シンガポール名物 コピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんか文字にするとコピーみたいっすね。コピって。😀

スポンサーリンク

コピってなに?

シンガポールのローカルコーヒーは、コピ(Kopi)っといいます。最初は、コーヒーのことをコピと呼んでいると思っていましたが、違います。シンガポールのローカルコーヒー、すなわち、すっごい濃くて、すっごく甘くて、すっごいミルキーなコーヒーのことを、コピ(Kopi)といいます。このコピ、正確には、マレーシアやインドネシアが発祥、もっと正確には植民地支配さえていた時代に欧米から伝わったといわれていますが、いずれにしてもシンガポールのスタンダードはこっちのあまーいコーヒーのコピです。
 甘いコーヒーはちょっと…っていう人の気持ち、理解できます。でも、このコピ、コンデンスミルクで甘ーく仕上げることを前提に、コーヒー自体を濃くとってあるので、ただの甘いコーヒーとは違っておいしいです。ぜひトライしてみてください。

味はとてもおいしいのですが、実はこのコピの作り方が問題。(っと個人的には思います)
というのは、このコピ、珈琲豆を砂糖とバター(またはマーガリン)と一緒に焙煎して、その焙煎豆からコーヒーを抽出します。それに練乳をたーっぷり加えて作ります。そう、超ハイカロリーです。なので、同僚の中には、レススウィート(甘さ控えめ)などと気持ち健康に気を配った風で注文する人もいます。

コピの注文の仕方

このコピの注文の仕方がなんか難しいってよく言われるんですけど、観光の方は別に覚えなくてもいいと思いますよ。
ホットKopi、アイスKopiで、オリジナルを楽しめばいいと思います。
一応そうゆうのがあるんだなっていうことで、以下の種類だけお伝えしておきますか。

普通にKopiといったら、
Kopi(コピ) = コーヒー + 砂糖 + コンデンスミルク が出てきます。
さっき言ったように、相当ハイカロリー、ハイシュガーです。でも、おいしいですよ。

で語尾に「O(オ)」をつけた場合は、コンデンスミルク抜きになります。すなわち、
Kopi O(コピ オ) は コーヒー + 砂糖 です。

また、「C(シ)」をつければ、コンデンスミルクが、エバミルク(無糖練乳)に変わります。つまり、
Kopi C(コピ シ) といえば、 コーヒー + エバミルク + 砂糖 になります。

で、最後に、砂糖・ミルクなしにしたい場合は、
kopi O Kosong (コピ オ コソン)といえば、OKです。

ちなみに、先の同僚が注文したような、甘さ控えめ(less sweet)は、Siew Dai(シュウ タイ)らしいです。(もういいですね。レススウィートで通じますから(笑))

なんか、ラーメン二郎の注文のような、俺知ってるぜ的な感じで、飛び込むのに勇気が要ったりしますが、観光なら遊び半分で使ってみるのもいいかも知れませんよ。

元も子もないんですが、英語で通じす。😅

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加