IFRSのための会計英語|会計分析のための数字表現を整理しておこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で働きだすと管理業務が増えて、予算とか実績とか、数字を分析する資料や数字を使った議論が必要になったりします。IFRSを適用している会社とか、会計用語を英語で表現しないといけない場面もありますよね。

日常英会話はできても、数字を使った英語ってあまり意識して勉強したことがないので、意外と表現が浮かばないことが多いので、ちょっとまとめてみました。

スポンサーリンク

桁の多い数字の読み方

まずこんがらがりがちなのが、これですね。Thousand,Million,Billion,Trillion.

一番こんがらがっている人は、Thousandは千円、Millionは百万円、Billionは10億円、Trillionは1兆円というように、気合で覚えている人ですかね。

こんな感じで、視覚的に覚えた方がいいと思います。

数字って、三桁ずつでカンマを打つじゃないですか、なぜか。あれは、これから来ているんですね。

ここでも、日本語は1万が10000、1億が100000000だから、1万は1,0000、1億は1,0000,0000って表現したほうがわかりやすいっていう4桁、3桁論争みたいなのが出てくるわけですが、英語には万、億、兆の概念が無いので、英語で会話する場合は、一旦日本語の万、億、兆の単位は忘れてください。英語では、3桁ごとの単位しか存在しないと固く心に言い聞かせると、上の図のような形のインプットがしやすくなりますので、頑張って受け入れましょう。しゃあなしですね(笑)

そのうえで、Thousand(サウザント)以外は、ケツに「illion(リオン)」が付くので、M,B,Trの先頭の文字を覚えてください。そんな感じで覚えると定着しやすいんではないでしょうか。

もうひとつ、数字を読むコツがあります。

上記のように、英語では3桁区切りなんですが、その3桁を2つにわけると、話している時に頭が整理されます。

たとえば、234という数字があった時、2と34、すなわち200と34に分けて考えるという感じです。

234と言う数字を見て、一度にtwo hundred thirty fourと読むのは、少しきついのですが、200はすぐにtwo hundredと読めますし、34はすぐにthirty fourと読める方が多いのではないでしょうか。英語の発想は実はそんな感じです。なので、234は、two hundred and thirty fourと読み、two hundred thirty fourは、このandを省略した形、とも言われています。

このように百の位の後にアンドを入れると、間が出来。て意外と読みやすいので、試してみてくださいね。

小数の読み方

小数点は簡単です、「.」をpoint(ポイント)と読めばいいだけです。

2.3(にーてんさん)であれば、two point three ですね。

これは簡単なんですが、英語の分析資料を読んでいると、Basis Pointという表現に出会うかもしれません。これは0.01%の意味です。利益率が0.5%改善したという時は、50 basis point 改善したというように使います。0.5%だとなんだそれっぽっちかとなりますが、50 basis pointだと、そんなに⁉となるという効果を狙ったとか狙わないとか。

分数の読み方

これも簡単なんですが、少し混乱しがち。というのは、日本語の読み方と対比する説明をするから。

たとえば、3/4(4分の3)は three fourths です。fourthが1/4の意味で、それが3つあると言う感覚です。

これを日本語とは逆の順番で後の数字は序数にして…とかすると混乱します。

third,fourth,fifth,sixth…の序数は、それぞれ1/3,1/4,1/5,1/6という意味。分子が1のときは、one-third,one-fourthという感じです。

分子が2以上の場合は、third,fourth,fifth,sixth…が何個かあるので複数形。two-thirds,two-fourths(約分すれば1/2ですが)と言う感じ。~thもスですが、~thsもスなので、発音は同じですが。

覚えやすいように、多少乱暴な表現をした自覚はありますが、この感覚でとらえた方が迷わないと思います。

あえて後回しにしましたが、1/2は、Half(ハーフ)は大丈夫ですよね。1/4を、quarter(クウォーター)も、もう日本語ですかね。

✔ Halfの使い方

といいつつ…Halfの使い方がこれがちょっとこんがらがる。上でご説明した原則通り、1/2はone halfとかa halfなんですが、

➤30分 half an hourまたはa half hour(アメリカ英語)

➤1時間半 an (one) hour and a half 

とか… これはこんがらがりますね。普通に使う、30分は、ハーフアンナワーです。とりあえず、これだけしっかり覚えておきましょうか。

そのあとで、1時間半を、an hour and(+) a half (of hour) という感じで。1時間+その1時間の半分という感覚を持つと、an hour and a half に落ちつけそうでしょうか。



足し算、引き算、掛け算、割り算

日本語も実は同じですが、英語もいろいろな言い回しがあるので、一度に複数の言い方を覚えようとすると混乱します。なので、最初は自分で使える言い方をひとつ覚えておくのがいいですね。

足し算(+) Plus

引き算(-) minus

掛け算(×)   times

割り算(÷) divided by

わ(=) equals

これを日本語の順番通り使うだけ。これくらいの覚え方がシンプルです。

増加と減少

分析資料なんかをつくっているとこの表現も頻出ですね。

基本的には、Increase(増加)とDecrease(減少)でいいですねが、利益はGainかloseで。

一本調子でつまらないですが、まずはこれを使い倒す感じでいきましょう。

増加額と言いたければ、the amount of increase、増加率と言いたければ a rate of increaseですね。

率が上昇するだとriseとか使いたくなりますが、その場合もIncrease一本で大丈夫です。

パーセンテージを聞くのは?意外と迷うし、意外と間違って使っている人が多いのがこれ。

%は英語でもPercentまたはParentageでいいすし、書く時は%のままでOKです。

何パーセント増加したの?って聞きたいとき

How muchか How manyか。How manyを使う人が結構いますが、どちらも正しくないです。

Whatです。

What percent(age) of sales increased in 2019? ですね。

ちなみに、〇〇%増加したという表現では、前置詞byを使って the sales amount increased by 20% this year. みたいな感じで使います。

🔷🔷 がんばっている人を応援したくて書きました 🔷🔷

海外に転職する方法|シンガポールで働く経験者がわかりやすく解説します
シンガポールで働く海外転職の経験者が綴る海外勤務のすゝめ!海外勤務の美味しい実態も暴露しちゃいましょう! はっきり...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加