シンガポール旅行におすすめのレンタルWiFi比較|海外でネットを使う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成田空港や羽田空港に無数にある海外向けWi-Fiルーターのレンタルサービスカウンター。想像以上にたくさんの方がカウンターを訪れています。写真を撮るのに、人が引くのを待つのが大変でした…やっぱり、みんなWi-Fi借りて行くんだ…

ネットにつなげなきゃ旅行の楽しさも半減しちゃいます!

今の時代、海外だからと言ってネットにつなげないなんて、不便すぎますよね。

一番使うのはグーグルマップ。これがあるのとないのでは大違いです。というか海外旅行になれた自分でも、グールドマップを見れないなんて不安でしょうがない。それくらい必要です。

あとは、ふつうにネット。このサイトを見ていただいている方はお分かりなんじゃないでしょうか。ネットには、先に現地に行った人とか、現地に詳しい人とかが書いた、旅行に役立つ情報がたくさんありますよね。どこでもこれを見ることができる環境って、楽しい旅には必須ですよ。ね。

それと、SNS。インスタとか、ラインとか、ツイッターとか。Facebookとかも。きれいなところに行ったり、面白い経験したり、旅の経験を友達や家族とシェアしたいですよね。ライン電話とかで無料で通話もできるし、テレビ電話だってできるので、ほんとライブでいろいろな海外体験を友達や家族とシェアできちゃうんです。

あっ、それと、人によってはゲームもかな。ハマっているゲームがあるとねぇ、やっぱり気になりますよね。海外旅行でゲームにどっぷり時間を取られるのはもったいないと思いますけど、チャチャっといじれたら便利なこともありますよね。

キャリアの海外プランなんかバカらしくて使ってられない!

2年縛りとかで縛られて、タダでさえバカ高い通信料を払っているのに、海外に行く時まで言いなりの料金払っちゃいます?どんなに不利かご紹介しようと思って、ドコモ・ソフトバンク・auの海外プランを研究しましたが、とーにかく分かりにくい😩。そして、各社だいたい横並び😤。

1日のデータ量がだいたい25MB(メガ)以下で1,980円、それ以上だと2,980円。25MBって(笑)。高画質の写真1枚で3メガとかありますよ。高画質の写真を8枚くらい送ったらアウト!動画だと画質によりますが5分くらいでアウト!アプリのアップデートを自動でされた日には使わなくてもアウト!アハハ😂

要は、ストレスなく使いたかったら、1日2,980円ってことね。4日間使ったら、12,000円弱!美味いもん食べれますね。

ほんと、分かりにい。ここで、抜粋して書いても分かりにくいですもんね。設定とか難しそうだし。ローミングをなんちゃら、モバイルデータ通信をなんちゃらって。わかんないっす😄。で、設定に失敗したら、正規料金をいただきま~す、ですから。

海外から帰ってきたら何万円も請求されました、なーんて話しをたまに聞きますもんね。海外パケ死ってやつですか。怖くて使えないですよ。

スポンサーリンク

海外にポケットWiFiを持っていく?

このサイトは、ほんとうに日本の皆さんが楽しく旅行をできることだけを考えて運営しています。なので、記事では、つまらないものはつまらないと、おいしくないものははおいしくないと書いています。だって、普通は何日しかない旅行の貴重な時間を、誤った情報で無駄にしたら、泣くに泣けないじゃないですか。

海外WiFiについても、懐疑的でした。イモトのWiFi?デバイス持ち歩いてたら邪魔でしょって。なので、今まではWiFiレンタルの紹介もしてこなかったんですが…。

でも必ずしもそうじゃないんですね。

家族がシンガポールにきたときのお話し

このあいだ、家族が来星しました(シンガポールのことを、漢字1文字で「星」と書きます)。父親、母親、嫁さんに、こどもたち2人。

家族との通信手段なんか全然考えていなかったんですが、なんと嫁さんがWiFiデバイスをレンタルしてきました。最初は、なーんだ邪魔くさいもんを持ってきたもんだと思ったんですが、すぐに考えを改めました。

1台のポケットWiFiに、5人でつないで快適に使っているじゃないですか。もちろん自宅でもホテルでもWiFiはつながるんですが、もういつでもどこでもスマホを使うってのは習慣ですよね。父親は会社となにか連絡をとったり、母親はなんか調べものしたり。嫁さんはインスタ投稿して、上のこどもはラインで友達となにやらやり取りしています。下の子は時間潰しに嫁さんのスマホでゲーム。

別にずーっとやってるわけじゃないですよ。レストランの順番待ちしてたり、カフェで一休みしているときに、チョチョっとね。それ、日本でも日常じゃないですか。海外に来たらからって、それを変える必要ないですよね。

ポケットWiFiを1台借りてくるだけで良かったんですね。1台にみんなで接続するわけですから。家族旅行に来たら、大体行動をともにするわけなので、WiFiは1台あれば十分だったんです。いやぁ、目からウロコでした。

しかも、ITにさして強くもない嫁さんでも、楽勝だと。まあ当たりまえですね。スマホでWiFi接続ってところを選んで、書いてあるIDとパスワードを入力するだけですから。

たしかイモトのWiFiだったと思います。

海外にポケットWiFiを持っていくべき理由

ということで、この便利さ、手軽さの影響で、海外レンタルWiFiに対する意見がガラっと変わりました。

今は思います。海外へ2人以上で旅行に行くなら、Wi-Fiを持っていくべきだど。絶対に。😄

理由は

1.1台のWi-Fiに5人つなげるから、コスパがいい!

これ大きいですよね。SIMカードはそれぞれ買って、それぞれのスマホのSIMカードを差し替えなければいけないんですけど、Wi-Fiなら、グループで1台あればいい。そりゃ、そうだ。なんで気づかなかったんだろう。

2.受け渡しがめちゃくちゃ簡単!

空港のカウンターで、身分証見せて、手続きして、設定して、とか面倒なことが必要なんじゃないかと思ってました。そう、面倒だったんです、昔は。

でも、今は違います。郵送で受け渡しができたり、受け渡しのロッカーみたいなのがあったり、返却ボックスがあったり。進化しているんですね。めちゃくちゃ簡単!

3.面倒な設定も不要!

これも大事。SIMフリースマホを持っていても、海外でSIMカード買って、設定して、って、英語ができる自分でも結構大変です。SIMカードにも、データ量とか、電話番号付きとか、使用日数とかによって、いろいろメニューがあって、果たしてそれが得なプランなのか判断できないんです。で、たいていは到着空港で一番高いSIMカードを握らされます😅

仕方が無いんですね。空港に着いた時からネット接続が欲しいので。移動するための情報が欲しいので。

しかも… SIMカードを入れ替えると、設定が必要なんです。これからネットにつなげようといているのに、ネットにつながないとできない設定があります(笑)。到着先の空港のフリーWi-Fiがサクサクつながればいいですけど、フリーWi-Fiがサクサクつながることはむしろ稀です。

この点、日本で海外用Wi-Fiデバイスを借りてきてしまえば、到着空港で電源を入れればすぐにつながりますもんね。

英語でSIMカードを買う必要もないですし、設定も要りませんし。ノーストレス、さらに時間も節約できます。これって結構すごいだと思います。

海外へ行くなら ポケットWiFi 持って行かなきゃ!

ここまで読んでいただければ、もう「海外へ行くならWiFi持って行かなきゃ」ってのは、ガッテンですよね。

・ カップル、友達、家族など、グループで海外旅行に行く方

・ SIMロックスマホで、海外のSIMカードが使えない方(海外のSIMカードの設定ができそうにない方、設定がめんどくさい方も)

はもうあまり考えずにWiFiレンタルをして行きましょう!手続きはネットで3分もあれば終わっちゃうんですから。

海外で使えるポケットWiFiってどこで借りるの?

ポケットWiFiのレンタルって利用者が多いってことですよね。いろんな企業が参入して、はっきり言って激戦モードです。でも、私達利用者にとっては競争してくれた方が好都合。どんどん安くなるし、どんどん便利になっていますからね。

でも、価格改定やキャンペーンも頻繁に行われているし、渡航先によっても、データ量によっても価格は違うし、受け渡しの方法も日々進化していますので、どこが一番いいのか、これ結構むずかしいです。料金がやけに安いと思ったら保険加入が必要だったり、期間限定割引を繰り返していて、結局いつも安いレンタル会社があったりして、比較しにくい😅

ということで、今回は一定の条件を仮定して、見積もってみて、見積結果をペタペタ貼りながら比べていくことにします。結局は似たような結果になるのかな。

(編集後記:ぜんぜんそんなことなかったです。だいぶ特徴がありました。おすすめのレンタルWiFiあります!長くなっちゃいましたが、いい情報なので最後まで読んでくださいね。)

✅ 今回比較のために設定したWiFiレンタルの条件

〇 行き先:シンガポール

〇 4G/LTE 回線

〇 期間は8月26日~8月29日の4日間

(夏休みキャンペーンの終了タイミングが異なるため。キャンペーン割引を除いた金額も試算してみます。)

〇 データ容量は500MB/1日(家族や友達とシェアするイメージで若干多め)

〇 空港で受け取って、空港で返却するのを基本にします。

これで比較してみましょう!

さて、どういう結果になるんでしょうか。楽しみですね

海外で使えるポケットWiFiレンタル会社を比較

イモトのWiFi

ん!?イモト高いのか。

正規料金は、500MB /1日で、1,580円/1日ですが、人気国のキャンペーンとかなにやらで、1,180円/1日。期間が縛られていないので、ちゃんとキャンペーンのバナーから申し込めば、これが通常価格になっちゃいそう。

これですね。でも、キャンペーンバナーに気づかなければ、しれっと1,580円/1日で計算される仕組みになっているのが…。商売上手ということでしょうね。

空港で受け取り手数料が+500円(自宅への郵送でも空港受け取りと同じ+500円、渋谷の本社に取りに行くとタダ(でも出発日前日限定))。返却は無料です。

携帯品保険は海外旅行保険の方が安いから、ここで保険に入る必要はないですね。

合計で5,260円

【キャンペーン】

イモトのWiFiはいつも早割キャンペーンをやっていますね。

30日前の申し込みで10%オフ、45日前で15%オフ、60日前で20%オフ(最大割引で1,260円/1日)。上記の人気国キャンペーンとの併用はできないので、シンガポールの場合は、早割は意味なし。

【イモトのWiFiのいいところ】

〇キャンペーンが多い!なので、旅行の時期によっては、ここで表示しているよりも安くなる可能性が多いにあります。サイトを一度覗いてみる価値はあります。

〇 海外ポケットWiFiのパイオニアとしてサービス充実に力を入れている。電源アダプター、バッテリー、スマホ用広角レンズ、から翻訳機みたいなものまで、海外旅行に必要そうなものをポケットWiFi以外にもいろいろと取り揃えている。

〇 受け取れる空港や主要空港のカウンター数が多い。また返却ボックスや受け渡しロッカーの設置など受け渡しの手間を減らし、スピードアップを図っている。

イモトのWiFi

⭕ 2018年11月追記

2018年9月に翻訳機ポケトークの新型機が発売されました。イモトのWiFiでは、この新型ポケトークのレンタルを行っています(追記時点で新型ポケトークをレンタルしているのは、次にご紹介するグローバルWiFiとイモトのWiFiだけです)。

かなり評判のいい翻訳機なので、ご一緒に借りていくと旅がより充実したものになると思います。新型ポケトークの記事はこちらをご参照ください。

▶ もう英語なんて必要ない!みんなが使い出した翻訳機【ポケトーク】を持っていこう!

【見積りはかんたん!もちろん無料!】

渡航先や日数、データプランによって、料金も変わってくるので、試しに見積もってみてくださいね。

イモトのWiFiの公式ページ 

グローバルWiFi

グローバルWiFiも見積もりを取ってみました。

イモトのWiFiと同じ、シンガポール、4G、500MB、4日間です。

グローバルWiFi、イモトのWiFiより、たいていちょっと安いです。

見積もりでは、今回の見積もりでは、早割で800円引かれています。あとは下のボタンから申し込んだ場合の割引。受取手数料が-500円と総額から5%の割引。なかなか、いい感じです。

グローバルWiFiのいいところは、この早割がすっごく出発日に近いこと。受取場所によって違いますが、例えば成田とか羽田なら、2日前くらいまでに申し込めば早割が適用されます。

【グローバルWiFiのいいところ】

〇 ホームページの作りが親切ですね。直感的に操作しやすい。

〇 早割の適用範囲が広く、よほど直前の申し込みでなければ、早割が適用されますね。

〇 電源アダプター、バッテリー、スマホ用広角レンズ、翻訳機なんかの、海外旅行に必要そうなもののレンタルはイモトのWiFiと同じだけ取り揃えてますね。イモトよりちょっと安いかな。

〇 受け取れる空港や主要空港のカウンター数が多い。また返却ボックスや受け渡しロッカーの設置など受け渡しの手間を減らし、スピードアップを図っている。これもイモトのWiFiと同じ。

⭕ 2018年11月追記

2018年9月に翻訳機ポケトークの新型機が発売されました。グローバルWiFiでは、この新型ポケトークのレンタルを行っています。新型ポケトークの記事はこちらをご参照ください。

▶ もう英語なんて必要ない!みんなが使い出した翻訳機【ポケトーク】を持っていこう!

【見積りはかんたん!もちろん無料!】

実際の渡航先や日数、データプランによって、当然料金が変わってくるので、試しに見積もってみてくださいね。

グローバルWiFiの公式ページ 

Wi-Ho(ワイホー)by テレコムスクエア

イモトのWiFiとともに、有名なワイホーです。まずは、ネームインパクトでリードですね。業界3位でしょうか。空港でのカウンター数が多いので、受け取りや返却の手続きがしやすいレンタル会社です。

イモトのWiFiやグローバルWiFiと同じ条件(シンガポール、4G、500MB、4日間)で見積もりました…

あらまっ。またちょっと安くなってますね。

でも、これは8月31日までの夏のキャンペーンが適用されたもの。夏のキャンペーンは、使い放題または1Gのパックで30%オフ、大容量(500MB)パックで20%オフ、通常プラン(300MB)で10%オフです。

ワイホーはちょいちょいキャンペーンをやっているんで、結局このくらいの料金になることが多そうですが、一応キャンペーン無しで行くと、4,460円、グローバルWiFiに14円負けましたね。

ちなみに300MBでよければ、キャンペーンの10%引き込みですけど、3,000円を切ってきましたね。いい感じ😄。

【見積りはかんたん!もちろん無料!】

ワイホーはいつもキャンペーンをやっているみたいなので、キャンペーンをチェックしてから、使うか決めるって感じですかね。

テレコムスクエアの公式ページ 

jetfi(ジェットファイ)

ジェットファイと読みます。

後発の海外ポケットWiFiレンタルサービスなので、強烈な値引きキャンペーンを打ってきますね。アジア各国料金統一でとてもわかりやすいシンプルな価格設定です。

通常は、350MB/1日プランが680円/1日、500MB/1日プランが980円/1日、1G/1日プランが1,280円/1日です。が、サマーセールだと350MB/1日プランが250円/1日、500MB/1日プランが480円/1日と激安。

この記事のアップが間に合うかどうか。キャンペーン期間と皆さんの旅行日程が合うかどうか、微妙ですが。

見積結果も超シンプル。

受け取りは空港ならタダ、自宅へ送付してもらうなら、600円。

返却は郵送のみなので、必ず650円プラスでかかります。

空港で受け取るプランなら合計で2,570円。キャンペーン適用価格ですが、最安値になります。通常料金なら、1日の料金はワイホーと一緒なので、ワイホーの方が安いです。

いずれにしても、割引キャンペーンは常にチェックしておいた方がよさそうです。

ジェットファイのセールスポイントは実は価格だけではないです。このWiFi、アジアなら他の国へ行っても追加料金なしで使うことができます。シンガポールだけではなく、マレーシアに行ったりタイへ行ったりする予定の方とかには、打ってつけのポケットWiFiレンタルです。

jetfiの公式ページ 

シンガポール専用WiFi(グローバルモバイル社)

シンガポール専用WiFiです。なんかいいですね、専用😄。StarHub(スターハブ)のSIM搭載ですと。

シンガポールの通信会社といったらStarHub(スターハブ)とSingtel(シングテル)の2強。自分もスマホのSIMカードはスターハブ、家のWiFiはシングテルを使っています。

他のWiFiレンタルも、どっちかのSIMか、M1というマイナーSIMが入っているはずですけど、シンガポールの屋外通信状態はStarHub(スターハブ)が最強と言われています。

なので、上のホームページのスクショに書いてある、超高速とかいう表現もあながち間違いではありません。

そして、このプラン、使い放題ですね。そんなに要らないよと言っても、まあ他のプランの通常プラン(300M前後)が680円、この使い放題プランは780円ですから、まあ100円プラスで使い放題になるなら、そのほうが安心だよね、って感じでしょうか。

しかも、受け取りも、返却も、郵送。で送料は無料。結局780円×4日=3,120円。使い放題。シンプルでいいじゃないですか。

シンガポールで使うだけなら、正直これですね。うん。

グローバルモバイルの公式ページ 

まとめ

✅シンガポールでWi-Fiを使うなら

最後にご紹介したグローバルモバイル社のシンガポール専用WiFiにしておけば間違いないです。使い放題プランでの比較なら、他のレンタルサービスに価格で負けることはないでしょう。使い放題なので一度登録したら、ホテルのWiFiだって要らないわけですから、とても楽です。自分がシンガポールで使っているキャリア(Star Hub)を使っているWi-Fiとのことで、通信クオリティも太鼓判です。

通信クオリティが良く、使い放題で、最安値。そして空港受け渡し不要(自宅送料無料)。有名ではありませんが、なかなか素晴らしい内容だとおもいます。

▶グローバルモバイルの公式ページ

✅ 2か国以上渡航する予定があるなら

4番目にご紹介したジェットファイがおすすめです。渡航先の国が増えても料金が変わらないので。

▶ジェットファイの公式ページ

✅ それほど利用する予定はないけど、念のため持っていくという感じなら

3番目にご紹介したテレコムスクエア(ワイホー)で、利用容量を押さえた契約をするのがおすすめ。

▶テレコムスクエアの公式ページ

✅ 空港での受け渡しをスムーズに行いたいなら

空港の受付カウンターが多いのはやっぱり大手。対面で受け渡しができる安心感はやっぱり捨てがたいですね。

そんな方には、グローバルWiFiかイモトのWiFiをおすすめします。

▶グローバルWiFiの公式ページ

▶イモトのWiFiの公式ページ 

✅ 翻訳機を同時にレンタルするなら

最高の翻訳機と言われているポケトークの最新機種をレンタルしているのは、グローバルWiFiかイモトのWiFiだけ。相当評判のいい翻訳機なので英語に不安がある方だけでなく、現地語でコミュニケーションを楽しみたいという方にも、超おすすめ。

グローバルWiFiかイモトのWiFiでWi-Fiと一緒に借りて行きましょう!

グローバルWiFiの公式ページ

▶イモトのWiFiの公式ページ 

WiFi持って、海外旅行を思いっきりエンジョイしてくださいね。

【関連記事】

もう英語なんて必要ない!みんなが使い出した翻訳機【ポケトーク】を持っていこう!
海外旅行で言葉が通じないから不安…そんな言葉の壁をあっさりと乗り越えていけるのが、夢の翻訳機「ポケトーク」。その完璧な翻...