ミシュラン1つ星の屋台飯!安い!タイホア・ポークヌードルの行き方とおすすめメニュー

2023年版ミシュランシンガポールで唯一ホーカー屋台飯で1つ星に選出されたヒルストリート・タイホア・ポークヌードルのアクセス・行き方、おすすめメニューをご紹介します。

店頭にはミシュラン1つ星受賞の盾が飾られています。

ミシュラン・ビブグルマン(カジュアル店のミシュラン)ではなく、ミシュラン1つ星。超高級レストランと同じ評価ということですね。相当すごいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

行き方・アクセス

住所:466 Crawford Ln, #01-12, シンガポール 190466

最寄り駅:ラベンダー(Lavender)駅(グリーンライン)

行き方・アクセス:

ラベンダー駅の出口Aを出て、ICAビルの横を通り抜けて、ビルの裏手のちいさな橋を渡ると団地があります。団地を通り抜けずに、右手へ進むと466号棟があるので、そこを左へ行くとすぐのところにあります。

写真で示すとこんな感じです。

ラベンダー駅の出口Aを上がります。

ICAビルの手前を左へ。ICAビルに向かって左手の路地を通り抜けて行く感じで、ビルの裏側に向かって進みます。

ICAビルの裏側に小さな橋があるのでそれを渡ります。

橋を渡ると団地があります。

ここを(団地の中に入らずに)左方向へ進みます。

5棟先に466号棟の表示が見えるので、そこを左へ曲がります。

466号棟の1階にいくつかいくつか屋台が入っているホーカー(フードコート)があります。

ヒルストリート・タイホア・ポークヌードルは、そのホーカーの中(向かって左手)にあります。

営業時間

営業時間・9時30分〜20時30分

大行列必至の人気店なので、9時30分より前に行くのがおすすめです。

さすがはシンガポール唯一のホーカーミシュラン1つ星店というべきでしょうか。一杯一杯、目の前で丁寧に調理するので、ものすごく時間が掛かります。

10人待ちくらいでも、余裕で30分くらいは待たされます。

おすすめメニュー

タイホア・ポークヌードルのおすすめはバクチョーミー(肉脛麺)。豚肉のそぼろをのせたヌードルです。

汁なしと汁あり、麺は平打ち麺がデフォルトですが、細麺も選べます(何も言わなければ平打ち麵です)。

汁なし、汁あり、ともに、スモール(6シンガポールドル)・レギュラー(8シンガポールドル)・ラージ(10シンガポールドル)とサイズが選べます。

どちらかというと汁なしが人気と言われていますが、汁ありも捨てがたい。

店頭に貼られている新聞記事の切り抜きを見ても、どちらを推しているとも言い難い感じです。

ならば両方ですね(笑)

汁なし(レギュラー)と汁あり(スモール)を注文。

バクチョーミー(汁なし)

麺は平打ち麺(板麺)。豚ひき肉のそぼろ、フィッシュボール、レバー、ワンタン、それに魚をカリカリに上げたものがのっています。

黒酢が香る濃厚なタレがよく絡んだ平打ち麺がうまい!

そして、臭みの一切ないやわらかいレバー。

ここまでに仕上げるには相当な下処理をしている筈…さすがミシュラン1つ星だなぁなどと思いを馳せながらどんどん食べすすみます。

タレをまとった海老ワンタンも絶品です。

そして、この魚をカリカリに揚げたもの。これがいいアクセントになっています。

汁なしにはスープが付いてきます。

バクチョーミー(汁あり)

汁ありも具は汁なしと同じです。

豚ひき肉のそぼろ、フィッシュボール、レバー、ワンタン、それに魚をカリカリに上げたものがのっています。

ポークの旨味がギュッと詰まった濃厚スープが驚くほど美味しい。

麺は平打ち麺が基本で、細麺が選べるのは、汁なしと同じです。

ここでも、魚をカリカリに揚げたものがいい出汁を出していて、また食感的にもアクセントになっています。

汁なしか、汁ありか

ほとんどのお客さんは「汁なし」を注文します。

どちらか迷ったら、汁なし・レギュラーでOKだと思います。

注文するときに、「スパイシー?」もしくは「チリ?」(辛くてOKか?)と聞かれるので、「イエス」と答えましょう。スパイシーにしても、食欲が刺激される程度で、辛さはほとんどないので、スパイシーの方がいいと思います。