ヤンゴンのホテル相場に異常あり!今新規オープンの5つ星ホテルが狙い目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年、2018年、ミャンマーヤンゴンでオープンした新築の5つ星ホテルをご紹介します。ヤンゴンのホテル相場は崩れてきているので、いまのところこれらのおすすめホテルからチョイスしておけば、ヤンゴンでのホテル選びに間違いはないと思います。

ここ数年の外資の流入、経済発展、それに伴う渡航者の増加によって、ホテル需要が急増し、それに対するホテルの供給が追い付かなかったため、ミャンマーの物価の割に、ホテルの料金相場は高いまま維持されてきましたが、長らく建設中だった新しいホテルが2017年から次々とオープンし、それによって特に中級以下のホテル相場が大きく下落し始めています。また、長らくシャングリラホテルの1強が続いていた高級ホテルについても、その数が揃ってきたことで全体的な相場が落ち着き、どのホテルも泊まりやすい価格帯になってきています。

同じ時期にオープンした新築ホテルのプロモーション合戦はしばらく続くと想定されるため、ヤンゴンではしばらくこれらの新築ホテルが狙い目になると思います。

ということで、まずはヤンゴンの5つ星新築ホテル3選をご紹介します。

スポンサーリンク

パン パシフィック ヤンゴン (Pan Pacific Yangon) 

ヤンゴン市内の北西エリア、中心部からアウンサンマーケットを右手にシュエダゴンパゴダ方面に抜けるメイン通りに出来たパンパシフィック。アウンサンマーケットを挟んで、シャングリラホテルの反対側といった立地。この至近距離にパンパシフィックができたんじゃあ、シャングリラホテルも値崩れしますよね。

以前はまず3万円を下ることが無かったと記憶していますが、今は1万円代半ば。パンパシが新築で1万円代前半の価格なので、ガリガリやっているのがよくわかります。いずれにしても、新築のパンパシに1万円ちょっとで泊まれるんですから、見逃す手はないですよね。

 

レストランやバー、エステやジムなども、パンパシフィッククオリティですから、言わずもがな、安心して泊まることができます。

ちなみに有名観光スポットまでの距離は以下の通り。

ボージョー アン サン マーケット – 260 m

スーレーパゴダ – 790 m

セントメアリー大聖堂 – 1.26 km

シュエダゴン パゴダ – 2.16 km

ボタタウン パゴダ – 2.32 km

確かに頑張ればシュエダゴンパゴダも徒歩圏。海沿いのボタタウンパゴダの方が遠いくらいですから、全然いけますよ。

▶ パン パシフィック ヤンゴン の詳細 【アゴダ(Agoda)】

▶ パン パシフィック ヤンゴン の詳細【エクスペディア(Expedia】

プルマン ヤンゴン センターポイント (Pullman Yangon Centerpoint) 

2018年オープンのピカピカの5つ星ホテルです。スーレーパゴダから徒歩数分の好立地。この辺りはビジネス街でもあるので出張などでも利用しやすい立地といえるでしょう。

観光客にとっても、スーレーパゴダ、セントメアリー大聖堂、ボタタウン パゴダあたりは徒歩圏なので、徒歩とタクシーをうまく組み合わせることで、意外と効率的な観光コースをつくれる立地かもしれません。

マーケットやチャイナタウンの雑踏からは離れていて静かなのはいいですが、反面ナイトライフやお土産の購入などには少し不便ですかね。

ホテル内にはレストランもバーもあるので、あまり出歩かないか、移動する場合には、タクシーを使うことになるでしょう。渋滞のあるエリアではないので、それほど不便は感じないと思います。

▶ プルマン ヤンゴン センターポイント 【アゴダ(Agoda)】

▶ プルマン ヤンゴン センターポイント 【エクスペディア(Expedia)】

ヤンゴン エクセルシオール (Yangon Excelsior) 

こちらも2018年オープンの新築ホテルです。上でご紹介したプルマンヤンゴンセンターポイントのすぐ裏手に位置しているので、今後両ホテルが激しい価格競争に入るのは必至。私たちは、しっかりとプロモーションを見極めて、クレバーに安い方を選んでいきたいですね。

 

立地条件から考える利用法は、プルマンヤンゴンセンターポイントと同じですね。

▶ ヤンゴン エクセルシオール の詳細【アゴダ(Agoda)】

冒頭ご紹介しましたが、狭いヤンゴンに上の5つ星ホテルが3つもオープンしたことにより、1強と思われていたシャングリラホテルの価格も大分落ちてきていて狙い目ですので、プラスでご紹介しておきたいと思います。

スーレー シャングリ ラ ヤンゴン ホテル (Sule Shangri-La, Yangon Hotel) 

2014年オープンなので全然古くないです。一時期は一丁目一番地と言われたさくらタワーの目の前、ビジネスの拠点とするには申し分のない好立地です。

例えばトランプ大統領がシンガポールに来た時に泊まったのがシャングリラホテルですから、シャングリラホテルのホテルとしてのステータスが超のつく一流であることには疑いはないところ。まわりに幾らタダの一流ホテルができても、あまり関係ない、はず。ですが…

いまのところ、ちょっと揺らいでいますので、チャンスですね。あのレベルのホテルに1万円半ばで泊れるのであれば、どなたでも検討の目が出てくるのではないでしょうか。

ということで、詳細検討できるようリンクを貼っておきますね。

▶ スーレー シャングリ ラ ヤンゴン ホテル の詳細【アゴダ(Agoda)】

▶ スーレー シャングリ ラ ヤンゴン ホテル の詳細【エクスペディア(Expedia)】

先にご紹介した3つの新築ホテルとシャングリラホテルの4つを比較して、一番いいところに泊まっておけば、ヤンゴンでのホテル選びに失敗はない、ですね。

と言いつつ…実は…

最初にちょっと触れましたけど、中級ホテルの価格もかなり下落しているので、もうちょい探してみるのもいいかも。(際限がないので、まあ上の中からでいいのかな、と思いますけど…)

▶ アゴダ(Agoda)でミャンマーヤンゴンのホテルを探す

▶ エクスペディア(Expedia)でミャンマーヤンゴンのホテルを探す

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加