クアラルンプール|インスタ映えのインフィニティプールは【フェーススイーツ】一択の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マレーシア・クアラルンプール、KLCCエリアには、有名なペトロナスツインタワーとKLタワーが見えるインフィニティプールがあるホテルが人気らしい。シンガポールのマリーナベイサンズのインフィニティプールのような夜景をバックにプールで写真を撮りたい…。

でもなんだかたくさんあって分かりにくい…どのホテルがいいのかな。

ここまできた方は、クアラルンプールのホテルをかなり研究した方だと思います。答えは【ザ・フェーススイーツ・クアラルンプール】一択です。その理由をお答えしましょう。

スポンサーリンク

KLCCエリアのインフィニティプールは実は1つだけ

KLCCエリアで、ペトロナスツインタワーとKLタワーが見えるインフィニティプールのあるホテル、ホテル予約サイトで調べてみると、たくさんヒットするんですよね。どれもキレイなインフィニティプールがあって、部屋も広くて、キレイそう…。料金もリーズナブル。

自分もこのサイトでホテルを紹介するにあたっては、過去の膨大なクアラルンプール滞在経験・宿泊経験もさることながら、英語のサイトも含めて相当なリサーチをしています。

どこのホテルなら、日本の方がクアラルンプールの旅を楽しめるか、クアラルンプールの出張を安心して過ごすことができるか、ちゃんとお伝えしなければいけないと思っているからです。

調べて行く中で、1つだけわからないことがありました。

ペトロナスツインタワーの眺望がいいインフィニティプールを備えたレジデンスタイプのホテルがいくつも出てくるんです。そんなにあったっけ?

答えはこれです!有名なインフィニティプールがあるところのグーグルマップです。

このひとつのサービスアパートメント※の中に、いろいろな名前のホテルらしき名称がたくさん出てきます。

※ サービスアパートメントとは、ホテル並みのサービスが付加された住居のことで、かなりグレードが高い賃貸住宅のことをいいます。

実は、ここに出てくるホテルらしき名称は、部屋単位を買い上げて、貸している運営会社(オーナー)の名前です。

例えば、全館で500室あるサービスアパートメントのうち、20部屋を買い上げて「〇〇アットプラチナムスイーツ」とかいう名前で営業をしているんですね。そういう会社がいくつもあって、それぞれが、このビルの屋上51階にある1つのインフィニティプール(共有)を違う写真を使って予約サイトに掲載している。

これが、きれいなインフィニティプールのあるホテルがいくつもあるように見えるカラクリです。

なんだ、ぜんぶ同じプールか…

じゃあ、どこで予約しても同じですね…。と行かないのが、また難しいところ。

インフィニティプールが無かったらとっくに切り捨てているところですが、ここのインフィニティプールは、クアラルンプールNo.1の景色が味わえるプールなので、そうもいかない…

悩ましいところです。もう少し研究をつづけます。

プラティナムスイーツとフェイススイーツがある

実はこのサービスアパートメントはグーグルではプラティナムサービスアパートメント(Platinum Service Apartment)と表示されていますが、2つに分かれています。

ひとつが「プラチナムスイーツ」。もうひとつが「フェイススイーツ」です。同じ建物です。

プラチナムスイーツの方が部分貸し、部屋の所有者の立場からは、つまるところ投資案件ですね。

フェイススイーツの方は、フロントデスクを構えてホテルとして営業しています。

この違いがとても大きいんです。

プラチナスイーツはおすすめしません!

世界最大のホテル予約サイト「アゴダ(Agoda)」でPlatinumとか、プラチナとか、プラチナムで検索すると、似たようなインフィニティプールの写真を掲載したホテルが山のように出てきます(もちろん、Expediaなどのホテル予約サイトでも同じように、山のように出てきます)

こんな感じです。これがすべてプラチナムスイーツの方の部分貸し運営会社です。

デファイス プラチナ スイーツ (Agoda公式HP)

ザ プラティナム アット KLCC バイ MO(Agoda公式HP)

プラチナム スイーツ KLCC バイ パイン ラグジュアリー レジデンス (Agoda公式HP)

ビクトリア ホーム プラチナム スイーツ クアラルンプール(Agoda公式HP)

サバ スイーツ アット プラチナム KLCC ブキビンタン(Agoda公式HP)

ガーデン スイーツ アット プラティナム フェイス(アゴダ公式HP)

LUME @ Platinum Suites Kuala Lumpur(アゴダ公式HP)

Platinum Suites KLCC by SkyBay 336(アゴダ公式HP)

プラチナム スイーツ KLCC(アゴダ公式HP)

ガリポリ プラチナム レジデンス クアラルンプール(アゴダ公式HP)

7Stonez Platinum Suites Luxury 2BR Kuala Lumpur(Agoda公式HP)

何も知らないと、写真の写りとか、ロケーションとか、クチコミとかで比較して、納得して予約してしまいそうですが、ちょっと待った!です。

これらは、すべて部屋貸しの運営会社(オーナー)です。これは意外と大きな問題です。

✔ 部屋のクオリティに統一感がない

ホテルではないので、部屋のメンテナンスのレベルはバラバラ。普段使いしている部屋を空いている時だけ貸している人だって居るかもしれません。

(個人で貸すだけでなく、まとめて扱っている会社に委託する方法もあるでしょう)

メンテナンスだけでなく、ベッドの質だってオーナー任せだし、シーツだって、枕だって、ソファーなどの家具類もオーナーの好みで決定します。コストを抑えたいオーナーなら、イケヤで買った家具を使っているでしょう。

この辺の統一感がないのが欠点その1です。快適な部屋かもしれないし、そうじゃないかもしれません。

✔ ルームクリーニングがない。タオルの交換がない。などなど

ホテルじゃないので、これも運営会社(オーナー)任せ。ルームクリーニングを毎日するかもしれないし、しないかもしれない…。これじゃあ、疲れちゃいます。

✔ チェックインカウンターがない。

これも違和感が大きいです。ホテルに着いたら、運営会社(オーナーまたは代理人)を呼び出して、ルームキーの引渡しをするという感じ。誰かに部屋を借りてる感…ちょっと疲れますよね。

オーナーは、中国人だったり、シンガポール人だったり、インド人だったり、日本人だったり、西洋人だったり…。文化の違いもあるので、写真の違いと実物との違いとか、どれくらい許されないと思っているのかわからないですし、清潔感の度合いだって違うじゃないですか。

しかも、ここはマレーシア。ちょっと信用できないですね。

ということで、プラチナムスイーツの方は全部却下です

どんなに評価が良くても、どんなに写真が良くても、です。ちゃんとしたホテルとして運営していないので、危険です。

インフィニティプールからの眺めがキレイすぎて、部屋はものすごく広いので、多少の不便さや部屋の欠点には目を瞑って、宿泊者の評価点も高くなりがちです。日本人以外はその傾向が結構強いですし。

アゴダの評価が高くなりがちなこと、それがまたまた危険です。

フェーススイーツがおすすめです!

部屋貸しのプラチナスイーツと違い、フェイススイーツは、フロントデスクを構えてホテルとして営業しているので、上記のようなプラチナムスイーツの部屋貸し運営会社の欠点はほとんど無くなります。

インフィニティプールからは、正面に左手にペトロナスツインタワー、右手にはKLタワーという、スペシャルな眺め。

ペトロナスツインタワーとインフィニティプール!クアラルンプールで最高のインスタスポットです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

💧INFINITY POOLS💧(@infinity_pools)がシェアした投稿

ちなみに、このプール、生意気にも(笑)、シンガポールのマリーナベイサンズのマネか、宿泊者以外は立ち入り禁止です。

部屋も1ベッドルームスーペリアで83㎡とものすごく広い。普通にちゃんとしていれば2016年改築なので、キレイで使いやすいはず。キッチンもついて、リビングルームあって、ゆったり過ごせるはず…

ペトロナスツインタワーまでも歩ける距離だし、モノレール乗り場までは100メートル。移動にも便利ななかなかいいホテルのはず…

ちゃんとしていれば、観光に是非使いたいホテルなんです。

ただし、宿泊する場合は、フェイススイーツ一択です。

他の業者がいくらキレイな写真を載せていても無視です。プールの写真は参考になるので、それぞれのページを覗いてみるのはいいと思います。ついでに宿泊者のレビューも読んでみてください。ネガティブなコメントも結構あります。

デファイス プラチナ スイーツ (Agoda公式HP)

ザ プラティナム アット KLCC バイ MO(Agoda公式HP)

プラチナム スイーツ KLCC バイ パイン ラグジュアリー レジデンス (Agoda公式HP)

ビクトリア ホーム プラチナム スイーツ クアラルンプール(Agoda公式HP)

サバ スイーツ アット プラチナム KLCC ブキビンタン(Agoda公式HP)

ガーデン スイーツ アット プラティナム フェイス(アゴダ公式HP)

LUME @ Platinum Suites Kuala Lumpur(アゴダ公式HP)

Platinum Suites KLCC by SkyBay 336(アゴダ公式HP)

プラチナム スイーツ KLCC(アゴダ公式HP)

ガリポリ プラチナム レジデンス クアラルンプール(アゴダ公式HP)

7Stonez Platinum Suites Luxury 2BR Kuala Lumpur(Agoda公式HP)

ホテルはそこに構えて、逃げも隠れもできないから、信用できるのであって、扱っている部屋がその時々で変わるような業者は信用できませんよね。

唯一、ザ・フェーススイーツだけは、館内にフロントデスクを構えて、ホテルサービスをしています。その分料金は若干高くなりますが、それでもこの値段です。

ザ フェーススイーツ クアラルンプール 

8.9  ¥8,980~

場所:KLCC

2016年改装/ペトロナスツインタワーまで860メートル/屋上インフィニティプールからの眺望/60㎡以上の広い部屋

このホテルの詳細はこちら

▶ 料金と空室状況を検索【Agoda】

料金と空室状況を検索【Expedia】

ペトロナスツインタワーとKLタワーが両方見えるインフィニティプールがあるホテルを予約する場合は、ザ・フェーススイーツ一択。これがその理由です。

快適なクアラルンプール旅行にするために、絶対に間違いないようにしてくださいね。

ザ フェーススイーツ クアラルンプール

こちらが、KLCCのおすすめホテル紹介記事で書いたコメントです。文章の質感が少し変わりますけど、特徴をしっかり説明しているのでお許しください。

ペトロナスツインタワーからは860メートルと少し離れますが、離れた分、ホテルからはペトロナスツインタワーを含めたクアラルンプールのダウンタウンを一望できます。

特に51階にある屋上インフィニティプールからは、ツインタワーとKLタワー、両方が輝くクアラルンプールの最高の夜景を見ることができます。

部屋は最小でも60㎡以上の超広々設計。レジデンスタイプなので、全室簡易キッチン付きです。

ホテル並みのサービスとホスピタリティ溢れるスタッフの対応も高評価のホテルです。知る人ぞ知る、クアラルンプールの穴場ホテル。

難点は予約が取りにくいこと。予定の日に空きがあったら予約を検討しておきたいホテルですね。

ザ フェーススイーツ クアラルンプール 

8.9  ¥8,980~

場所:KLCC

2016年改装/ペトロナスツインタワーまで860メートル/屋上インフィニティプールからの眺望/60㎡以上の広い部屋

このホテルの詳細はこちら

▶ 料金と空室状況を検索【Agoda】

▶ 料金と空室状況を検索【Expedia】