【シンガポール】メガジップライン完全ガイド|うまく乗るには物理の知識が必要だった!

シンガポールセントーサ島のメガジップライン

出典:ボヤジン公式HP

テレビやマスコミで幾度となく取り上げられた、シンガポール・セントーサ島の人気アトラクション【メガ・ジップライン】です。何度も乗ってやっとわかった乗り方の極意を伝授します。メガ・アドベンチャー・パークへの行き方、服装や荷物の扱い、営業時間、チケットの値段、そして、割引チケットをさらに比較して一番安くゲットできる方法も。

シンガポール名物のメガジップラインをお得に楽しむために必要な情報を完全に網羅しました!シンガポールを知り尽くしたシンガポール駐在員のけんたが、またまたネットレベルを超越した最高レベルでお伝えいたします。

皆さまのシンガポール旅行が最高のものになりますように。ただそれだけを願って…

スポンサーリンク

メガ・アドベンチャー・パーク

メガジップラインがあるのは(を運営しているのは)、メガ・アドベンチャーパークというところです。以前は、メガジップライン一本で運営をしていて、名前もメガジップ・アドベンチャーパークでしたが、最近はラインナップ増強中でして、名前も変えてメガ・アドベンチャーパークとして運営しています。

人気のメガジップラインに加えて、メガバウンス(トランポリン)、メガジャンプ(ちょっとしたバンジー)、メガクライム(アスレチック)を建設。現在は合計4つのアトラクションを楽しむことができます。

【メガジップライン】が一番人気

その中でも、特に人気なのがメガジップラインです。

セントーサ島の山のてっぺんからシロソビーチの小島まで、高低差75メートル、滑走距離450メートルのロングランを最高時速60kmのジップラインで一気に滑り下ります。

海に向かってジャングルの中を走り抜けて行く、このコース設計がセントーサ島のジップラインの一番の特徴です。シンガポール湾を望む壮大な景色を楽しみつつ、海へ飛び込むようなダイナミックなジップランを楽しめるのはここだけ。

出典:ボヤジン公式HP

常にシンガポールの人気観光スポットの上位に君臨しつづける人気アトラクション、それがセントーサ島のメガジップラインです。

その存在を知ってしまったら体験しないで日本へは帰れませんよ。みんなに自慢できる絶対おすすめのアトラクションですから。

(身長制限・体重制限)

身長90cm以上、体重30~140㎏の方が利用可能(体重30㎏未満の子どもでも身長が90㎝以上の場合はタンデム(親御さんと2人乗り)でメガジップを利用できます)

その他のメガアクティビティ

メガクライム

メガジャンプ 

いわゆるバンジージャンプです。高さは15メートル。命綱がワイヤーなので落下スピードはゆっくり。

(体重制限)体重30~120㎏の方のみ利用できます。

メガクライム 

いわゆるアスレチックコースです。高さは5メートルから15メートル。結構高さがあるアトラクションですので、命綱のロープをつけて行います。

(身長制限・体重制限)身長120cm以上、体重25~120㎏の方のみ利用できます

メガバウンス 

いわゆるトランポリンです。8メートルくらいまでハネることができます。命綱付きです。

アトラクションの感じはメガアドベンチャーパークの出しているYouTubeが一番わかりやすいので、貼っておきますね。(再生の時は音量に注意してください)

※ メガウォール(ボルダリング)は現在休止中です。

チケットの値段

現地のチケットカウンターで買う場合のチケットの値段です。

アクティビティ 料金
メガジップライン 55 シンガポールドル
メガジャンプ 30 シンガポールドル
メガクライム 35 シンガポールドル
メガバウンス 15 シンガポールドル

比較して最安値の割引チケットをゲットしましょう!

ただし、シンガポールの観光スポット・アクティビティ・テーマパークのチケットを、窓口で買う人はいません。

シンガポールのアクティビティのチケットはオンラインで買うと安いというのは、言ってみれば常識みたいなもんなので、知っている人はみんなオンラインでチケットを押さえてから観光スポットに出かけます。

メールアドレスを登録をして、クレジットカードで決済すると、登録したメールアドレスにチケットが送られてくるというシンプルなやつです。

これだけのことでチケットが断然安く買えちゃいます。なので、私たちシンガポール在住者は、当然のようにオンラインチケットを利用しています。窓口でチケットを買うなんて、お金を捨てているようなもん、ありえません。それくらいの感覚です。

このシンガポールのオンラインチケットですが、これまでずっと楽天グループの【ボヤジン】という会社の独壇場でした。グーグルで検索すればいくらでもヒットする有名な会社ですし、自分もずっと【ボヤジン】を使っていました。

でも、ここへきて、エイチアイエスなどが提携している【KKday】(ケイケイデイ)やソフトバンクなどが提携している【KLOOK】(クルック)といった会社が、この市場へ参入してきて、それぞれ結構強力にプロモーションを仕掛けてきています。

老舗【ボヤジン】と挑戦者【KLOOK】(クルック)、そして【KKday】(ケイケイデイ)、3社が激しく競争しています。

ということは…

この3社を比べれば一番安いチケットを発見できる!そういうことです。

けんた
3社のチケットを比較すれば、必ず一番安いチケットが見つかりますよ

メガジップライン|最安値でチケットをゲットしよう!

【ボヤジン】【KKday】【KLOOK】を比較して、一番安いところから、最安チケットをゲットしてください♪

 

✅ 【KLOOK】が期間限定のシークレットクーポンを発行中!詳しくはこちら!(クーポン適用で圧倒的最安値!

2019年にソフトバンクと提携した【KLOOK】が期間限定の割引クーポンを配布中です。KLOOK(クルック)…凄すぎます。

【ボヤジン】のセール情報は必ずチェックしましょう。

楽天グループの【ボヤジン】の期間限定セールは強力なので、【ボヤジン】がセールをやっていたら、セール情報をチェックしてください。

最低でも500円の割引!まとめ買いなら4,000円以上の追加割引が受けられる超お得な割引クーポン!割引クーポンがあったら忘れずに使ってください。

(参考記事へのリンク)

▶【Voyagin】お得なチケットの買い方を調べる

✅ 【KKday】の割引チケット情報はこちら!

ジップライン+クライム+ジャンプのパッケージがおすすめ!

シンガポール在住者って意外と観光地へ出掛けるんです。

なんで?

家族がきたり、友達がきたり、会社の同僚がきたり、そのたびに観光地を案内するので、観光地にも詳しくなるし、もちろん安くチケットを買う方法も知っているんですね。

自分はずっと楽天【ボヤジン】を使っていましたけど、こういうチケットを出してくるのが新興勢力の凄いところです。

ジップライン+クライム+ジャンプのパッケージ。

単独料金の合計では、メガジップライン(55シンガポールドル)、メガジャンプ(30シンガポールドル)、メガクライム(35シンガポールドル)の合計120ドル分のアトラクションパッケージ。これが【KLOOK】だと、なんと53シンガポールドル、日本円で4,194円です(本記事執筆時点)。

同じセットを【ボヤジン】【KKday】も売り始めましたが、【ボヤジン】が4,762円、【KKday】が4,434円(いすれも本記事執筆時点)。【KLOOK】が4,194円なので、【KLOOK】が圧倒的最安値です。

最安値チケット情報

メガジップ+メガクライム+メガジャンプのパッケージ

メガジップライン+メガジャンプ+メガクライムの黄金パッケージ!

ジップクライム、メガジャンプ、そしてクライマックスはメガジップライン!テレビや雑誌で繰り返し取り上げられています。話題性満点です!

ジップライン【最安値】チケット(KLOOK公式HP)

日本語対応/スマホ対応/購入後の日程変更可能

【KLOOK】は激アツプロモーション実施中です。

2019年にソフトバンクと提携した【KLOOK】が期間限定の割引クーポンを配布中です。圧倒的最安値。KLOOK(クルック)…凄すぎます。

この後詳しくご紹介しますが、ジップラインの走行時間は1分くらい。

内容の充実度とは裏腹に、時間はとっても短いです。

初めて乗ると、時間をかけて装備をした割には、キャーって言って、くるくる回っているうちに、終わってしまいます😄

なので、基礎知識が必要、っというわけです。基礎知識があれば、何が起きるか分かるので、余裕が生まれますからね。

余裕ができると、遠くの海を眺めて楽しんだり、いろいろな体勢で滑り下りたり…。また違った楽しみ方をすることができます。

今回は何度もジップラインを体験して、ついに見つけたうまく乗るためのコツを後ほど伝授したいと思います。これを知っていればいきなりMAXでジップラインを楽しむことができますよ。

出典:KLOOK公式HP

メガクライム+メガジャンプ+メガジップラインのセットは、メガクライムやメガジャンプで体を慣らして、本番のメガジップラインを楽しむというのが、本当のコンセプトだと思います。

確かに徐々に高さに慣れてきますし、滑車が結構安全なことも分かってきます。

コツを知って、高さにも慣れたら、最高の1本を体験することができるに違いありません。

大自然の中をビーチに向かって滑り降りる爽快感を是非味わっていただきたいと思います。

メガジップラインの営業時間

11時~19時(最終受付18時45分)

メガ・アドベンチャーパークの営業時間は11時から19時までです。ただし、メガジップラインの最終受付は18時45分で終了します。

メガジップラインは3レーンしかなく、前の人が滑車路を完全に滑り終わってから、次の人が準備をして滑り始めるという流れなので、人が多くなると待ち時間が長くなりがちです。特に夕方は人が多くなるので、少し時間に余裕をもって出掛けた方がいいです。

メガジップラインの場所・行き方

ジップラインの受付(チケット売り場)は2ヶ所あります。

①山頂インビアルックアウトのジップラインのスタート地点と、②シロソビーチのジップラインのゴール地点です。

シロソビーチのゴール地点で受付をすると、スタッフの方がカートで山頂まで送ってくれます。

メガジャンプやメガクライムも、メガジップラインのスタート地点にあります(メガバウンスはシロソビーチのチケット売り場の横にあります)。

① 山頂スタート地点のチケット売り場への行き方

メガジップラインの山頂のチケット売り場

住所:10A Siloso Beach Walk, シンガポール 099008

グーグルマップでは、「Climb Max(アドベンチャースポーツセンター)」 と表示されています。むかーしそんな名前だったんですね。多分。

行き方・アクセス

〇 モノレール「セントーサエクスプレス」で行く方法

シンガポールセントーサ島のモノレール

シンガポール本島の始発駅「ビボシティステーション」から乗車して2駅目のImbiah Station(インビアステーション)で下車。駅からジップラインの乗り場までは15分弱掛かると思います(徒歩)。

マーライオンタワーの奥のエスカレーターで山の上へ上がります(インビアルックアウト方面へ進みます)。

インビアルックアウト行きのエスカレーター

マダムタッソ、スカイラインリュージュ、ケーブルカーのセントーサ駅・インビアルックアウト駅を通過して、最後にメガアドベンチャーパークの看板の横のに沿って坂道を上がるとチケットカウンターが見えてきます。

メガジップラインの標識

最後150メートルの坂道は結構きついかもしれません。ジップラインの性質上、高い所に登らないといけませんからね。

道中は、最初にエスカレーターがあるとはいえ、全体的に登り坂です。

〇 ケーブルカーで行く方法

シンガポールの人気アトラクション・ケーブルカーでセントーサ島へ行く

ケーブルカーの場合は、シンガポール本島の駅「ハーバーフロント駅」から乗車して、マウントフェーバーラインの終点「セントーサ駅」で下車します。

セントーサ駅を出て右へ行くと、上の写真の大きな看板が見えるので、その左に折れて坂道を登ればチケット売り場が見えてきます。

セントーサ駅からジップラインのチケット売り場までの所要時間は7,8分(徒歩)です。

〇 タクシーで行く方法

実はメガアドベンチャーの大きな看板の近くにタクシースタンドがあります。インビアルックアウトとか、ジップラインとか、言って伝わると思います。これが一番楽な行き方ですが、伝わらない場合に、場所を説明しきれないという難点があります。

② シロソビーチ ゴール地点のチケット売り場への行き方

メガジップラインのビーチ沿いのチケット売り場

グーグルマップで、メガアドベンチャーなどで検索すると出てくるのがこちらのチケット売り場です。実はここはゴール地点。

ここで受付をした場合は、上の写真にも写っているカートで山頂まで送ってもらえます。

【場所】10A Siloso Beach Walk, Sentosa Island, Singapore 099008

行き方・アクセス

〇 モノレール「セントーサエクスプレス」で行く方法

シンガポール本島の始発駅「ビボシティステーション」から乗車して終点のBeach Station(ビーチテーション)で下車します。駅からはジップラインのチケット売り場までは徒歩10分程度です。

ビーチステーションも海岸沿い、シロソビーチのチケット売り場も海岸沿い。なので、砂浜を歩くかどうかは別として、駅からは、海岸沿いをテクテク進んでいけば自然にチケット売り場に到着します。

チケットを買うと、その場で装備を着用して、それからカートに乗ってレッツゴーです。坂道を歩いて登らなくていい分、こちらの方が体力的には楽だとおもいます。

〇 ケーブルカーで行く方法

まず、ケーブルカーのシンガポール本島の駅「ハーバーフロント駅」から乗車して、マウントフェーバーラインの終点「セントーサ駅」で下車します。

「セントーサ駅」から歩いて、もうひとつ別のケーブルカーであるセントーサラインの「インビアルックアウト駅」へ移動。そこからセントーサラインの終点「シロソビーチ駅」へ。

シロソビーチ駅からは徒歩3分くらいでしょうか。ビーチにでたらすぐにチケット売り場が見えます。

ケーブルカーは、シンガポールに遊びにくる友人などにはいつもおすすめしていますが、意外と満足度の高い乗り物(というよりアトラクション)です。意外とありなので、検討してみてください。

ジップラインの注意点(服装・荷物・カメラなど)

✅ 身長・体重制限
  • 身長制限:120cm以上。90cm以上120cm未満の方は保護者の同伴が必要(2人乗りだけOK)です。90cm未満だと参加できません。

  • 体重制限:最低体重30kg ~ 最高体重140kg

✅ 服装について

ジップライン等で遊ぶ前に、装備(固定具)を装着します。

装備を前提にした服装で行きましょう。スカートやキャミソールだとヤバいことになります。

また、靴はスニーカーがいいですね。サンダル等は受付で預けさせられます(裸足でジップラインをすることになります)。ジップラインの最中に落ちたら二度と発見できないので。

✅ 荷物について

リュックやショルダーバッグなど、ジップラインの最中に落ちる可能性がないタイプのものは、そのままジップラインに乗れますが、大きな荷物は預けさせられます。

サンダルもそうですが、スタート地点で預けると、ジップラインで下に降りたあと、上のスタート地点まで、荷物を取りに戻らなければなりません。大きな荷物の方は持っていかないか、持っている方は、ゴール地点のシロソビーチ沿いのチケットカウンター(上記の②のチケットカウンター)を利用しましょう。

✅ カメラについて

落下の恐れのあるものは利用させてもらえません。

紐のついた携帯(スマホ)ホルダーが受付で売っていますので、それを買うように言われます。こんな感じのネックストラップ(首にかける紐のついたホルダー)を日本から持っていくといいでしょう(参考画像として掲載しているだけなので、ここで買う必要は全くありません)。

注意点はこんなところでしょうか。

メガジップラインの乗り方とコツを初公開!

あとはスタート台に行って滑り降りるだけ。でも大事なのは乗り方です。ジップラインを最大限楽しむにはちょっとしたコツがあるんです。

こんな感じでスタートします

装備を着けたらこのスタート台へ案内されます。

こんな感じのやぐらの最上階、4階部分スタート地点がありますので、案内されたら階段をずんずんと上がって行きます。

ジップラインのスタート台

スタート地点では、一人出発するたびにスタッフさんが新しい滑車をセットします。

この滑車に、先ほどつけた装備(固定具)をつないで滑り下りることになります。

パッケージを選んで先にメガクライムやメガジャンプをやった人は、高さにも多少なれていますし、滑車が丈夫なことも体感しているので、だいぶ余裕があるはずです。

1回勝負なので、この余裕が結構重要です。

スタート直前には、こんな感じで、吊るされた状態になり、係員のGOサインを待つ感じになります。

しっかり滑車が固定されていることを確認したら係員のGOの掛け声とともに、一気に滑車が滑り始めます。

映像の方がわかりやすいですね。スタート時の最初の15秒はこんな感じです。

シンガポール メガジップライン最初の15秒

一瞬ドキッとしますが、15秒後にはシロソビーチのキレイな景色が目に飛び込んできます。そちらは現地で体験してからのお楽しみです♪

ジップラインの乗り方のコツ

これはホントにネット初公開です(同じことをサイトに書いている人がいたら完全にパクリですね)。

何度も乗ってわかりました(逆に言うと何度も乗らないと気づかないことかもしれません)。

何がって?

実はジップラインはとっても面白いんですけど、ひとつ欠点があります。

ロープ1本で体を支えているので、そこを支点にして、結構くるくる回っちゃうんです。海側を見たいって思っても、山側向きになったりして…、体の向きも制御しにくいんです。

1度や2度乗っただけだと気づかないですね。これ。

こちらが悪い乗り方です。

こちらが良い乗り方です。

えーっ!?

上の女の子の方がしっかりロープにつかまっていていいじゃないですかー!!

ですよね。

でも違うんです。

角運動保存の法則

なんだ、なんだ⁉ いきなり物理ですか? 遊びなんだからやめてくださいよ。

大丈夫です。そんなに難しい話しじゃないです😅

どんな体制だと安定するか?回転しにくいか?という話しです。支点からの作用点までの距離が長いほど回転しにくく、短いほど回転しやすい、簡単にいうと、それが角運動保存の法則です。

ジップラインは最初は怖いので、一本のロープにしっかり両手で掴まります。そして、ギューッと縮こまるわけです。上の女の子のように。そうすると中心にどんどん力が集まって行って、結果的に回転しやすくなります。

ちょうどフィギアスケートの選手が、ジャンプをするとき腕をたたみますよね。その感じに似ています。

上の女性は実際に制御不能なほどくるくると回転し続けていました。

一方、下の写真の男性の姿勢を見てください。手を放して、足も少し中心から遠いところに置いています。こうなると、中心からの距離が長くなるので、回転しにくくなるんです。

そうすると景色ももっと楽しめるし、回転しないので、もっと余裕が出てきていろいろなポーズを楽しんだりできるというわけです。

固定具は実際はかなり安定して滑車に繋がれているので、回転さえ制御できれば、こんなポーズだって簡単にできるんです。

右の人は手を広げていますよね。これは回転を防ぐために自然とやっていることです。左の人もこのあと大きな姿勢を取ったはずです(このままだとくるくる回転します)。

いやぁ…このことに気づくのにだいぶ遠回りしました!

回転を押さえる方法がわかっているのといないのでは、ジップランの楽しみ方がぜんぜん違ってきます。回転を押さえられたら…白い砂浜に青い海、シロソビーチが本当にキレイに見えます。

メガジップラインの割引チケットまとめ

最後に割引チケット情報のまとめです。

現地で買っても料金が高いだけなので、めんどくさがらずにネットで割引チケットを買ってから行ってください。ただただ、もったいないので。

メガジップライン+メガジャンプ+メガクライムのパッケージチケット

メガジップラインとメガジャンプとメガクライムのパッケージチケットですが、現在は【KLOOK】【ボヤジン】【KKday】とも扱っていますので、3社を比べて、一番安いチケットところから買いましょう。

チケットの買い方はどのサイトでも同じです。

メールアドレスを登録して、クレジットカードで決済すると、登録したメールアドレスにeチケットが届く。そのeチケットのスマホ画面を現地の受付で見せるだけ。かんたんです。

メガジップライン|最安値でチケットをゲットしよう!

【ボヤジン】【KKday】【KLOOK】を比較して、一番安いところから、最安チケットをゲットしてください♪

✅ 【KLOOK】は10%割引!15%割引!500円割引き!とクーポン連発中です!詳しくはこちら!(メガジップラインは圧倒的にKLOOKが最安値です)

2019年にソフトバンクと提携した【KLOOK】が期間限定で割引クーポンを配布中です。圧倒的最安値。KLOOK(クルック)…凄すぎます。

✅ 【ボヤジン】はセール情報を必ずチェックしてください。

ユニバーサルスタジオコーブウォーターパーク(巨大プール)シーアクアリウム(水族館)ケーブルカーガーデンズバイザベイ、などと合わせて割引チケットを買う場合には、最大で4,000円以上割引になる強力な割引クーポンがある【ボヤジン】が最安値となる可能性が高くなります。期間限定セールの情報、割引クーポンコードは、こちらをチェックしてください!

✅ 【KKday】の割引チケット情報はこちら!