シンガポールのコンセントは日本と同じ形ではありません。

いやいや普通に生活していると気づかないもんですね。大事な情報をお伝えするのを忘れていました。

シンガポールのコンセントの形は日本と同じではありません。なので、スマホのUSBコードを差す四角いアダプター、使えないかもしれません。

大きなホテルでは、おそらく日本のコンセントの形にも対応しているか、アダプターの貸し出しを行っているか、しているはずですので、アダプターを用意しなくても大丈夫な可能性が高いですが、充電ができないと困ることもあるかもしれませんので、念のために用意していった方がいいと思います。

こう書いていて、かくいう自分も、アダプターが無くて困ったこまったことがありました。

シンガポールでの話しではなく、インドネシアに行ったときの話しです(インドネシアのコンセントの形は、日本ともシンガポールとも違います)。海外に行っても、少なくともホテルで充電に困ったことは無かったので、実はそれまでは海外出張や海外旅行に行くとしても、行き先の国のコンセントの形状を気にしたことはなかったのですが…。インドネシアの空港で飛行機が遅延して長いこと待たされた時、ラウンジのコンセントの形状があわず、充電ができないということがありました。待ち時間が長かったので、スマホの充電は必須。ラウンジなので、カウンターで聞いたら貸してくれましたが、1度目はお客さんの忘れ物らしきものを、2度目は受付のお兄さんが友達から借りてきて貸してくれました。どちらも、カウンターの人が親切でなかったら、それまでだったような感じです。

と前置きが長くなりましたが、まずはシンガポールのコンセントの形状から見ておきましょう。

スポンサーリンク

シンガポールのコンセントのかたち

シンガポールのコンセントは「BF」という形状で、日本のコンセントは「A」という形状です。

こんな感じ。

【シンガポール】

【日本】

なんか冴えない写真ですみません😅。画像で見るほどのことでもなかったかも。

絵で示すなら、

シンガポールの「BF」形状がこんな感じ。

で、日本の「A」形状がこんな感じです。

いやぁ、もっと冴えないですね😂。

でもこれ、結構大事なことが隠されています。シンガポールのコンセントは3つ穴で、そして、横並びの2つは、縦の長方形ではなく、横の長方形。日本のは、縦の長方形ですから、日本のコンセントは差し込むことさえできません。

海外では3つ穴のコンセントでも、2つ穴のコンセントが差し込めることがありますよね。こんな感じの。

これなら日本のコンセントも使えるんですけど。シンガポールでは、がっちり「BF」形状の3つ穴タイプが多い気がして、アダプターがないと日本の家電が使えないケースが多いですね。

コンセントは英語ではありません

いやいや、ここまでコンセントと言っておきながら、すみません。しかも、実は(差す方と差される方の)どっちがコンセントだっけ?と悩みつつ…。(でも、この後も、コンセントの方が分かりやすいと思いますので、コンセントで進めていきます😄)

知っている方も多いかもしれませんが、コンセントって英語じゃないんですね。

なぜこんなことを書いているかというと、日本から持ってきたシェーバーなりスマホの充電器なりを、シンガポールのホテルで使えないときに、コンセントの場所とかアダプターとかを頼んむことがあるかもしれないなと思いまして…。

コンセントの受ける側(壁についている差し込み口の方)は、英語では、アウトレットとかソケットとか言います。

アウトレットとソケットの違いは、アウトレットはアメリカ英語で、ソケットはイギリス英語という方もいますし、アウトレットはソケットよりも広い意味あいがあるという人もいますが、どちらでも通じるとおもいます。

自分は、マレーシア人の同僚にアウトレットと言って通じず、ソケットと言ったら通じた経験から、今では基本的にソケットを使っています。

コンセントの差す側(家電製品についている方)は、英語では、プラグと言います。

で、本題はこれ。変換アダプターです。

 

英語では、プラグアダプターとか、コンバージョンアダプターとか。アダプターだけでも、通じるでしょうね。

ということで、ホテルで万が一コンセントの形状が違って日本のコンセントが差し込めないときには、フロントに行って、ドゥー ユー ハブ (アン)アダプター? と聞きましょう。何のアダプターだ?って気の利かないことを言う奴だったら、フォーチャージングでも、フォープラグっとても言ってあげましょう。スマホを水戸黄門のように見せても分かってもらえるでしょう・

ちなみに、これは、チャージ(ング)ケーブル。

シンガポーリアンの同僚はチャージャーと呼んでいますので、流されやすい自分は、彼らに合わせてチャージャーと呼んでいます😄。

変換アダプターを用意したほうがいいかも…

やっぱり、1個くらいはアダプターをバッグに忍ばせておいた方がいいかもしれません。

自分もこんなのを持っています。

これは、いろいろなコンセント形状に対応できるタイプ。ちょっと大きいですが、旅先ごとにコンセント形状を気にしなくていいので、これが便利だと思います。大きいといっても5センチくらいの立方体くらいの大きさですし、素材はほとんどプラスチックなので重くもありません。

コンセントに差し込むと、こんな感じでちょっとゴツいですけど。

でも、今は旅先で、スマホを使って情報を得ることも多いですし、グーグルマップなんかもよく使いますから、特にスマホのバッテリ切れは痛いですよね。万が一のために仕込んでおいたほうがいいと思います。

商品の紹介は、楽天やアマゾンのサイトの方が分かりやすいので、リンクを貼っておこうと思って検索したら、同じようなタイプで、さらにUSBポートもついているアダプターを発見しました。

これはいいですね。完璧です。

本当は、シンガポール以外の国についても、それぞれのコンセント形状の情報をご提供しようと思っていたのですが、そんな情報はもう必要なさそうですね。

このアダプターがあれば、どんな形状にも対応できるますもんね。😄
タイトルとURLをコピーしました