PR

海外SIMは出国前に自宅で設定!タイSIMカードは空港よりアマゾンが安い!

タイ旅行で使えるプリペイドSIMカードは日本のアマゾン(Amazon)で買えます!

こんな感じのものです。


AISアジア16カ国 周遊プリペイドSIM 4GB 8日間 4G・3Gデータ通信使い放題 / 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール  ※日本でも利用可能

スポンサーリンク
スポンサーリンク

現地の空港からスマホが使える必要があるか

タイのようなタクシーのお行儀が悪いところでは、自分の位置をチェックしながら利用したいところです。なのでタクシーに乗る前にスマホが使えるようにしておいたいですね。

また、電車で移動する場合でも、最寄り駅からホテルまで行くのにグーグルマップが必須になると思います。

快適に旅をスタートさせるために、現地の空港を出る時にはスマホを使える状態にしておきたいですね。

タイ旅行のスマホ用SIMカードを買う方法

今の時代、さすがにスマホなしで海外旅行はできないので、みなさんどこかで海外用のSIMをゲットしていると思います。

SIMカードを買う方法はいくつかあると思います。

 現地(空港)についてから、空港のSIMカード売場で買う

② 格安チケット会社で購入して、現地(空港)で受け取る

③ アマゾンで買う。

あたりでしょうか。 

①現地(空港)についてから買う

以前バックパックで旅をしていた時には、この方法でSIMカードを買っていました。

今、海外旅行に行く方で、こんな行き当たりばったりの買い方をする方は少ないんじゃないでしょうか。

この方法のメリットは、準備をする必要がないことでしょうか。まあ何とかなるんで、あまり気にしない…みたいな。

とはいえなんともならないこともあるので、なんとかならなくても、なんとか生きていける人向けでしょうか(笑)

デメリットは多いです。

一番心配なのはコミュニケーションです。言葉がいまいちだと希望のスペックのSIMが買えないかもしれません。

国によってはぼったぐりも心配です。相場がわからないですし、いい値で買わざるを得ないところもあるので、注意深く探っていかないといけない時もあります。

あとは混雑ですね。タイミング悪く中国の団体客とバッティングしようもんなら大変でう。空港に着いたはいいけど、なかなかSIMが買えないなんてこともあり得ます。

なので、旅慣れていて、時間に余裕がある人以外は、この方法はNGですね。

②格安チケット会社で購入して、現地(空港)で受け取る

この方法でSIMカードを手にする人が最近増えてきています。

この方法の一番のメリットはコスパですね。ちゃんと格安チケット会社を選べばかなり安くSIMカードをゲットできると思います。

この方法のデメリットは、①旅行先の空港で初めてSIMカードを受取るので、受取場所も含めてちょっと不安、②設定ができるかが不安、ということでしょうか。

ただし、①は杞憂(とりこし苦労)ですね。受け取れなかった人は今まで見たことがありません。②もスマホ設定で苦労する人はたまにいます。APSの設定(古いAPSのアンインストールと新しいAPSのインストール)が必要な時があって、それで苦労する人がたまにいます。

SIMカードを最安でゲットする方法

タイの空港受取のSIMカードは、DTAC社のHAPPY TOURIST SIMが一番ポピュラーです。

スワンナプーム空港のDTACカウンターが24時間開いていて、いつでも受け取れるので、チケット販売サイトが取り次いでいるというのが実態なようです。

こちらがいつも利用している、比較的日本でもなじみがあるチケット販売サイト【KKday】【KLOOK】【楽天トラベル観光体験】の料金体系です。

割引チケットサイトの料金を比較すると、こんな感じです。

種類 楽天トラベル KLOOK KKday
料  金 923円 782円 782円
利用可能日数 8日間 8日間 8日間
利用容量 15GB 15GB 15GB
受取可能時刻 24時間 24時間 24時間
専用カウンター なし あり★ なし
割引クーポン なし あり あり

一応現在の各社の料金もチェックしておきますかね。

タイのSIMカードの最安値を検索

【KKday】【KLOOK】【楽天トラベル観光体験】を比較して、一番安いところから買いましょう♪

【KLOOK】【KKday】が同額だと思います。

【KLOOK】【KKday】が割引クーポンを発行しているので、割引クーポン適用後の価格で比較しないと最安値が分からないんですが…どちらの割引クーポンも最低利用金額があるので安いSIMカードの購入には使えません。

なので、タイのSIMカードに関して言えば、【KLOOK】【KKday】が最安値を争っています。

両サイトとも追加の割引が受けられるクーポンを発行しているので、購入の際は、割引クーポンコードを入力すると、さらに安くSIMカードをゲットすることができます

【KKday】の割引クーポン

KKdayからは①5%割引クーポン(最大600円)、②6%割引クーポン(最大1,000円)、そして③400円割引クーポンが発行されています。

① 5%割引クーポン!(当サイト限定クーポン)

  KKday 5%割引クーポン

【クーポンコード】(コピペできます)

ASIA5OFF2023
コピーする
 新規登録の方(1人1回)のみ
 3,000円以上の利用で5%OFF(上限600円)
 2024年9月30日まで有効

このクーポンを使う(KKday公式サイト)

スマホ対応/PayPay・Apple Payも使えます

② 6%割引クーポン!(初回限定・当サイト限定クーポン)

  海外商品 6%割引クーポン

【クーポンコード】(コピペできます)

KKSPRING6OFF
コピーする
 対象エリア:日本以外
 新規登録・初回利用限定(1人1回のみ)
 3,000円以上の購入で6%割引(1,000円まで)
 有効期限:2024年2月15日〜3月31日まで
 2024年5月31日までのチケットが対象

このクーポンを使う(KKday公式サイト)

スマホ対応/PayPay・Apple Payも使えます

③ 400円割引クーポン!(初回限定・当サイト限定クーポン)

  400円割引クーポン(KKday)

こちら☟から新規登録すると400円割引クーポンをゲットできます。

 400円割引クーポンをGETする(KKday公式)

【クーポンの利用条件】

 新規登録時のみゲットできます。
 初回利用時のみ利用可能です。
 最低購入価格は2,500円以上です。

いずれも初回利用時のみ使えるクーポンなので、一番割引金額の大きくなるクーポンを1つ選んで使ってください。

お得な割引情報!!

【KKday】の使い方や最新の割引クーポン情報はこちら。今一番勢いのある割引チケット販売サイトです。キャンペーン連発中なのでお買い物が気持ちいい♪

【KLOOK】の割引クーポン

Klook(クルック)からは、①6%割引クーポン(初回限定・最大2,000円割引)と②5%割引クーポン(2回目以降の利用可・最大1,000円割引)の2つの割引クーポンが発行されています。

① 6%割引クーポン!(初回限定)

サイトの割引価格からさらに6%割引、最大で2,000円割引になるお得な割引クーポンです。クーポンコードにこのサイト名あじあ(ASIA)が入ったKlook(クルック)と当サイトのコラボクーポン。Klook(クルック)を初めて利用する時だけ使えます。

  Klook 6%割引クーポン

【クーポンコード】(コピペできます)

ASIANEW6
コピーする
 初回利用時のみ有効
 Klookアプリでのみ利用可能
 購入金額の6%!最大2,000円割引!
 2024年2月29日まで有効

このクーポンを使う(Klook公式サイト)

日本語サイト/当日OK/PayPay・Apple Pay可

② 5%割引クーポン!(2回目以降でも使える)

さらに、Klook(クルック)から、2回目以降でも使える5%割引クーポン(割引限度は1,000円まで)が発行されました。
アプリ限定ではないので、このままWebページへ進んでクーポンコードをコピぺしていただけば、サクッと割引が適用されます♪

  Klook 5%割引クーポン

【クーポンコード】(コピペできます)

ASIAKLK
コピーする
 2回目でも利用可能
 1人1回のみ
 3,000円以上の購入で5%割引!最大1,000円割引!
 2024年6月30日まで有効

このクーポンを使う(Klook公式サイト)

日本語サイト/当日OK/PayPay・Apple Pay可

この5%割引クーポンは、1人1回だけですが、誰でも使えるクーポンなので、忘れずに使っておいてくださいね。

お得な割引情報!!

タイ旅行のSIMカード(最安値)

【KLOOK】の使い方や最新の割引クーポン情報はこちら。ほんとに普通のお得なサイトです。

【2024年2月】Klook割引クーポンコードまとめ!使い方もわかりやすく解説
【2024年2月最新】500円・600円・1000円・3000円割引、5%・7%・10%割引…最大30%割引ク...

割引チケットをKLOOKで買う一番のメリット

KLOOKのいいところは専用カウンターで対応してくれているところです。

口コミにもあるように、専用カウンターで設定までしてくれているようなので、これなら安心です。

到着ロビーを少し歩くとDtacカウンターがありますが、そこには「KLOOK購入者は隣へ」との案内表示があり、さらに先へと進むともうひとつDtacカウンターがありますので、そちらでSIMを発行してもらえます。

バウチャーを表示しようとしたらネットに繋がらないという初歩的ミスをしてしまいましたが、受け付けの方がWiFiを繋いでくださいました。

今回は家族で3台分を購入しましたが、日本語表示のままスマホを渡せばSIM交換から設定まで全てやっていただけました。

ちょうど8日間の滞在でしたので現地で購入するよりも半額近くになったので、とてもお得だと思います。

KLOOK公式サイト・口コミ

こんなにお手頃とはビックリしました。 プーケットでは写真の税関を出て右側の青く光っているお店がピックアップポイントです。以前は日本でwifi 契約して持ち歩いていましたが、電話をかけたりしない私にとってSIMカードが1番です。ありがとうございました。

KLOOK公式サイト・口コミ

ドンムアン国際空港の到着ロビーにありました。カウンターが目立ちますので、はじめての方でもわかりやすいと思います。 バウチャーを掲示し、携帯電話を渡すと、スタッフの方がSIMの交換、設定等全てしてくれます。

KLOOK公式サイト・口コミ

みなさん結構【KLOOK】を使ってますよね。

【KLOOK】ってなんだ?聞いたことないぞ、っという方は、こちらの記事をご確認いただければと思います。ほんとに普通のお得なサイトです。

【2024年2月】Klook割引クーポンコードまとめ!使い方もわかりやすく解説
【2024年2月最新】500円・600円・1000円・3000円割引、5%・7%・10%割引…最大30%割引ク...

③ 日本で海外用SIMカードを買う

なんですが…タイのSIMカードは日本で買えるので、実は最終的にこの方法をとる人が多いですね。理由は現地で受け取るとか、面倒だからですね(笑)

☑ 受取場所がわかるか心配

☑ 設定ができるかが心配

日本で事前に買っておけば、この心配がなくなります。日本で出発前に受け取っていて、出発前に家でしっかりWiFiがつながった状態で、設定して、動作確認ができちゃうので。

 現地空港で購入する手間と時間が省ける

タイバンコクのスワンナプーム空港やドンムアン空港、それに観光地のプーケット空港などの、SIMカードショップは、期せずして異常に混む場合があります。最近は大陸系の観光客がタイへ大挙してやってきていますので、フライトの時間が重なるとすごい混雑します。

SIMカードを買うために並ぶ時間がもったいないですし、なにより大陸系の輩と絡むのも御免ですよね。大勢になると気が大きくなる質ですから、平気で横入りしてきたりしますから。

せっかく楽しい旅なのに、そんなことで気分を害されたらもったいない。だからSIMカードなんか、日本で買っておいた方がいいんです。

日本で買った方が安い

これにはビックリですよね。日本で買った方が安いんです。理由は定かでありませんが。

例えば、TRUE MOVEというタイのSIMですが、送料込みで680円です。


【TRUE MOVE】タイ プリペイドSIM7日間 データ通信無制限 100分無料通話つき

右下に299バーツと書いてありますので、定価は1,200円くらい(1バーツ=約4円で計算)です。

実際にタイで買ったSIMカードがこちら(↓)。雰囲気は随分違いますけど、会社やサービスの内容はほとんど同じです。同じく299バーツ(1,200円くらい)です。

日本で買うと、現地の半額近い値段になるというのがよくわからないところですが、安いです。

出発前に自宅で設定ができる

ちょっと高いですが、先に日本でもタイでも使えるSIMカードを入手しておくと、WiFi環境バッチリの家で落ち着いて設定ができます。

家ならPCやスマホもあるので、調べものもらくらく。もし何か設定が必要なら、自分で対処できます。


AIS SIM2Fly アジア33ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード データ通信4GB 8日間 インド インドネシア オーストラリア カタール 韓国 カンボジア シンガポール スリランカ タイ 台湾 中国 日本 ネパール フィリピン ブルネイ ベトナム 香港 マカオ マレーシア

出発前に海外でもスマホが使えることが確認できている。この安心感がすごくいいんです。

アマゾンの海外SIMカードの注意事項

上のリンクを開けていただけばわかりますが、海外のSIMカードはアマゾンが断然安いので、比較とかすると多分アマゾンに買うことになると思います。

アマゾンでSIMカードを買う時にはちょっと注意点しておくべきことがあります。

✅ SIMフリースマホであること

もしごスマホにSIMロックがかかっている場合は海外のSIMカードも使えません。まずは、自分のスマホがSIMフリーの状態であることを確認してから買いましょう。

✅ 使用可能期間が旅行期間より長いかどうか

旅行期間と利用可能日数には注意してください。アマゾンで販売されているタイのSIMカードは大抵7~8日間利用可能なものです。ご自身の旅行日程とマッチしているか確認してから購入しましょう。

✅ 有効期限が短い場合があるらしいのでまとめ買いはしない方がいい

最後はアマゾンのレビューなどからの情報にすぎませんが、有効期限があまり残っていないSIMカードが売られている場合もあるとのことです。

極端に有効期限が近いものが、アマゾンですので、断りもなく売られていることはないはずですが、一応注意して買いだめのような買い方はしないようにした方が良さそうです

アマゾンが安いです

通販サイトを比較すると、たぶんアマゾンだけがぜんぜん安いという結果になると思います。以下のあたりが定番ですね。


AIS SIM2Fly アジア33ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード データ通信4GB 8日間 インド インドネシア オーストラリア カタール 韓国 カンボジア シンガポール スリランカ タイ 台湾 中国 日本 ネパール フィリピン ブルネイ ベトナム 香港 マカオ マレーシア

出発前に海外でもスマホが使えることが確認できている。この安心感がすごくいいんです。