タイ・プーケット パトンビーチが一望できる本格タイ料理レストラン【バーン リム パ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイ料理は日本人の口にあうんですよね。うまうまです。

基本的には屋台のようなお店で食べたほうが、お財布にもやさしいですし、タイっぽい雰囲気が出ていいと思うんですが、やっぱりここは南国リゾートのプーケットアイランド。

旅行中1回くらいは、きれいなビーチを望みながら、本格的な「タイ料理」なんてのもいいですよね。そんな時におすすめなのが、ここ、バーン リム パ。

スポンサーリンク

バーン リム パ(BAAN RIM PA)

実は宿泊先のPatong Paragon Resort&SPAのツアーデスクのお姉さんに美味しいタイ料理屋さんは?っと聞いて教えてもらいました。(スペル間違ってますやん😆)

なので、地元の人からの評価も折り紙付き!

と思ったら、このバーンリムパ、プーケットで一番眺望のいいレストランに推されることがあるくらい有名なレストラン。

料理もタイ宮廷料理。一般的なタイ料理レストランと比べると断然格式の高い高級レストランです。

場所は、パトンビーチの最北端。ホテル「パトンパラゴンリゾート&スパ」(Patong Paragon Resort&SPA)から至近、徒歩1分といったところ。中心地からも、とにかくビーチ沿いを北へ進んでいけば着けます。スタート地点にもよりますが、歩いたら最低でも15分くらいはかかると思います。

この看板が目印。

営業時間は、お昼の12時から、遅くまで(看板に時間が書いていないのでわかりません😄)。

お店の前の壁には、何か賞をとった証がたくさん。有名なんですね、たぶん。

お店の中はこんな感じ。

 

パトンビーチの端の高台にあって、レストランは吹き抜け、海側に窓や壁がありません。ビーチ側の席に座ればパトンビーチを端から端まで見渡せます。

今回はランチで訪れましたが、海は西側に面しているので、すっごいきれいなサンセットビューが見れるはずです。

料理も美味しいですね。ほんとうに。タイ料理ってガッツリ系のイメージですが、上品になるんですね。

パパイヤサラダ、トムヤムクン、パイナップルチャーハン、鳥の蒸し焼きみたいなもの。注文は適当にしたんですが、上品なボリューム感なので、多めに頼んだ方がいいかなと言う感じ。

パイナップルやパパイヤといったフルーツの器を使って、それに彫刻をほどこすのが王宮タイ料理の流儀。花をあしらったり、とにかく、見た目が鮮やか。食べておいしい、見て楽しい、リゾートフルなひと時を過ごすことができました。

 

このレストランはおいしいワインを提供することでも有名のようです。ワイン スペクテイターズ アワードという賞を2002年から連続して受賞しつづけています。

屋台風のタイ料理屋さんと比べると値段は高いですが、プーケット滞在期間中に1度くらいはこういう雰囲気もいいと思います。特にパトンはこういった雰囲気のお店が少ないですからね。

レストランの中央にはグランドピアノがおかれていて、夜には生演奏が行われるそうです。夕暮れから夜にかけてのディナーだったら、そうとうロマンチックなものになるのは確定ですね。

今話題の日本語で海外レストランの予約をできる【グルヤク】というサイトで、このバーンリムパの予約ができます。日本語でなら、海側のテーブルを希望したり、ちょっとわがままなリクエストができて便利です。

話題のレストラン予約サイト【グルヤク】 

参考までに、2018年のプーケットの日没時間を載せておきますね。

日付 日没時間
1月1日 06:20:20 PM
2月1日 06:33:59 PM
3月1日 06:38:14 PM
4月1日 06:36:34 PM
5月1日 06:35:58 PM
6月1日 06:41:09 PM
7月1日 06:47:53 PM
8月1日 06:46:59 PM
9月1日 06:34:45 PM
10月1日 06:17:57 PM
11月1日 06:05:31 PM
12月1日 06:06:31 PM
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加