一生の思い出になる「シンガポール旅行」を自分で作る方法【簡単すぎ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JTBにもHISにも友人がいますが、もう何年も旅行代理店を利用したことがありません。

インターネットで簡単に飛行機とホテルを予約できる時代です。好きな日程を組んで、好きなホテルに泊まって、しかも安く海外旅行に行くことができるんです。

一度、自由に日程を組んで、自由に動く旅行スタイルを覚えたら、もう旅行代理店が勝手に組んだ観光ツアーには戻れなくなります。

ガイドさんの旗に付いていって、まだまだ観たいのに、時間がきたら終わり。次の観光スポットへ移動…。こんな旅はもうやめにしましょう!

旅行代理店の人は言うでしょう。

いやいや、大手代理店はたくさん座席や部屋を押さえているから旅行代金が安いんです、とか。旅行のプロフェッショナルが有名な観光スポットをもれなくご案内します、とか。

いやいや、もうその手は通用しません。論破するまでもないのは、旅行代理店本人が一番よくわかっているはずです。

はっきり言います。旅行代理店って、ものすごく運営効率が悪いんですよ。店を構えて、スタッフ揃える必要ありますか?テレビで何度もハワイツアーを宣伝する必要ありますか?そのお金は誰が出しているんですか?

旅行者に出してもらわなければ赤字です。そうですよ。旅行代金に乗せているんです。確実に。

まだ、代理店のツアーを使っているんですか。

ひと握り、いやひとつまみの勇気をもって、自分で旅行を組み立ててみましょうよ。

きっと、自由な世界が、今まで見えなかった本当の旅行の素晴らしさが、その先に見えてくるはずです。

スポンサーリンク

自分で旅行を計画するためにやること

自分で旅行を組み立てるといっても、やることはシンプル。ネットですべて簡潔します。旅行代理店に行ったって、パンフレット見せられて、日数と行く日を決めて、ホテルを決めて…ってやるじゃないですか。あれと同じですね。

≪ステップ1≫ 目的地を決める。そして、現地の情報を収集して大まかな日程を立てる

≪ステップ2≫ 比較サイトで飛行機を検索して、公式ページで予約する

≪ステップ3≫ ホテル予約サイトでホテルを検索して予約する

≪ステップ4≫ 必要に応じて、アクティビティを予約する

これらはすべてネットで完結しますし、すべて日本語で完了できます。

いやいや、心配なのはそこじゃなくて、現地でどうするかですよ。

そうですか?行くのはアフリカの未開の地ですか?アマゾンの奥地じゃないですよね。観光地なら大体大丈夫!行っちゃえぇ~!なんとかなります。絶対になります!

どうしても心配なら、これをバッグに忍ばせておきましょうか。(かの有名な指差し会話帳です。タイとかフィリピンとかに持っていく人が多いですね。シンガポール版もあるんだw)

こんなのもありますけどね。年配の方以外は必要ないかな。

もう英語なんて必要ない!みんなが使い出した翻訳機【ポケトーク】を持っていこう!
海外旅行で言葉が通じないから不安…そんな言葉の壁をあっさりと乗り越えていけるのが、夢の翻訳機「ポケトーク」。その完璧な翻...

ステップ1 目的地を決める。そして現地の情報を収集して大まかな日程を立てる

情報を収集して目的地を決めるのか、目的地を決めてから情報を収集するのか、前後はあると思いますが、要は、行く場所を決めてそこでやりたいことを決めます。

例えば、シンガポールなら、シンガポールへ行って、マリーナベイサンズに泊まってゴージャスにゆっくりしたいとか、セントーサ島へ行って家族で思いっきり遊びたいとか。

これは難しいことではないですよね。ネットにいくらでも情報が落ちいるので。

ただちょっと注意したいのは、例えば、「シンガポール 観光」なんて検索ワードでググると、1ページ目は、旅行代理店のサイトか、旅行代理店の回し者が書いているサイトしか出てきません。そのまま流れに乗って代理店のツアーに引っかからないようにしてくださいね😁

※ 「シンガポール 観光」のグーグル検索の結果はこんな感じ。

脱線しちゃいますが、ちょっと面白いので、「シンガポール 観光」の検索結果を見てみましょうか。「シンガポール 観光」はいわゆるビッグワード(検索する人が多いワード)なので、検索上位には、広告料金をグーグルに払っている企業のサイト、それ以下も旅行代理店やホテル予約サイトのサイトが続きます。個人のサイトは2ページ目以降ですね。

普通に検索結果を見ていると気づかないかもしれませんけど、旅行代理店同士も相当熾烈な争いをしていますので、記事の表題はかなりキャッチーです。

(こちらは執筆日現在の情報です)

1位 シンガポール政府観光局(有料で上位掲載)

観光案内ですね。相当詳しいけど、マニアックすぎて、知らない人にはかえって使いにくい。

2位 JTB(有料で上位掲載)

ただのツアー販売です。

3位 トラベルコちゃん

観光スポット20選の第1位がまさかの「ナイトサファリ」…適当すぎるだろっ😅。でも3位。

4位 LINEトラベル

モデルコースの紹介記事。位置関係は無視。記事の通り進むと行ったり来たり。相当疲れます🤣

5位 トリップアドバイザー

これは、自分が一番嫌いな、タイトル。何度も騙されましたので、絶対に踏まないようにしています。

タイトルは「2019年 シンガポールで絶対外さない観光スポットベスト10選【定番から穴場まで】」です。この素晴らしいタイトルでベスト10がメインではなく、そのエリアで扱っているアクティビティを全部提示してくるスタイル、です。

これをクリックしてしまった時には、「ノーバン始球式」ばりに、やられた感があります😂

6位 楽天トラベル

7位 HIS

8位 フォートラベル(カカクコムの運営サイト)

9位 Syagate(エアトリDeNA系の運営サイト)

10位 fish&tips(ホテルコンバインドというホテル予約サイトの運営サイト)

と、まあこんな具合です。これらのサイトは、良い情報もありますけど、結局自社の旅行関連商品(パックツアなど)を売るのが目的なので、中立的ではない情報が載っていることが多いので注意が必要です。

なので、ネットに情報はいくらでもあるとは言っても、自分は、このあたりのサイトは避けつつ情報収集をします。

ちなみに、シンガポールに住んでいる自分が、日本からシンガポールへ観光に来る方が楽しめるように、それだけを考えて、一生懸命まとめ上げた「シンガポール 観光」に関する記事がこちらです。

紹介している観光スポットの数、営業時間や場所などの重要情報、写真を使ったおすすめポイントの解説など、これ以上のシンガポール観光情報は、ネットにはありませんので、是非参考にしてください。

シンガポールの人気観光スポット|サイト最多の40選!場所、行き方、料金、営業時間そして裏技まで
観光サイト最多の40選!シンガポールの人気観光スポットのすべてを詳解。このサイトを見ればシンガポールの観光情報が全部わかります!

いずれにしても、いい観光情報を探しながら、ネットサーフィンしつつ、

  • メインでやりたいこと
  • 行きたいところ
  • 食べたいもの

なんかを決めていくといいです。

その結果、どれくらい日数が必要か、どのエリアのホテルが便利そうか、など、旅のアウトラインを描けてくると思います。

ステップ2 飛行機を予約する

旅のアウトラインが決まったら、飛行機を探します。

以下のような格安航空券の比較サイトを使います。

航空券比較サイト サンプル(サプライス/HIS系)

航空券比較サイト サンプル(エアトリ/DeNA系)

とか。なんでもいいですけど。

飛行機の値段とチケットの相場がわかります。

結局は、どのくらいの時間に日本を出れば、どれくらいの時間にシンガポールにつくか。深夜便で行くとどれくらい安くなるか、曜日をずらしたらどれくらい安くなるか、とか。そういうシュミレーションをします。

で、結局は、比較サイトからではなく、航空会社のホームページから買います。なんか心配でしょ。

どこも、航空券を選んで、本人情報を入力して、クレジットカードで決済すると、登録したメールアドレスにチケットが送られてくる、という流れです。チケットは印刷してもいいですが、今はスマホで見せてもOKなことがほとんどです。空港でネットにつながるとは限らないので、スマホ本体にダウンロードしておいたほうがいいです。できれば紙で持っていた方が安心ではあります。

注意)海外への航空券の購入にはパスポート情報の入力が必要です。これを間違えると、当日搭乗できなかったりということがあるようですので、ここだけは超慎重に入力してください。

ベテラン旅行者はこうやって安い航空券を手に入れている【バーゲン情報あり】
出張や旅行で海外へ行く時の飛行機のチケットの買い方にはちょっとしたコツがあります。 長く海外で生活していて、頻繁に...

ステップ3 ホテルを予約する

これも超簡単です。

ホテルの比較サイトがいっぱいあるので、どこか気に入ったところでホテルを探します。

海外ホテルの予約サイト(Agoda/アゴダ)

海外ホテルの予約サイト(エクスペディア)

あたりから選べばいいと思います。

ホテル予約サイトの良くないところですが、大手のホテル予約サイトはどこも、表面上掲載されている金額と最終的な決済金額が違います。こっちの方が安いと思いったら、最後に手数料がプラスされていて結局高かったみたいなことがよくあって比較しにくいです。

部屋のタイプや朝食の有無などのサービスによっても料金が違うので、いろいろなサイトでホテル名だけで比較しても、同じものとは限らないのも比較しにくい要因です。

自分も最初はいろんなサイトを検索したりしましたが、最近の結論は、アジア圏でホテルを予約するなら結局アゴダが一番安い場合が多く、たまにExpediaが安いので、そっちも一応チェックする、というスタイルです。

あまり探しまくっても、予約サイトごとに大きな差は無いというのが実情ですし、数十円、数百円であまり消耗したくないなっという感じではいます。

ステップ4 アクティビティを予約する

ステップ1で目星をつけたアクティビティの予約を検討します。

アクティビティなんか、現地へ行けばなんとかなるので、普通は事前予約なんかいらないと思いますけど、たまにサイトにお得な情報が落ちているので、一応チェックします、かね。

シンガポールにも、現地では有名なお得なチケット(クーポン)サイトがありますので、一応リンクを貼っておきます。

楽天グループのボヤジン 

観光ツアーみたいなのは、本当は避けたい感じですけど、効率的に回れるツアーがあれば、時間節約のために使ってもいいとおもいます。

自分で旅行を組み立てるメリット

これはですね…一言でいえば、「自由」です。

いつでも、どこへでも、好きなところに行ける。そうやっていると新しい発見があったり、新しい出会いがあったり。

旅の感動がまったく違ってきます(断言です)。

だから、サイトを見ていただいた皆さんには、是非自分で飛行機とホテルを予約して、旅に出かけて欲しい。

ひとつまみの勇気をもって、自由な旅を始めましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加