【行ってみた】香港チムサーチョイのおすすめ人気粥店(おかゆ)大師傅粥品

記事内にプロモーションが含まれることがあります。

尖沙咀(チムサーチョイ)駅周辺の人気のおかゆ(粥)専門店、「洪利粥店茶餐廳」(Hung Lee)はコロナ中に廃業になり、同じ場所に代わって登場したのが「大師傅粥品」(Master Congee)。

「大師傅粥品」は、香港ではMTR葵芳駅店をはじめ数店店舗展開をするお粥専門店のチェーン店ですが、貝柱や鶏がらのダシが効いたお粥が人気です。

香港へ行くたびに注目していた、いつも行列のお粥屋さん「大師傅粥品」MTR尖沙咀駅店。SNSでの高評価投稿で人気に火が付いたんだとか。どんな感じか、行ってみました。

今回は尖沙咀のお粥人気店になった大師傅粥品尖沙咀店の行き方、アクセス、メニュー、食べ方など、お伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大師傅粥品の行き方・アクセス

場所:15 Cameron Road, 15 Cameron Rd, Tsim Sha Tsui, 香港

アクセス:尖沙咀駅B1出口から徒歩3分

尖沙咀の繁華街を抜けてすぐです。

「大師傅粥品」は人気店なので、この人だかりが目印ですかね。

営業時間

午前6時30分〜午後2時

大師傅粥品のメニュー

おすすめは、艇仔粥(読み方は「テンジャイジョッ」、アルファベット表記sampan porridge)です。艇仔粥は、スルメ、豚皮、ピーナッツ、牛ミンチ、内臓、レタスの千切り等が入ったお粥です。

メニューの文字を見ても実際どんなものか想像しにくいので、それほどこだわりがなければ、メニューに写真で表示されているものを指さし注文すればいいんじゃないかなと思います。

また、お粥と一緒に「油条」(ヨウティヤオ)(国式の細長い揚げパン)を注文する人が多いです。

大師傅粥品のお粥の食べ方

注文したのは菜乾猪骨粥と油条。読み方はわからないので、メニューを指さして注文しました(笑)

味のしっかりついた、やわらかく煮込まれた豚肉がゴロゴロ入っていてめっちゃ美味しい。

油条は、お粥に浸してから、食べます。

油条はほぼ100%と言ってもいいくらいみんなが注文していますが、そんなに美味しくもないし、せっかくヘルシーなお粥なのに油採らなくても…とも思うので、個人的には注文しなくてもいいかなと思ってます。

あとコーヒーも頼んじゃいましたが、それも要らないです。

お粥だけなら31香港ドル。余計なものを頼まなければ、5百円そこそこですから、相当コスパがいいと思います。

支払は、現金又はオクトパス(香港の交通系ICカード)だけ。クレジットカードは使えません。

オクトパスなら、ここにピッとタッチするだけで支払完了!楽々です。

オクトパスは香港旅行では必須アイテムですね。旅が断然楽しくなります♪

オクトパスはネットで事前に買っておくと、到着時に空港で受け取れて、すぐに使えて楽です。

香港の交通系ICカード【オクトパスカード】を安く簡単にゲットする方法
この記事では、香港旅行の必須アイテム【オクトパスカード】(八達通・Octopus Card)を香港国際空港到着...