【シンガポール】シンガポールスリングが消えた??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールスリング発祥の地、ラッフルズホテル・ロング バー。近くにいたので昼間にもかかわらずGoしました。元祖シンガポールスリングを飲みに!

スポンサーリンク

シンガポールスリングってなに?

日本でもバーに行けば必ずメニューにのっているカクテルです。語呂がいいので名前だけはみんな知っている有名なカクテルですね。このシンガポールスリング、当然といえば当然ですが、シンガポールで生まれたカクテルです。そして、シンガポールスリングを最初にこの世に送り出したのがラッフルズホテルのロング バーというところです。

シンガポールスリングの説明は、ちょっとホテルのHPの説明を拝借しまして…

『国を代表するカクテルとして広く認知されているシンガポール スリングは、1915年に、Raffles Singapore(ラッフルズ シンガポール)のバーテンダー嚴崇文(Ngiam Tong Boon)によって生み出されました。ジンベースのカクテル、シンガポール スリングの主な材料はパイナップルジュースで、グレナデンシロップやライムジュース、ベネディクティンDOMなども使われます。ピンクに色づいているのは、チェリーブランデーとコアントローが入っているからです。バーテンダー嚴崇文は、意図的にこのバラ色を選んだのです。20世紀初頭、植民地シンガポールにおいて、Raffles Singaporeはコミュニティの人々が集う場所であり、ロング バーは社交場となっていました。そこでは、紳士たちがゆったりとジンやウィスキーのグラスを傾ける姿がよく見られました。ところが残念なことに、女性が人前でお酒を飲むことはエチケット違反と考えられていたため、世間体を気にする女性たちは、フルーツジュースや紅茶を選ぶのが一般的でした。
才能豊かな嚴崇文は、そこにニッチ市場を見いだし、一見フルーツジュースのようでいて、実はジンやリキュールが入っているカクテルを作ることにしました。ピンク色にすることで女性らしさを演出するとともに、透明なアルコールを用いることで、社会的にも許容される女性向けのドリンク、というイメージを巧みに作り上げたのです。そんな背景から生まれたシンガポール スリング。瞬く間に大ヒットとなったのは言うまでもありません。』 ~ ラッフルズホテルのHPより ~

っという感じ。なので、今日向かっているラッフルズホテルロングバーは大人には超有名な観光スポットなんです。

楽しみじゃあないですか。

ロングバーは改装につき閉店中です!!

今回は、MRTのBugisという駅から歩きました。。。全然歩けますけど、暑いっかな、少し。

てくてく歩いていると…見えてきました、ラッフルズホテル。

シンガポールの空虚な構想ビルの中に、ひときわ異彩を放ち、ひとりシンガポールの歴史を守るかのように、どっしりと、そして流されず。

いいですね。古きものを重んじる心がシンガポールにもあったんですね。見直しました。

そして、シンガポールスリングの待つ、ロング バーを求めて中へ潜入。。。

えっ、なんか見えたような? ふと足をとめサインボードに目をやると…

LONG BAR IS CLOSED ??? FOR RESTORATION ?

改装中につき、ロングバー閉店中。がーん。

バーカウンターで、ビーナッツとシンガポールスリング。こんなんを想像していたのに。

代わりにザ・バー・アンド・ビリヤード・ルームでシンガポールスリングが飲めますだって。

違うだろ。ロングバーじゃなきゃダメじゃないっすか。

とか思いつつ、そのザ・バー・アンド・ビリヤード・ルームを外から覗いて、やっぱり改装終わったら、また来ることにして、ラッフルズホテルを後にしました。

ちなみに、ビリヤードルームもそれなりに落ち着いていていい雰囲気ではありましたよ。昼間だけど西洋系の人がたくさん飲んでましたよ。

観光の人は、ご注意ください。

シンガポールスリングは飲めるけど、ロングバーは只今閉鎖中です😢😢😢

でいつオープンするのよ?と思い、再びラッフルズホテルのHPへ。

改装は2018年の中頃まで。少なくともそれまでは、ロングバーは帰ってきそうにありません。

行き方です。

地図、付けときますね。改装中ですけど(くどい 😁😅)

シティホールという駅から目と鼻の先でした。😅

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加