移転価格税制ってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほんとにヤバい!これシンガポールに関する情報か?

シンガポールの情報 → シンガポールのビジネスに関する情報 ってやってたら、なんと移転価格税制にまで入ってきてしまいました。だれも見ないかも😄

でもなーんとなくうまくまとまっちゃったんで、投稿しちゃいます。もし関係がある人がいたら、移転価格税制のさわりを理解するのにはとってもいい内容になったと思いますので。

ここまで知っているとは…けんた、お前何者だ!?まあ、だれも読まないからいっか😃

偶然読んだ方のお役に立てたらと思います。

いてんかかくぜいせい?移転価格? なんだか難しそうですね。

要は、低税率の国の会社で利益が出るように、グループ会社間の取引価格を操作することを規制する制度ですね。

スポンサーリンク

まずは簡単な具体例でみてみましょう。

日本の会社では、通常原価80万円の商品を100万円でタイに売っていたとします。利益は20万円ですから、法人税等は6万円くらいでしょうか。(法人税等の税率が30%と仮定します)

ここでシンガポールの子会社を作って、シンガポールに原価のまま(利益なしで)80万円で売って、それからタイに100万円で売ったとします。そうすると、日本では利益がなくなりますから税金がゼロ。一方シンガポールでは利益が20万円発生してそれに税金が2万円くらい(税率を10%と仮定します)になります。

グループ全体でみると、日本からタイへ直接売っていた場合には、日本で税金6万円が発生していたのに、シンガポールに通常よりも安く売ってからタイへ売った場合には、日本では税金がなくなり、シンガポールでの税金が2万円、トータルの税金は2万円となり、4万円も税金が安くなります。

税金は少しでも安い方がいいので、こういうスキームは経営者なら誰でも考え付くでしょう。グループ会社相手だから価格も自由に決められますし。しかし、これでは日本の税収が減るばかりです。

日本政府としては、適正な価格で取引して、然るべき税金を日本で納めてほしいわけです。これが、移転価格税制の基本的な発想です。

これを専門家が説明すると…

これのような取引を防止するための制度を税務専門家が説明すると、「海外に所在する国外関連者との取引価格を操作することによる所得の海外移転を防止するため、その取引について第三者との取引価格、すなわち、独立企業間価格を用いて所得を再計算し課税する制度」すなわち「移転価格税制」です、ということになります。

急に取っ付きにくなります。が、制度の土壌は上の簡単な例の通りなので、大事なことは、その基本的な発想からくる税務当局の懸念を満たしてあげるように対策していくというっということです。利益(所得)の付け替えなんかしてませんよっということを証明しておくわけです。

定義するのはいいですけど、定義の中の言葉がわからない。そうなんですよ。だからその言葉を紐解いていかなければいけませんね。

永遠のループにハマりそう😩

次のページからは、そのわからない言葉2つ、国外関連者と独立企業間価格を解説していきましょう。

~参考情報~

シンガポールの常連がリピートする|ビジネス出張のためのホテル10選
ほんとうは教えたくないシリーズ!たくさんのビジネス出張者をアテンドしてきたシンガポール駐在員が、常連出張者がリピートする...

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加