シンガポール カジノで旅費を回収する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールのカジノって有名ですよね。マカオが一番有名だと思うんですけど、なぜかシンガポールのカジノは有名。シンガポールには、カジノが多いイメージを持っている人が結構います。

なぜでしょうか。シンガポールはお金持ちの人が節税で避難してくる国だからでしょうか。個人的には、王子製紙の元会長がシンガポールのカジノで会社の金106億円をすったというという事件に関連しているんじゃないかと思ってるんですけどね。

実際、シンガポール国内には、カジノは2軒しかありません。そんなに盛んでもない、そんなイメージを持っています。(自分が行かないから、というだけの可能性もあります)

スポンサーリンク

シンガポールのカジノの場所

ひとつは、マリーナベイサンズホテルの中、もうひとつはセントーサ島にあります。

外国人は入場無料ですので、見るだけでも価値はあるんではないでしょうか。ドリンクも無料です😀。決して危ないところではありませんよ。

(実は見るだけが一番価値があるような気もします。やると負けるかもしれませんから。😁)

マリーナベイサンズのカジノ

両方とも有名ポイントですので、行き方を示すまでもないですが、一応。

ホテルロビーのあるタワー1からCasinoの案内表示に従っていけば、ものの2,3分で着くことができます。

カジノの内部は写真撮影ができないので、外の方だけ。

カジノの入り方

カジノに入るにはパスポートが必要です。

シンガポールの成人年齢21歳以上でなければ入場できません。

入場料は掛かりません。

大きな手荷物があるときは預けなければいけません。手荷物の預けにもパスポートが必要です。

前回友人を案内したときは、なぜかちょっと厳しめにチェックしようとしていていましたね。なにも起こりようがないと思うんですけどね。

カジノの中では

カジノを楽しむ人

基本的にはキャッシャー・ケージへ行って、カジノチップを購入してプレイしてください。テーブルゲームでは、テーブルにてカジノチップの購入ができますし、スロット系のゲームは現金で遊ぶことができます。終了後の換金は、キャッシャーケージへ行って行います。

カジノを見学する人

観光で入ってみるのもいいと思いますよ。タダですし。

ソフトドリンクが無料ですので、コーヒーでも飲みながら様子をみてみましょう。そうしているうちに、ビビッときたらやってもいいですしね。

禁止事項

〇 写真撮影は禁止です。

〇 不正の可能性のある行為は咎められます(手元を隠すような行為とか、荷物をディスプレイの上に置く行為とか)。

セントーサ島のカジノ

セントーサ島の入り口にある、リゾート・ワールド・セントーサという複合リゾートの中にあります。

入り口はこんな感じ。

遊び方は、マリーナベイと同じです。

カジノよりも競馬場

カジノは今のところ日本にはないので、外国気分なところも少しはありますが、屋内だからでしょうね、どうも解放感がなく、個人的にはあまり好きじゃないんですよね。

ギャンブルやって、一発旅費を回収するなら、競馬をおすすめしますね。シンガポールの競馬場にはオーナーズラウンジという結構きれいなラウンジがあって、優雅にシンガポール料理を食べながら競馬ができたりします。

えっ?シンガポールの競馬場を知らないんですか?

興味のある方はこちらに記事にしていますので、立ち寄ってみてくださいね。

▶ シンガポールクランジ競馬場 必勝!馬券の買い方

▶ シンガポールクランジ競馬場のご紹介

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加