シンガポールの物価は日本の倍以上!? 加工食品編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールの物価は日本の倍以上!? 生鮮食品編 に引き続き、加工食品編です。

加工食品の方が、比較的日本での価格をイメージしやすいでしょうか。大体3倍くらいでしょうかね。

前回同様、円表示は1シンガポールドル=80円で計算しますね。

スポンサーリンク

おかし 系   

スナックは安め。それほど高くないのが、カール1.70ドル(136円)。明治さんありがとうございます。でも、かっぱえびせんは2.90ドル(232円)。ちょっと買うのを躊躇します。

歌舞伎揚げになると、6.90ドル(552円)。小梅ちゃんも、4.80ドル(384円)。ちょっと手が出ません。😬

日本のおかしは、おおむね日本での価格の3倍弱っという設定が多い気がします。

セブンイレブンでも。100円コーナーのものと思われるおかしが、3.80ドル(304円)。簡単には手が出ません😁。

ラーメン 系

赤いきつねと緑のたぬき。定番ですねが、3.60ドル(288ドル)とちょっと手が出しにくい値段設定に。

カップヌードルは、4.30ドル(344円)。いやぁ、買えますけど、カップラーメンで安く上げようとしているのにねぇ、って感じです。日本のセブンイレブンで350円で売っていたら目ん玉とび出しますよ。😁

一平ちゃんも、3.60ドル(288ドル)。うーん。

インスタントのラーメンはどうかというと…

サッポロ一番5袋入で、9.90(792円)。マルちゃん正麺5袋入だと、10.80ドル(864円)。

インスタントの袋ラーメン。完全に食費を抑えるためのアイテムだと思っているんですが…。

カレー 系

日本式のカレーも食べたくなる時あるんですよね。でも、カレーのルーは、5.20ドル(416円)とか5.50ドル(440円)とか。日本だと100円ちょっとじゃなかったでしたっけ?

材料も買ったら、2000円くらい行っちゃうんじゃないでしょうかね😮

レトルトカレーも5.40ドル(432円)とか。レトルトで済ませても、あまり節約になりません。

さとうのご飯は4.90ドル(392円)。レトルトカレーとセットで買ったら、もはやファーストフードよりも高いんじゃないでしょうか。

その他の加工食品

この辺の手抜きアイテムでさえも、4.45ドル(356ドル)。必要な野菜やお肉を買ったら、外食ができるかも、っというレベル。

パスタで済ませても、ソースだけで、4.60ドル(368円)。とほほ。

シーチキンは、4缶で15.00ドル(1,200円)。😲 

飲料 系

午後ティーは2.90ドル、おーいお茶は3.35ドル。

500㎖のペットボトルはいずれも250円前後。

 

日本の価格の2倍くらいでは驚かなくなりましたね。😁

中国産でよければ安いものがあるものもあります。でも、やっぱり日本の味が懐かしくなるし、品質的にも安心ですもんね。

日本の人事のみなさん。シンガポール駐在員のお給料を上げてあげてくださいね。何卒よろしくお願い申し上げます。🙇😄

生鮮食品も強烈に高い!

シンガポールの物価は日本の倍以上!? 生鮮食品編
シンガポールの物価って高い?その答えがここにあります。現地駐在員がお伝えする驚愕の真実(写真付き)。これは、もはやホラーです。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加