行

に向いています。

料金(メーター料金・高速代・空港利用料)

ドンムアン空港からバンコク市内までのタクシー料金は、メータータクシーなら、200バーツ~300バーツ(バンコク市内は渋滞が激しいので、渋滞次第で料金は変わります)。

ドンムアン空港からバンコク市内へ行く場合は通常高速道路を使用します。高速料金は、高速道路の乗り口で、ドライバーから実費を請求されます(乗客がドライバーに払って、ドライバーが入り口の係員に払うという流れです)。時間帯や利用区間によって金額が異なるので、ドライバーさんの求めに応じて払えばOKです。50バーツ~100バーツくらいです。

それに、空港でタクシーに乗った場合には、上記のメーター料金と高速代に加えて、空港利用料が50バーツ上乗せされます。

トータルで300バーツ~400バーツくらいと考えておけばいいでしょう。

所要時間

ホテルの場所や道路の混み具合によりますが、ドンムアン空港からバンコク市内までは、だいたい1時間前後はかかると考えておけばいいと思います。

ドンムアン空港でのタクシー乗り場

出国手続きを終えて、管理区域から出たら左手へ進み、一番奥の8番出口を目指します。出口付近に受付カウンターがあって、通常はその前に行列ができています。まずは、行列に並んで順番が来たら、受付カウンターの係員に、行き先(ホテル名)を言ってタクシーをアテンドしてもらいます。

有名なホテルであればホテルの名前だけで場所をわかってもらえますが、あまり有名でないホテルの場合には、場所を聞かれる場合がありますので、ホテルの住所(または場所)は提示できるようにしておいた方がいいです。

受付が完了すると以下のような紙がもらえます。ドライバー名、行き先、乗り場、日付などが記載されています。

タクシーに案内されたら、これをドライバーに見せて乗車します。

この紙によってドライバーが特定されていますので、例えばボッタぐりをしようなんてことがあれば、乗客は、この紙の情報に基づいて当局に報告することができます。そのため、ドライバーがちゃんと業務をするために結構な威力を発揮しますので、少なくとも降車するまでは、ちゃんと持っておいてください。乗車時に、ドライバーに渡したりしないように、注意してください。これは、先ほど説明した、受付でもらえる紙にも記載されています。

ドンムアン空港でのタクシー乗り場・注意点

空港でタクシーに乗る場合は、上記の受付カウンターを通して、タクシーに辿り着ければ、行き先もドライバーに伝わっていますし、ほぼ完了です。

あとは、トラブル防止のために現地の仕組みやその注意点を知っておくとよいでしょう。

料金面:

✔ 初乗りは35バーツです。

✔ 高速料金は別途、高速入口で実費を請求されます(そのための小銭の用意も必要です)。

✔ 空港利用料50バーツが降車時のメーター料金に加算されて請求されます。50バーツ上乗せされても、それは正規の料金ですので、怒ったりしないようにしましょう。 

✔ タクシーのドライバーはたくさんのおつりを持っていないことが多いので、細かい紙幣(100バーツ、50バーツ、20バーツ)で400バーツくらい用意してからタクシーに乗りましょう。

乗り方:

✔ 「ハイウェイ?」と聞かれたら「イエス」です。高速料金は50バーツから100バーツ程度なので、時間節約のため高速道路は必ず使いましょう。

✔ ドアの開閉は手動です。自分で開けて、自分で閉めます。特に目的地に到着してドアを開ける時には周りに注意しましょう(追い越してくるバイクなど)。

✔ グーグルマップを開いて経路をチェックしましょう。遠回りして料金を稼ぐドライバーがいますので、経路はチェックした方がいいです。

ドンムアン空港からバンコク市内まで、バスと電車で行く方法

バスと電車を使って、ドンムアン空港からバンコク市内へ行く方法です。

この方法は、

✅ 一人旅

に向いています。

料金(バス・電車)

① バス(ドンムアン空港 → BTSモーチット駅) 30バーツ

② 電車(モーチット駅 → ナナ駅) 44バーツ

所要時間

バス20分 + 電車20分

バンコク市内の行き先にもよりますが、バス待ちの時間や乗り換えの時間を入れて1時間弱くらいでしょう。

ドンムアン空港からバンコク市内への行き方

この行き方は結構詳しく説明しないと役に立たないと思いますので、写真付きでくわしくご説明します。ここで説明する通りにフォローしていただければ、BTSの電車に乗って、目的の駅までは辿り着けます。

まず、飛行機を降りて、タイへの入国手続きが終わったら、管理区域の外に出ます。管理区域からの出口付近の立ち入り禁止柵の設置具合にもよりますが、そこからおそらく一番近い、空港ビルの6番出口(写真)を出ます。

右側にAOTのバス乗り場が見えます。ここからはA1バスとA2バスが発着します。A1は5分間隔、A2は30分間隔と表示されていますが、テキトーですので気長に待ちましょう。A1はそんなに待たないで来るには来ます。

※ パタヤに行くモーチットのバスターミナルに行く場合は、A1に乗ってください(A2はバスターミナルに行きません)。

※ モーチットの駅に行く場合には、A1でもA2でもOKです(A1もA2も、モーチットの駅には行きます)。

料金は走行中に車内のスタッフが回収しにきます(乗車時に支払う必要はありません。ただ乗るだけです)。30バーツです。

こんな感じで。白黒のチェックのシャツの若者は日本人です。まったく英語ができないくせに、払うべき料金も払わずトラブルになっていました。たぶん、なんとかなったと考えているに違いないですが、他人に迷惑をかけても気づくだけの英語力がないだけで、なんとかなってません(迷惑が掛かっています)。

英語やタイ語で、最低限のコミュニケーションが取れない場合は、送迎サービスを使うようにしましょう。

15分~20分くらい走ると、モーチットの駅前に到着します。ほとんどの人がそこで降りるのでわかるはずです。不安であれば、BTS?とかステーション?とか、スタッフに聞いて確認して降りてましょう。

こんな感じで、ほとんど乗客がいなくなるので、分かるはずですが。

※モーチットの駅に到着するバスです。A1もA2も来るのがわかると思います。

バスを降りると、前方に進むとモーチットの駅があります。駅の入り口は高架の上なので、階段かエスカレーターで高架の上の上がります。下の写真で見える、歩道橋のようなところを通って駅の改札に向かいます(これも、ここで降りた人のほとんど全員が駅へ向かうので、人の流れに乗っていくだけで駅の改札に着けます)。

モーチットの駅についたら、切符を買います。

自動券売機では、10バーツ以下のコインしか使えません。

行き先までの運賃分以上のコインを持っていない場合は、窓口へ行って切符を買います。

BTSの切符はこんな感じでカードで出てきます。

このカードを改札にタップして入場します。

出るときは手前の挿入口に入れてカードを返却します。

あとは駅からホテルまで、歩くだけ。

バンコクのタクシーは安いので、タクシーを使っても300バーツ程度のことですから、バスと電車を利用することでカットできるコストは知れています。

バスと電車で移動するメリットは、料金が安いことよりも、市内中心部の激しい渋滞に巻き込まれる恐れがないので、比較的時間が読めるという点だけなので、時間帯によっては、無理せずにタクシーや送迎サービスを積極的に利用していいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加