PR

ナインアワーズ成田空港【宿泊ブログ】シャワー・アメニティ・カプセルはどんな感じ?

成田空港でのトランジット・出発待ち時のシャワー・仮眠にも便利なカプセルホテル・ナインアワーズ成田空港(Nine hours Narita Airport Hotel)の宿泊ブログ。ナインアワーズ成田空港の場所・行き方・アメニティ・値段・料金・予約方法など、ナインアワーズ成田空港の実泊体験に基づいてレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プライオリティパス

プライオリティパスが使えます。

デイユース(シャワー・仮眠):プライオリティパスを提示すれば、9時〜18時まで(18時に出なければならない)の5時間のタダ(無料)で使えます。

宿泊:店頭での表示料金(時価(8,000円〜10,000円)、公式サイトの料金とは異ります)から3,400円割引。20時までにチェックインする必要あり。予約はできません。

プライオリティパスと一緒に当日(24時間以内)の飛行機の搭乗券の提示が必要です。オンラインチェック画面か、航空会社が発行する予約確定メールなど名前・利用日・便名がわかるものでも可。だそうです。LCCでも24時間前からオンラインチェックインができるので、オンラインチェックインをしておくのが良さそうです。

成田空港のプライオリティパスラウンジ(全4ヶ所)の雰囲気・場所・行き方
東京成田国際空港でプライオリティパスが使えるラウンジは、第1ターミナル(ターミナル1)に2ヶ所、第2ターミナル...

ナインアワーズ成田空港の場所・行き方

第2ターミナル直結の第2駐車場ビルの地下1階。

空港第2ビル駅で下車し改札を出て少し進んでから右方向、第2,第3ターミナル方面とは逆方向へ進みます。

こんな感じで、9h(ナインアワーズ)の表示が大きく出ているので、わかると思います。

第2,第3ターミナル方面とは逆方向へ突き当りまで50メートルくらい進みます。ここにも大きな案内表示があります。カプセルホテルというのも9h(ナインアワーズ)のことです。

突き当りにも9hの表示があります。それに沿って左方向へ進みます。

エスカレーターを上がるとナインアワーズがあります。

R

JRでも、京成でも、改札を出たら、その先にたくさん案内表示があるので心配しなくても大丈夫そうだな、という感覚だけあれば十分だと思います。

ちなみに、成田空港のターミナル間は無料のシャトルバスが運行しているので、他のターミナルから出発する場合でもナインアワーズに泊まって大丈夫です。

ナインアワーズ成田空港の値段・料金・予約方法

ナインアワーズはホテル予約サイトで比較的安く予約できます。多分Agoda(アゴダ)が安いと思いますが、いくつか比較していただくのがいいと思います。

ナインアワーズ成田空港

8.4 ¥6,019~

場所:成田空港第2ターミナル

Agodaで検索

楽天トラベルで検索

Expediaで検索

今回は、といいますか、今回も、比較した結果Agodaで予約しました。海外の人も使いそうなホテルは大概Agodaが安いです。海外の人はほとんどAgodaなので。

あと、プライオリティパスも持っていますが、今回は宿泊のため使いませんでした。プライオリティパスでは宿泊の予約できないので、さすがに使い勝手が悪いです。万が一、満室です…となったら途方に暮れちゃいますw

ホテルはどんな感じ?

エントランスの両サイドには、黒地に白で大きく9hの文字が。

実はビルの一角なんですが、そういうことを感じさせないスタイリッシュな空間ができています。

入口はシンプル。正面が受付、そしてその左右に男性用と女性用の居室空間の入口、という設計。男性、女性、それぞれのプライベート空間がきちんと分けられていて安心です。

アメニティはどんな感じ?

チェックインをすると、アメニティが一式入ったメッシュバッグとキーが渡されます。

中味はこんな感じです。スリッパ、パジャマ、タオル(大・小)、敷きタオル、歯ブラシセット。耳栓は、フロントで必要かどうか聞かれ、必要なら貰えます。

シャワー室の前に敷くタオルがありがたかったですね。

部屋はどんな感じ?

これが客室エリアの見取り図です。

左手のフロントからロッカーを通って、その先にはトイレ・シャワー。ロッカーの先を右へ行くと別エリアがあって、そこにカプセルが並んでいるエリアがある、という感じです。

チェックイン後は、男女別々の入口から客室エリアに入ります。

ロッカーはこんな感じ。

カプセルの番号と同じ番号のロッカーを使います。

かなり大きなロッカーなので、大きめのトランクも入ります。

ここでスリッパに履き替えて、大抵の人はパジャマに着替えます。

そして、カプセルがあるゾーンへ。こんな感じで、上・下をずらすようにカプセルが設置されています。

カプセルはこんな感じです。シングルベッドよりも狭い感じですが、ベッドと違って落ちることはないので、意外と落ち着きます。

設備が新しいのと、シーツや枕、掛ふとんも、きちんと整えられているので、全く不快感は感じません。意外とありです。

コンセントは頭上に1つ。もう少し欲しいかなという感じです。

足元の入口は、ロールカーテンを下すだけ。荷物はロッカーに入れてあるので、室内に貴重品はないですが、これでは外の音は遮断できませんね。

カーテンを下すとこんな感じになります。狭さよりも、穴ぐらの落ち着き感があります。

電気を消せば、なんでも一緒ですし(笑)。

という感じで、ナインアワーズのカプセル、意外と休めます。

空港へ行くと、ロビー周辺には、早朝便までベンチで過ごす人が結構います。多くは外国人ですが、これは相当疲れると思います。

数千円で布団の上に横になって寝れて、シャワーを浴びれるのは、やっぱり貴重だと思います。

シャワーはどんな感じ?

シャワー室は7室。カプセルは70くらいなので、10人で1室くらいの割合です。

チェックインやチェックアウトの時間はまちまちなので、ピーク時間というのが無い感じで、待ち時間は皆無。基本的に自分の使いたい時に使えると思います。

ピカピカではないですが、不快感はありません。

シャワーの湯量も十分。

個室内に脱衣スペースがあるので、使いやすいです。

シャワー室の外にはドライヤーのあるドレッサー。女性用はもしかすると混む可能性があるかもしれませんが、男性の多くは、歯を磨いて、サッと髪を乾かすくらいなので、ここの滞在時間は短く、ガラガラです。

シャワー室・脱衣所・ドレッサーの導線が使いやすですね。快適です。

トイレはすべて個室タイプ。こちらも清掃が行き届いているので気持ちよく使えます。

周りに食べるところはある?

成田空港第2ターミナルへ行くと24時間営業の吉野家とセブンイレブンがあります。

ナインアワーズのある駐車場ビルから成田空港のターミナルビルまでは、こんな感じの渡り廊下にある動く歩道で行けます。

吉野家はこの渡り廊下を渡り切ったところの直ぐ左手にあります。

出国前の「よしぎゅう」。貴重です。

あとは地下にセブンイレブンがあります。

こんな感じです。大きくはないですね。

その他、ナインアワーズの周囲に、自動販売機は結構あります。

ナインアワーズ成田空港

8.4 ¥6,019~

場所:成田空港第2ターミナル

Agodaで検索

楽天トラベルで検索

Expediaで検索

最安値を探していると、国内旅行は楽天トラベル、海外旅行はAgoda、ということが多いですね。

ナインアワーズは国内なんですが、成田空港内という立地上、外国人の利用者が多い(カプセル)ホテルなので、Agodaが強いようです。利用者が多い→安く部屋を押さえられる→安い、みたいな循環ですね。

Agoda(アゴダ)のホテル予約方法をわかりやく解説します
海外のホテル予約、ハードル高そう…。そんなことないですよ。日本語サイトだし、ぜーんぜん簡単です。ホテル予約サイ...