タイ・プーケット ホテルPatong Paragon Resort & Spaのレポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プーケットの8月は雨期。日本の梅雨のように雨が続きわけではありませんが、海水は濁り気味でシュノーケリングなどをするにはあまりコンディションはよくありません。

それでも、美味しいタイ料理とタイマッサージに天候は関係なし。いざプーケットへ出陣です。

スポンサーリンク

Patong Paragon Resort & Spa(パトン パラゴン リゾート & スパ)

今回、厳選に厳選を重ねて、チョイスしたホテルがこちら。

結論から言うと、価格・立地・部屋の大きさ等を総合的に勘案すると、ファミリー向けのとてもいいホテルでした。

少し割高ですが、部屋からプールに直接エントリーできる部屋(エグゼクティブダブル プールエントリー)に泊まることが条件です。

ホームページはこちら ➡ パトン パラゴン リゾート&スパのホームページ

 

部屋(エグゼクティブダブル プールエントリー)

部屋の大きさは53㎡。リゾート気分を味わうには十分な大きさです。

新築という感じではありませんが、それぼど古ぼけてもいません。5つ星の超きれいなハイソなホテルではないですが、値段を加味すれば十分なホテルです。

なにより、ベランダから直接プールにエントリできるのがいいです。ちょっくらプールに行ってくるわって感じで気軽にプールに入れますし、帰ってきたら部屋ですぐシャワーを浴びて着替えることができます。

立地

パトンビーチの北端にあり、ビーチの中心部の雑踏から程よく離れていて、静かです。

ショッピングを楽しむには中心部のショッピングモール、ジャンクセイロンに行くことになるかと思います。が、実は、中心部には歓楽街もあるのでファミリーで泊まるのは避けたいところです。

この場所なら、適度に離れているので全く歓楽街の気配を感じませんし、日中は暑いですが、ジャンクセイロンまで歩くことだってできます。目の前にはセブンイレブンがあって、近くにはスーパーもあるので、基本的には何でもそろいます。なので、がっつり観光っぽいお土産を買いたい時以外には、あまり中心部へ行く用事もないとは思います。

パトンビーチの中心部へ行かずとも、ホテルの近くにはタイ料理屋さんがたくさんあるエリアがあります。観光客向けのレストランなんかよりも、ローカルの屋台風のお店の方が、現地の雰囲気の中でタイ料理を味わうことができるのでおすすめです。

タイ・プーケット パトンビーチでローカルタイ料理を堪能したければ、このエリアへ
プーケット パトンビーチエリアで、屋台風の本格ローカルタイ料理を食べたいときにおすすめのエリアを2か所、ご紹介します。活気のあふれる観光客向けタイ料理屋街のエリアAと小さな露店が集まるエリアB。どちらも本格ローカルタイ料理がいただけます。コームーヤーンが最高だったので、おすすめはBかな。

ビーチを一望できるおしゃればタイ料理レストランも極近にあり、気分に応じてレストランのチョイスを変えることもできます。

タイ・プーケット パトンビーチが一望できる本格タイ料理レストラン【バーン リム パ】
プーケットパトンビーチの北端、小高い丘の上にある本格タイ料理レストラン バーンリムパ(BAAN RIM PA)。ビーチからレストランに流れる潮風とさざ波の音をBGMに本格的なタイ料理を堪能したら、日ごろの喧騒を忘れてビーチリゾートに一瞬でトリップできます。パトンビーチの中心からは少し離れていますが、遠くても行く価値大です。

レストランの名前は「Baan Rim Pa Patong」。上のグーグルマップにもちゃんと名前が出てくる、ちゃんとしたタイ料理レストランです。

さらに、周辺には1時間200バーツ(600円くらい)のタイマッサージ屋さんがたくさんあります。

タイのゆっくりとした時間も、パトンビーチの市街地の活気も、両方楽しみたいファミリーにはこれ以上ない立地でしょう。

サービス

午前中着で、アーリーチェックインを期待していましたが、無理でした。一応どこかに確認してくれていましたが、まあ大体受け付けていない雰囲気でしたね。プーケットは朝便で帰るお客さんが多いので、空きはあったと思いますが。対応はフレンドリーで不快な感じはなかったです。多分個別に対応していたらきりがないということなんだと思います。

チェックインカウンターの横にツアーデスクがあります。愛想のいいお姉さんがいて、ほどほどにディスカウントの要求も受け入れてくれます。

ベルボーイも呼べばすぐに来てくれましたし、ベッドメイクも毎日きれいにやってくれました。

ビーチ

プライベートビーチではないので海水浴に行くような気分でしょうか。道路を渡ればすぐビーチですのでアクセスは良好ですが、水着を着て道路を渡っていくのも面倒なので、利用はしませんでした。ビーチも含めてリゾート感を味わいたい場合にはこのホテル以外というよりは、パトンビーチ以外という選択肢になりそうです。その場合には、パトンの市街地からの遠くなるので、ショッピングや食事その他の利便性を犠牲にしなければいけませんけど。

写真ではきれいです。実際きれいですけど、真っ白でパウダーのような砂、クリアで全く濁りのない水といわけでもありません。普通にきれいです。

プール

プールは写真では大きそうみ見えて、実際にとても大きいです(笑)。プール中央にはバーが設置されていて、水の中でドリンクを楽しむことができます。

水は完全にクリアではないので、気になる人は気になるかもしれませんが、まあアジアなんて所詮こんなもんだと思います。水浴びするには十分です。

アラブ系のお客さんが入っていると何となく綺麗じゃないような気がしたり、中華系や韓国系がいると何となくリゾート感が損なわれたりは多少ありますが、それは海外ですからしょうがないですね。

でも、ダイレクトエントリの部屋に泊まれば、必然的にその前はプライベートスペースっぽくなってほとんど人は近づかないので、ゆっくり遊ぶことができますよ。

朝食

今回は、朝ゆっくりしたいときは外でブランチをとるような選択肢も考えていましたので、朝食なしのプランにしました。

1度だけホテルのレストランで朝食をとしましたが、1人300バーツ(900円くらい)でした。

価格に見合うかどうかは難しいところですが、おおむね満足です。種類もそこそこありますし、卵料理はその場で調理して提供してくれます。写真の左はエッグベネディクト、これもその場で調理して提供してくれます。これが結構本格的!おすすめです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加