めっちゃ暑いぜ!シンガポール人気No.1プール【コーブ・ウォーターパーク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポール コーブウォーターパーク

シンガポール・セントーサ島の人気No1プール「アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク」の場所・行き方、ロッカーや貸しタオルの有無、ラッシュガードはあった方がいいか、なんていう基本情報から、お得な割引チケットの情報まで、今回もシンガポール旅行に役立つ情報盛りだくさんでお送りします。

シュノーケルのできる海水プール、14つのエリアを抜ける620メートルの流れるプール、6種類のウォータースライダーなど、日本とはひと味違うテーマパーク型プール。各アトラクションを紹介しながら、その人気のひみつに迫っていきます。

シンガポールはとにかく暑い!

人気絶頂のアドベンチャー・コーブ・ウォーターパークで熱く、そしてクールに遊びましょう!

スポンサーリンク

アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークって?

シーアクアリウムとコーブウォーターパーク

セントーサ島にあるシンガポール最大の半端ないプール、コーブウォーターパークです。

とにかくその規模が半端ない!

6つのスライダー、流れるプール、波の出るプール、水深3メートルの飛び込みプール、こども用プール…、とまあこのあたりまでは、日本の遊園地のプールでもありそうですかね。

いえいえ、ココはシンガポールが総力を挙げて、つくり上げたシンガポール最大のウォーターパーク!デカい!半端ではありません。

絶叫系スライダーあり、2人乗りのボートスライダーあり、子ども用の遊具系スライダーあり。大人から子どもまで、友達同士でも、カップルでも、夢中になって楽しめることうけ合いです。

流れるプールの長さはなんと620メートル。趣向を凝らした14のエリアを通過します。無料の浮き輪につかまって、ぷかぷか流れているだけで、アドベンチャーな気分に満たされてきます。

バラエティーも半端ない!

規模だけではありません。ここでしか体験できない魅惑のアトラクションがいっぱいです。

熱帯魚が泳ぐ足の付く海水プール「レインボーリーフ」では、まだ海が怖いお子様でもシュノーケリング体験ができちゃいます。足が付くから安心です。

イルカのプールエリア「ドルフィンアイランド」では、イルカと遊び、触れ合い、写真撮影まで出来ちゃいます。

海に近く、また、シンガポール最大の水族館「シーアクアリウム」に隣接しているからできる、海水プールと海の生き物たちとのふれあいアトラクション。

わくわくドキドキの初体験のオンパレード。一生忘れられないステキな思い出ができるに違いありません。

コーブウォーターパークのアトラクションの数々

今回は、場所や行き方、準備や注意点、お買い得なチケット情報といった基本情報の前に、コーブウォーターパークってどんなところか、アトラクションのご紹介しながら、解説していきたいと思います。

プールかぁ…ど~する~?っていう感じの方もいると思いますので、初めに、コーブウォーターパークの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

アドベンチャー・リバー(Adventure River)

全長620メートルの超ロングな流れるプール。日本最長と言われる東京サマーランドの流れるプール(650メートル)に匹敵する長さ。超ロングです。

アドベンチャーリバーのすごいところは、長さだけではありません。

プールには14のテーマーゾーンが。プールに流れている無料の浮き輪につかまってぷかぷか浮かんで流されているだけで、いろんな景色を楽しむことができちゃうんです。!

コーブウォーターパークのアドベンチャーリバー

古代エジプトのような彫刻、うっそうと茂るジャングル、水族館とつながっている水槽のトンネル、ライトアップされた洞窟(コーブ)などなど。

コーブウォーターパークのアドベンチャーリバーナイトゾーン

一周するのに20分くらい掛かります。

レインボー・リーフ(Rainbow Reef)

子どもたちにキレイな魚をいっぱい見てほしい。そう思ってシュノーケルへ連れて行っても成功しないことが多いです。子どもにとっては、大きくて深い海に顔をつけること自体がほんとに怖いんでしょうね。

コーブウォーターパークでシュノーケル

でもココなら大丈夫。心配は要りません。

ライフジャケットを着てプールでシュノーケル。安全です。そして、プールの中には熱帯魚がいっぱい。ポイントなんか探さなくても、プールの中には、常にきれいなお魚がいっぱいです。

近海に熱帯魚がたくさん生息している亜熱帯の国シンガポール、そして巨大水族館隣接という立地がなせる究極の人工シュノーケル場です。

コーブウォーターパークのシュノーケル

ここ、侮ってはいけません。プールの中は海の中を完全に再現しています。魚もいっぱい。へたなシュノーケルツアーよりも魚がいっぱい見れますよ。

利用制限:身長107cm未満のお子様は利用できません。また、107cm~122cm未満のお子様は保護者の同伴が必要です。

参考動画(アップロード日付が新しめで、短めの動画をセレクトしました)

ブルーウォーター・ベイ(Bluwater Bay)

コーブウォーターパークの並の出るプール

波の出るプールです。このタイプのプールは日本にもたくさんあるので、珍しさはないですが、子どもは好きですからね。これ。

この波の出るプールの周りには、デッキチェアー(無料)とカバナと呼ばれるプライベートロッジ(後述します)があるので、休憩スペースとして覚えておくといいと思います。

6つのウォータースライダー

コーブウォーターパークには6つのウォータースライダーが用意されており、

コーブウォーターパークのスライダー

✅ デュエリング・レーサー(Dueling Racer)

直滑降系スライダー。長めの薄型マットシートの上にうつ伏せにのり、(ボディーボードのような感じで)傾斜を一気に滑り降ります。

それほど距離のあるスライダーじゃないので一瞬で終わってしまいますが、マットシートが水の上をすべるように進むためか、うつ伏せ&頭から滑り下りるためか、一瞬スライダーでは感じたことのないようなスピードを感じます。

※ 身長107cm未満不可、107cm~122cm未満は保護者同伴で利用可

✅ リップタイド・ロケット(Riptide Rocket)

Riptideとは、潮と潮の流れがぶつかる様子のこと。激流を突き抜けるロケットという名を持つスライダー。6つの中で最も人気のあるスライダーです。

乗り口からボートにのり、コンベアーで上まで上がって行きます。ちょうど上の写真の右側のような感じ。ボートに乗ったままコンベアーで頂上まで行ったら、そのまま降りることなくスライダーへ。一転して、かなりの高速スライダーへ突入します。

1人乗りと2人乗りが選べます。2人乗りなんかは、2人の距離がだいぶ縮まりそうなアトラクションです。

※ 身長107cm未満不可、107cm~122cm未満は保護者同伴で利用可

✅ パイプライン・プランジ(Pipeline Plunge)

乗り物を使わずそのまま滑り降りるスライダーです。Plungeとは、飛び込むという意味で、プランジと発音します。プラングではありません(笑)

曲がりくねったパイプの中に飛び込み、ぐるぐる回りながら高速で滑り降りるウオータースライダーです。スピード感はたっぷりですが、終始パイプの中なので、怖さはそれほどありません。ひとりで滑り下りるのでカップルや小さなお子さんには向かないかも。中高生の男の子が喜びそうなアトラクション…かな。

※ 身長122cm以上で利用可

✅ ティダルツィスター(Tidal Twister)

ゴムボートにのって、トンネルの中をぐるぐる回るタイプのスライダーです。あまりスピードは出ませんが、トンネル内は光が入らないように設計されていて暗いため、スリル感は結構あります。

ツイスターの名の通り、コースがねじれているため、ボートの回転は多め。最終的には逆方向(背中方向)へ進みながらプールへ入水することもしばしば。6つのプールの中では一番挙動がシンプルなスライダーです。

※ 身長122cm以上で利用可

✅ スパイラル・ウォッシュアウト(Spiral Washout)

ボヤジン公式HPより

上の写真の右手が「スパイラル・ウォッシュアウト」、左手が次にご紹介する「ワールプール・ウォッシュアウト」です。

スタート地点でパイプ内にテイクオフしたボートは、一旦外へ出て、アリ地獄のようなスペースへ。再び穴に吸い込まれるようにしてパイプ内のコースへ戻るという珍しいコース設計のスライダーです。

距離は短いですが、特徴的なスライダーなので、一度は体験したいアトラクションです。

※ 身長122cm以上で利用可

✅ ワールプール・ウォッシュアウト(Whirlpool Washout)

ワールプールとは渦巻きのことです。コースは、スパイラル・ウォッシュアウトに似た設計で、アリ地獄のスペースが渦巻きスペースに代わったものという感じ。

スパイラルの方が有名ですが、ワールプールの方が穴に吸い込まれるまでのタメがあるので、その分スリルがあります。

※ 身長122cm以上で利用可

参考動画

こちらをスパイラル・ウォッシュアウトの動画として紹介しているサイトがありますけど違います。こちらはワールプールの方ですね(笑)

スプラッシュ・ワークス(Splash works)

アスレチックと飛び込み用の深いプールが一体となったアトラクションです。

コーブウォーターパークの飛び込みプール

それほど高くないですが、プールが深いので泳げないと溺れます。

※ 身長122cm以上で利用可

ビッグ・バケット・ツリーハウス(Big Bucket Treehouse)

子ども用の施設です。てっぺんにあるバケツに水が入れられ、貯まるとバシャーってこぼれる仕組み。遊んでいる子どもたちをずぶ濡れにします。

コーブウォーターパークの子ども施設

子ども向けのゆるやかなスライダー(滑り台)もついているし、かなり充実した遊具なので、お子さま連れ家族なんかだと、ココが中心になるかもしれません。

※ 利用するのに身長や年齢の制限はありません。

シーハウス・ハイドウェイ(Seahouse Hideway)

子ども用のプールです。水深は公表されていませんが、20センチくらいでしょうか。

周囲にはカバナというプライベートスペース(有料)があるので、そこを借りて一日過ごすというのもなしではないです。

コーブウォーターパークの子ども用プール

すぐ隣にスライダー乗り場があるにもかかわらず、少し奥まったところにあるように感じさせる絶妙な設計。逆方向の隣りにはレストランがあり、その奥にシュノーケル場「レインボーリーフ」という、なかなか良いポジションにあります。

ちいさなお子様連れのご家族の方は、ココを起点にして、遊んでも効率よく動けるかもしれません。

ウェットメイズ(Wet Maze)

最近シンガポールのアトラクション施設に行くとやたらとと見かけるのがMaze(メイズ)、迷路ですね。このウェットメイズは、迷路とその上を通るアスレチックを組み合わせたアトラクションです。

プールエリアから離れていて(山のかたちをした演出用の建物の屋上)、いきなり感はありますが、身長制限もないのでチャレンジしてみるのもいいかもしれません。個人的には、目的地もなく自ら迷いにいく迷路は苦手ですけど😅

シンガポールのプールにあるMaze

コーブウォーターパークの場所・行き方

場所はセントーサ島入り口のリゾートワールドエリアにあります。

【住所】8 Sentosa Gateway, シンガポール 098269

【行き方】

シンガポール本島のハーバーフロント駅から、モノレールで1駅リゾートワールド駅で下車します。リゾートワールド駅から徒歩3分くらいです。

リゾートワールド駅は、ユニバーサルスタジオシンガポールやシーアクアリウム(水族館)のある駅で、駅から下りて広場にでれば、そこはもう遊びの島セントーサ島という雰囲気。

リゾートワールド駅から、各施設へは、誰でもわかるように案内版がこれでもかというくらい表示されています。カタカナ表記もされていますので、英語が苦手でも問題なし。ただただ、案内版に従って進めば100%辿りつけますので、まったく心配は要りません。

シンガポールドル本島からセントーサ島への行き方はこちらを参考にしてください。

シンガポール セントーサ島への行き方【ケーブルカーに安く乗る裏技つき】
シンガポールのアミューズメントアイランド「セントーサ島」。どうやって行くの?簡単です。すべてのルートをご紹介します。ケーブルカーの超お得な割引チケットを入手する方法も教えちゃいます。

コーブウォーターパークのチケット料金・営業時間

【営業時間】

10時 ~ 18時

【チケット料金】

大人:38シンガポールドル

子ども(4歳~12歳):30シンガポールドル

上記で紹介したスライダーやアトラクションはすべて乗り放題です。

コーブウォーターパークのチケットを一番安く買う方法

シンガポールの観光スポットのチケットは、オンラインの割引チケットを使うのが、私たちシンガポール在住者の常識です。

メールアドレスを登録して、カードで決済すると、eチケットがメールに送られてくるというとてもシンプルなもの。簡単な手続きで何ドルも、時には何十ドルも安くなるので当たり前といえば当たり前です。

シンガポールのオンライン割引チケットの王道は、楽天グループの【ボヤジン】という会社。日本では聞きなれない社名ですが、現地では有名な会社です。というか、みんなここでチケットを買います。日本から友人がきたり、家族がきたり…。海外在住者は意外と観光地へ出掛けます(笑)

従来は、この【ボヤジン】のサイトからチケットを買っておけば最安間違いなしだったんですが、最近は【KLOOK】(香港系・ソフトバンクなどが出資)や【KKday】(台湾系・HISなどが出資)という新規参入組が元気です。

ということで、現在は、【ボヤジン】【KLOOK】【KKday】の3社を比較して一番安いところからチケットを買う!それがシンガポールで一番安くチケットをゲットする方法になります。

コーブウォーターパークの最安チケットを検索

【KLOOK】【KKday】【ボヤジン】を比較して、一番安いところから買いましょう♪

KLOOKの割引チケット

KKdayの割引チケット

ボヤジンの割引チケット

✅ ボヤジンはセール情報は必ずチェックしてください。

セール期間中であれば、ほぼ間違いなく【ボヤジン】が最安値です!

【裏技】シンガポール旅行で使える割引クーポンの期間限定セール【9月8日まで】
楽天【ボヤジン】割引クーポン配布中!クーポンコード入力で割引チケットがさらにお得!2種類のクーポンコードを使い分けてお得に旅を楽しんじゃおう!

ぶっちぎりでお得なのは【組み合わせチケット】

割引チケットのセット販売は、楽天グループの【ボヤジン】が一番得意な販売戦略です。

まず、扱っているチケットの種類が多くなければ、組み合わせ販売ができないですよね。まだまだ取り扱い数が少ない、新規参入組の【KLOOK】と【KKday】は、セット販売が難しいみたいです。

組み合わせチケットでは、楽天【ボヤジン】のほぼ独壇場ですね。セット販売は、いわゆる薄利多売戦略ですから、お客さんが多くないとなかなか取れない戦略ですからね。やっぱり、シンガポールの割引チケット市場では、【ボヤジン】が頭ひとつ抜けているのかなと、改めて思ったりしています。

そんな感想はさておき、買う側にとっては、いいことだらけですよね。もともと行くつもりだった観光スポットの、しかも、もともと割引が適用されているチケットが、ただ組み合わせになっただけで、さらに割引されるんですから。

水族館シーアクアリウムとの組み合わせチケットがお得!

巨大プール【アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク】と巨大水族館【シー・アクアリウム】は隣りどうしなので、移動に気を使う必要はありません。

また、プールには「レインボーリーフ」というシュノーケリングアクティビティ(無料)があるので、水族館との相性は抜群です。水族館で見た魚が実際に目の前に、もしくはプールで実際に見た魚が水族館の水槽に。どちらを先にするかは考え方次第ですけど、小さなお子さんが大興奮する様子は容易に想像できますよね。

水族館でこんなキレイな魚たちを観て

ボヤジン公式HPより

そのあとすぐにプールへ行ってシュノーケリング

ボヤジン公式HPより

やばくないっすか😍

プールで大はしゃぎして、水族館でクールダウンというのもいいですよね😍

プールと水族館は隣りどうしで移動もらくらく。これしかないっしょ。

鉄板の組み合わせチケット

巨大プール+巨大水族館のセット

巨大プール(アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク)と巨大水族館(シー・アクアリウム) のセット。隣接する2施設の組み合わせなので、移動もらくらく。

巨大プール&巨大水族館のセット

日本語対応/スマホ対応/購入後の日程変更可能

服装・ロッカー・着替え・タオル・デッキチェア・カバナ

基本的には日本のプールと同じだと思っていただいていいです。ロッカーに荷物を預けて、更衣室で着替えて、という感じ。

服装・ドレスコード

以下が園内マップにも記されているドレスコードです。

基本的には、日本のプールで過ごすのと変わりませんが、すこし注意しておいた方がいいこともあります。

① 自分のライフジャケットや浮き輪は使えません。

ライフジャケットは無料で貸し出されています。浮き輪は流れるプールに流れているをタダで使えます。

② ジッパーやバックルのあるおしゃれ水着はNGです。

③ スイミング用のおむつはOKです(ふつうのおむつはNG)

④ 下着はNGです。

ちょっと、どーでも良さそうなことも書いてしまいましたが…。注意すべきは1点だけかも。イルカの浮き輪とか持ってこないようにしましょう。

ラッシュガードは必要か

ドレスコードとは別に良く聞かれるのが、これです。

強い日射を防ぐため男性でも何か上に着た方が無難です。水の中で着るのに一番優れているのがラッシュガードであることは間違いないでしょう。スライダーで擦れるので地元の人は大抵プール用のラッシュガードを持っています。

が、わざわざ買う必要はありません。Tシャツを着て泳げるので、Tシャツで十分だと思いますよ。

ロッカー

ロッカーはたくさんあります。

大きさは2種類あって、大が1日20シンガポールドル、小が10シンガポールドルです。何回でも出し入れできます。大は相当大きいので、普通は小で間にあうと思います。

使い方は、日本の最近のコインロッカーと同じ感じで、このような画面を操作して使います。

コーブウォーターパークのロッカー

使い方は日本語対応なので、そんなに心配しないでも使えます。一番最初に日本語を選択すれば、あとは日本語ですので、安心して大丈夫です。

ちょっと特徴的な点があるので、それだけ念頭においておいた方がスムーズかもしれません。

① 好きなロッカーを選べるわけではありません。機械が空いているロッカーを指定します。逆に言うと、空いているロッカーを自分で探す必要はありません。

② ロック(施錠)のキーは、生年月日と好きな色です。施錠時に、生年月日を入力して、6つの色の中から好きな色を登録する。開錠時には、同じ生年月日を入力し色を選択すると開錠するという、結構シンプルなつくりです。他人と被らないのかな?と一瞬心配になりますが…被らないんでしょうね。

③ 日本語翻訳が微妙な時がありますが、支障はないと思います😁

✅ ロッカーは2ヶ所あります

これが結構大事な情報です。入り口から入ってすぐ左にロッカーや更衣室があるので、みんなそこに吸い込まれて行きますが…

ロッカーはもう1か所あります。下の地図でピンクの丸を付けたところがロッカーの位置です。入り口付近だけでなく、園内にもロッカー、更衣室、シャワー室がちゃんとあります。

どっちが便利かというと、圧倒的に園内のロッカーが便利です!

ちょっと荷物をしまいたいとか出したいとか、いちいち入口付近まで戻るんじゃあ大変です。大変だからロッカーに入れずに荷物を持っていくと、今度はその見張りに気を使います。安全なシンガポールとはいえ、ここは日本ではありません。荷物をそこらへんにおいていったら盗られても文句は言えません。

それを解決してくれるのが、園内のロッカーです。波の出るプールのデッキチェアーや子ども用のプールやレストランのすぐそばという最高の場所にあるので、こっちのロッカーを使った方が断然便利です。

(また駐在員ならではの秘密をバラしてしまいました😅…。こうやってバラすと競争率が上がるので、在住者はこういう情報を結構内緒にしてたりします。すみませんね。)

着替え

更衣室もあります。更衣室内の着替える場所は個室です。日本のようにそこらへんでタオルを巻いて着替えたりしないで済みます。写真もありますけど、男の更衣室の様子とかキモいのでアップしません(笑)。男性用はとてもキレイです。

ボディードライヤーなんていうのもあります。ユニバーサルスタジオシンガポールにもあったやつですね。この中に入ってスイッチを押すと、ドライヤーの風が出て洋服を乾かしてくれるという代物です。

(写真は園内のロッカー前にあるもの。空いています🙂)

タオル

タオルの貸し出しはないので、持参する必要があります。売店で売っていますけど、1枚30シンガポールドルくらいして、高いです。

日本から持っていく?

いやいや、お泊りのホテルから持っていってください。という意味では、ホテルの連泊中にプールへ行くというスケジュールにした方がいいかもしれませんね。

デッキチェア

デッキチェアは早い者勝ちです。

しっかり遊ぶ予定なら、営業開始の10時~デッキチェア確保に走らなければいけませんが、旅行の場合は、それはしたくないかな。

園内ロッカーを使って、ウォータープルーフのスマホホルダーに大事なものを入れて過ごすくらいでいいんじゃないかな。シートをロッカーに入れておいて、休みたいときだけシートを敷いて座るなんてのもいいかも。

プールのデッキチェア

カバナ

簡易ハウスのようなやつです。ソファーチェアー・テーブル・オットマン・セキュリティボックスが設置されていて、タオル2枚と10ドルのレストラン券がついてきます。

料金は1日68ドル~128ドル。高いですね。現地の人が1日コーブで過ごすと決めた時に使うという感じ。セキュリティボックスがあるので、荷物の扱いがとてもしやすくなりますが、旅行の方は使わなくていいと思います。そのお金を他で使いましょ🙂

申し込みは入り口を入って左手のGuest Servicesというところで行います(一応)。

日本から持っていった方がいいもの

✔ 水着

✔ ゴーグル

✔  Tシャツ(ラッシュガード)

 ユニクロの合成繊維みたいな生地のTシャツもありです。あまりベタつかないので。

✔ ビーチサンダル

とかかな。としまえんのプールに行くのと同じです。

✔ タオル(泊っているホテルから持っていきましょう)

シンガポールは都市部は日本と変わらないので、これらは現地でも買えます。ただし、観光客価格で買うとあり得ないくらい高いので、日本から持っていった方がいいです。

もう一点、シンガポール旅行のためだけに用意していただきたいのが、これ。防水のスマホケースです。すでに持っている方はもちろんそれで十分です。

これがあれば、写真も撮れるし、小銭を入れて持ち運ぶにも便利です。デッキチェアの確保もそれほど気にしなくてもよくなると思います。

プールの売店でも売っていますが、3千円とかします。馬鹿らしいので、日本から持っていきましょう。

コーブウォーターパークの割引チケットまとめ

最後に、アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークの割引チケットの購入方法をまとめておきます。

スマホ決済するだけで何千円も安くなるので、事前に用意していきましょう。もったいないので。

コーブウォーターパークのチケット単独で買う場合

【ボヤジン】【KLOOK】【KKday】の3社を比較して一番安いところからチケットを買ってください。それがシンガポールで一番安くチケットをゲットする方法になります。

コーブウォーターパークの最安チケットを検索

【KLOOK】【KKday】【ボヤジン】を比較して、一番安いところから買いましょう♪

KLOOKの割引チケット

KKdayの割引チケット

ボヤジンの割引チケット

✅ ボヤジンはセール情報は必ずチェックしてください。

セール期間中であれば、ほぼ間違いなく【ボヤジン】が最安値です!

【裏技】シンガポール旅行で使える割引クーポンの期間限定セール【9月8日まで】
楽天【ボヤジン】割引クーポン配布中!クーポンコード入力で割引チケットがさらにお得!2種類のクーポンコードを使い分けてお得に旅を楽しんじゃおう!

水族館シーアクアリウムとの組み合わせチケット

アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークは、水族館シーアクアリウムとの相性バッチリです。

単独だと10%オフのチケットが、組み合わせだと18%オフ!価格的にも魅力的な組み合わせチケットがおすすめです。

鉄板の組み合わせチケット

巨大プール+巨大水族館のセット

巨大プール(アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク)と巨大水族館(シー・アクアリウム) のセット。隣接する2施設の組み合わせなので、移動もらくらく。

巨大プール&巨大水族館のセット

日本語対応/スマホ対応/購入後の日程変更可能

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加