シンガポーリアン御用達のランチスポットをご紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職場のシンガポール人やマレーシア人とよく行くランチをご紹介しますね。

シンガポーリアンのランチと言えば、基本的はホーカーに行って、各々好きなメニューを選んで買ってくるスタイルです。

ホーカーというのは、日本でいうフードコートですかね。世界各国の料理を提供する小さいお店(屋台)が集まったところです。シンガポールのローカルフードだけでなく、中華、マレーシア、日本、韓国、インドネシア、フィリピン、タイ、それにカレー料理など、沢山の種類からその日の気分で食べたい国の料理を選択します。

シンガポールには、このホーカーがいたるところにあります。

このホーカーで最も有名なのが、以前記事でもご紹介したシンガポール最大級のホーカー「ラオパサ」。

シンガポール最大のホーカー・ラオパサでローカルフードにチャレンジ!
シンガポールの庶民の食事処といえば、「ホーカー」です。日本でいうところの、フードコートとか屋台村とかでしょうか。ラオパサはその代表的存在。シンガポールのローカルフードを食べたければ、まずは「ラオパサ」へ行くしかないでしょ!

シンガポールに赴任してきた当初はよく行きましたが、昼はものすごく混んでいます。でも最近そのお客さんのほとんどが、外国人(シンガポーリアンにとって)だったんだと気づきました。というのも、シンガポーリアンにとって、「ラオパサ」は観光地的な扱いのようですね。料金もちょっと高いので、近くで働いていたとしても行かないとシンガポーリアンの同僚は言っていいました。(といっても、ヌードル1杯1ドル安いか高いかという程度の違いです。毎日行く人にとっては、1ドルも大きな違い。1ドルであっても高いし、おまけに混んでるんじゃあ、まあ敬遠しますよね。)

堅実なシンガポーリアンはそんな観光地ホーカーに引っかかることなく、賢く地場のホーカーで、安くて美味しいものを食べます。

その一つがここです。

スポンサーリンク

メルベンシグネチャー(Mellben Signature)

 

よく行くのが、ここ。龍海鮮螃蟹王 メルベンシグネチャー(Mellben Signature) です。

メルベンシグネチャーというのは実は知る人ぞ知る、チリクラブの名店。ここには、お店のほかにも小さなお店を何店か営業していてるので、規模は小さいもののメニューの選択に困ることはありません。どのお店もなかなかおいしいし、値段もローカル価格で財布にも優しいですね。日本人はほとんど見かけません。

行き方

最寄はタンジョンパーガー駅。駅から徒歩5分くらいでしょうか。

けいすけグループの「豚骨王」や「餃子王」の前を抜けた目の前にある、横断歩道を渡り、右手に洋風のレストランバーを見ながら進んでいき、左手に駐車スペースがあるとことの右側に狭い入り口があります。(シンガポール在住の人向けの説明)

観光の方は、タンジョンパーガーロードのアマラホテルを目指していただき、あとはグーグルマップで気合で見つけていただくしかないというくらい、ちょっと目印がないです。上記の「豚骨王」や「餃子王」というお店は、看板も大きいし、のぼりも出していて目立つので見つけられると思います。

ローカルらしいランチのほか、ここのチリクラブをシンガポールNo.1という人もいるくらいなので、ディナーに来てもいいと思います。トライする価値、あります。

本当のローカルフード

あえて本当の、と付けました。まさに地元の人が好むメニューだからです。

トムヤム・バンメン

毎日のように食べているのが、このトムヤムバンメン。

トムヤム(辛いものの代名詞なんでしょう。トムヤムクンのようなすっぱさは一切ありません)+バンメン(板麺。想像の通り平打ちの面です。正確にはビャンメンのような発音のようです。)

板麺は、サイトではあまり紹介されませんが、ローカルの一番好む麺だと個人的には思います。麺はきしめんのようですが、きしめんよりは薄く、食感は、ほうとうのようにモチモチです。辛めのスープとの相性がいいので、おすすめはこのトムヤムバンメン。4.3ドル。(先日4ドルから微妙に値上げしました)

そして、毎日のようにこれを頼んでいるのに、決して顔と注文を覚えようとせず、トムヤムバンミィエンと2回言わせる、このおばちゃんも、紹介せざるを得ません。

次課長河本です。完全に。

他にも、メルベンシグネチャーには美味しいランチがたくさんあります。

特にローカルヌードルが最高!ランチにローカルを食べたくなったら、断然ここがおすすめ。

【シンガポール】シンガポーリアン おすすめヌードル 5選
同僚のシンガポール人とヌードルのベスト5を選定しました。人にすすめるためではなく、自分が食べたいヌードルベスト5です。シンガポーリアンが好きなヌードルと言ってもいいかもしれません。興味深い結果になりました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加