栗は英語でマロンじゃない(シンガポール駐在員の気づき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんちは!けんたです。

このブログサイト「あじあ」も皆様にかわいがっていただいて、やっと軌道にのってきました。まだまだ書きたいことはたくさんあるんですが、ブログらしく日常的な気づきも入れていきたいと思っていたんですよ。ずっと。

海外駐在していると、とうしても旅行に来る方が知りたい現地情報のニーズが高くて、どんどん旅情報が多くなってしまったんですけど。みなさんに役に立ったよって言われるとうれしいので、ついつい。

しかもちょっと凝り性なところがあるので、軽い気持ちで書き始めたら、やたらとボリュームが増えちゃたりして😅

皆さんに役に立つ情報を発信するという意味で、このサイトのスタンスは変わらないのですが、せっかくなのでちょっと雑談系、知識系みたいなのも入れていきたいなと。

ということで、突然東南アジアに似つかわしくない栗がトップ画像、栗のお話しでもしたいなと思うわけです。

栗は英語でマロンじゃない!

さてさて、先日マレーシアン人の同僚と話をしていて、マロンケーキといったら通じなくてビックリした話しです。

私たち日本人はカタカナだと英語だと思うじゃないですか?自分もそうなんですけど。

英語で話しをしているとこには、一瞬でいろいろなことを考えているもんでして、こんなモンブランケーキをイメージしながら、「栗って英語でなんていうんだっけ?モンブランは山のことだしな…マロンか!」なんて考えているんですが、まさかのマロンが通じないとは。

シンガポールで英語を話していて、意外とやっかいなのが、相手の英語レベルがそれほど高くなく、自分が必ずしも間違っていないということがあること。

例えば、水曜日は、Wednesday、ウェンズディですよね。これをウェドネスデイと発音するマレーシア人や中国人が何人もいましたね。日焼けのTanも発音が悪くて通じないのかと思いきや、スペルを見せても知らなかったり。インフルエンザもしらなかったですね。ちょっと思い出すだけでも、そういうことがたくさんありますね。常夏の島シンガポールの日常であまり関係のないものの英語ってしらないことが多いのかなと。

さて本題のマロンですが、そういった傾向からするとシンガポール人やマレーシア人が知らないなんてこともあるのかと思いきや…

マロンは英語じゃなかったです。フランス語です。しかも、フランス語の栗でもなかったです。

マロンは、フランス語で栃の実のことだそうです。

おねえさん
ということは、マロンケーキって…栃の実ケーキってことですか?

まあ、吹き出しを使いたかっただけですけど😂

栗は、英語で、chestnut(チェスナッツ)です。

そうなんです。まあ、たしかに栗もナッツですよね。私たちにとってはもうちょっと甘ま~い高級なイメージがあるのですが。

おねえさん
ナッツですか

なんか知らない方が良かったような英語Tipsだったかも。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加