3分でできる無料のヤフーメールアドレスの作り方|わかりやすく書きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフー(yahoo)メールは、無料(フリー)ですし、簡単に作れるので、いくつかアドレスを用意しておいた方が便利です。

webメールなので、インターネットにつながって、ヤフーのHPにアクセスができれば、デバイスや場所を選ばずメールのチェックができます。アウトルックだのファイヤーフォックスだの、面倒な手続きは必要ありません。つまり、今からお教えする方法でメールアドレスを作ったら、その瞬間からメールを使うことができるんです。

もちろん、iphoneやandroidスマホ用の専用アプリもあるので、利用頻度が高くなれば、それらのアプリを落としてさらに快適に利用することもできます。

スポンサーリンク

ヤフーメールのアドレスを複数作っておいた方がいい理由

① メールアドレスは無料

ヤフーメールは無料です

これが一番大事ですね。ヤフーのメールアドレスはいくつ作っても無料です。

容量は2Gで、利用状況に応じて上限10Gまで拡大します。文字だけのメールならいくら使っても容量オーバーなんてことにはならないと思います。

② 作り方は超かんたん

とっても簡単!3分あればだれでも作れますよ

所要時間は3分。特段の個人情報の登録は必要ありません

特段の個人情報を入力しなくても、新しいメールアドレスをどんどんつくることができますよ。

③ メールアドレスの使い分けができる

メールがスッキリ!目的によってアドレスを使い分けできます。

これが、複数のメールアドレスを持つことをおすすめする最大の理由です。複数のメールアドレスを持っているとアドレスの使い分けができます。

メールアドレスを記入するときの心配事ってなんですか?多くの人は、個人情報の流出だったり、それにともなって迷惑メールがたくさん届いたり、ということじゃないでしょうか。

ヤフーメールを複数持っていれば、そういう心配はほとんどなくなります。なぜなら、もしちょっと心配な登録先があった場合には、それ用のメールアドレスを使うだけですから。そのメールアドレスは、普段は使わないので、メールアドレスが流出しようが、迷惑メールがこようが関係ないですんですね。

例えば、わたしはこんな使い方をしています。

アドレスその1:よく使うサービスの登録用

アドレスその2:楽天用

アドレスその3:メルマガの登録用

アドレスその4:アプリ登録や懸賞登録など

アドレスその5:一時的な業者との連絡など普段は使わないメールアドレス

こんな感じです。

アドレスその2の楽天用とか良くないですか?わたしは、旅行で空港ラウンジがタダで使えるプライオリティパスが付帯している楽天カードのユーザーなんですが、楽天のサービスって、メルマガ登録が前提になっているのが多いですね。というよりほとんどすべてって感じで、どんどんメルマガが着ます。あとでメルマガ解除をすればいいだけですが、これも面倒です。

でも、ヤフーの無料メールアドレスを使って楽天の会員登録をしているので、普段楽天のメルマガを目にすることはないですね。このメールアドレスはほとんど開けません😁。

試しに使ってみたいアプリの登録とか、インターネットのサービスの会員登録にも重宝します。「登録は無料です」なんて言われも、メールアドレスは教えたくない時ってありませんか。あとからいろいろお知らせメールが送られてきても迷惑なので。

そんなときも、無料のヤフーメールなら安心です。いわゆる捨て垢(捨ててもいいアカウント)ですから、仮に運営会社が変な業者だったとしても、こちらとしては痛くもかゆくもないですもんね。

という感じで、ヤフーメールを複数つくるメリットは結構あります。無料だし、かんたんに作れるので、前提複数持っておくことをおすすめします。

とってもかんたんなので、本当はあまり説明はいらないのですが、以下でヤフーメールの新規作成方法を紹介していきたいと思います。

画像を使って丁寧にご説明します。この手順通りに進めていけば誰でも簡単にメールアドレスを作るれますよ♬

ヤフーメールの新規作成方法 簡単な方法はコレ!

(ステップ1)メールアドレスの新規作成ページへ

まずは、「ヤフーメールの新規作成ページ」(以下リンク先)に移動して、「今すぐメールアドレスを作る」をクリックします。

Yahoo!メール

(ステップ2)必要事項を入力する

✅ 「メールアドレスなしで登録する」を選択する

必要情報入力画面に移行するので、まず1番上にある「メールアドレスなしで登録する」をクリックします。

(ヤフーのメールアドレスの新規作成には、他のメールアドレスは必要ありません)

✅ メールアドレスなしの登録画面で必要事項を入力する

このページで必要事項をどんどん入力していきます。入力が必要はのは10項目です。

① ヤフージャパンID

過去に誰かが使っていなければ自分の好きな文字を設定することができ、これがヤフーのIDとなるとともに、メールアドレスにもなります。

例えばヤフーIDをhanakoとすると、メールアドレスは、hanako@yahoo.co.jpとなります。

好きな文字を設定できるのですが、既に誰かが使っている文字は使えません。hanakoはすでに誰かが使っていて、新しいIDとして使えないけど、hanako777だったらOKみたいな感じです。

これが意外と楽しいくて、時間がかかります。

(メールアドレスは、ほんとうに1分でつくれますが、ここで楽しんでしまって時間を使った場合は、それ以上かかります。悪しからず😄)

ただ、好きなアドレス選定を楽しんでいただいてもいいのですが、実はあまり気にしないで作ってしまった方がいいですね。忘れにくいとか、入力しやすいとか、そういう視点で選定してください。メインで使うわけではないので。

② パスワード

ヤフーのサイトにログインするときに使うパスワードです。6~32文字の好きな「半角英数字・記号」で自由に設定できます。これも、メインで使うアドレスではないと思いますので、忘れにくさや入力のしやすさをメインに考えて行けばいいと思います。

パスワードの安全性は入力時に表示されますので、安全性を高めたければ、記号を入れたり大文字をいれたり工夫してみると良いと思います。

IDとパスワードはどこかにメモしておくのをお忘れなく!
③ 郵便番号

住んでいる地域の郵便番号を入力してください。実際と違う情報を入力しても、その後のメール運用に支障をきたすことはありません。

④ 生年月日

生年月日を西暦で入力してください。

実際と違う生年月日でも登録できますが、これは正しい情報を入力しておいた方がいいです。なぜなら、生年月日は、パスワードの再発行の際、本人確認の1要素になります

パスワードを忘れてしまい再発行したい時に、実際と違う生年月日で登録していると、なんて登録したのか思い出しにくいと思いますので。

⑤ 名前

名前は本名でなくてもかまいません。むしろセキュリティ上本名じゃない方がいいと思います。あとでも修正できますので、登録時の名前はなんでもOKです。

⑥ 性別

あなたの性別にチェックしてください。男、女、その他、回答しない、があります。その他でも、回答しないでも、その後の運用に支障をきたすことはありません。

⑦ 秘密の質問

パスワードを忘れた時の本人確認に使われます。表示されている質問以外にも、プルダウンリストに質問が用意されています。いざという時に答えやすい質問を選んで「秘密の答え」欄に質問の答えを入力しましょう。

⑧ お知らせメール

ヤフーからのメール受信を許可するかどうかです。デフォルトではチェックが入っていて許可するになっているので、チェックを外しておいた方がいいですね。

⑨ Tポイントカード

Tポイントカード情報を登録すると、Tポイントカードと連携する事ができますが、メールを利用することだけが目的なので、完全に無視ですね。「持っていない」にチェックしましょう。

⑩ 文字の入力

はじめの画面では出ていませんが、入力を進めていくと最後に出てきます。ボットじゃないことの確認ですね。

入力欄のうえに出てくる文字をそのまま入力します。

全ての項目の入力が完了したら、「Yahoo!JAPAN IDを登録」をクリックしてください。

(ステップ3)Tポイントカードの催促をスルー

無視です😄 ヤフーの無料メールを使いたいだけですので、関係ない項目はすべて無視してください。一番下の「登録しないで先へ進む」をクリックして先へ進めましょう。

(ステップ4)完了です。

これだけです。かんたんです。実質的にはステップ2の10項目を入力するだけですね。

「登録を完了しました」の表記が出たらおしまいです。

(ステップ5)複数のメールアドレスをどんどん作る

完了画面から、「ご利用中のサービスに戻る」をクリックすると、こんな画面になります。

この時点では、作成したヤフーIDでログイン中の状態なので、右上のYahoo!JAPANからヤフーのトップページに行くもよし、Yahoo!メールの利用はこちらをクリックするもよし。すぐにヤフーメールを使えます。

複数のメールアドレスをどんどん作るなら、一旦ログアウトしましょう。

するとこんな画面へ。一旦ログアウトして、次のアクションを即す画面です。ここで、「サービスに戻る」をクリックすると…

‟ステップ2の必要事項を入力する”でご説明した画面に戻ります。ここでまた、「メールアドレスなしで登録する」をクリックして進めて行けば、もうひとつ新しいメールアドレスが作れます。そしれ、また戻って…。どんどん新しいメールアドレスを作ることができますよ。

と言う感じで、必要なだけメールアドレスをどんどん作れます。

捨てアカウントのすすめ

✅ 本当にお得な情報は登録会員に流れています

企業側の営業を考えた場合、本当にお得な情報はインターネット上でオープンに流しにくいものです。オープン情報にすると料金の相場が崩れるからです。

例えば、売れ残ったホテルや航空券。インターネットで売れ残ったので半額で販売します、なんてやったら、ブランドイメージは傷つくし、次からみんな売れ残りを待つようになります。

なので、こういったお得情報は、登録会員にメルマガで流したりするんですね。登録会員だけのお得情報とか言って。そうすれば、一般相場が崩れることはありませんし、ブランドイメージが傷つくこともありませんから。

そんな情報をゲットするためにも、メルマガは登録しておきたいところです。

捨てアカウント(普段使わないメールアドレス)があれば、会員登録もメルマガ登録も躊躇なくできます。お得な情報は、それ専用のメールアドレスに送られてくるわけですから、普段使いのメールの邪魔になることなくお得な情報だけをゲットできるようになるんです。

✅ メールアドレスの流出だってへっちゃら

ほんとうは、そんなお得情報がゲットできる、会員登録なりメルマガ登録なりは積極的にしておきたいところですが、登録する企業がどれくらい信用できるのか、メールアドレスがどんな使い方をされるか、やっぱりちょっと心配ですよね。

最近は個人情報の漏洩なんてニュースもありますから。普段使っているメールアドレスが変な業者にわたっても、変なメールが届くようになっても面倒ですし。

捨てアカウント(普段使わないメールアドレス)があれば、もし何かがあってもそのメールアドレスを捨てるだけ。新しいアドレスだって無料で、ものの1分でつくれちゃうわけですから、痛くもかゆくもない。躊躇なく、会員登録ができるようになります。

(結論)

簡単につくれる無料のヤフーメールアドレスをいくつか作って、メルマガや会員登録、アプリ登録などに利用しよう!

ですね。

何にもリスクはないので、とりあえず5つくらいヤフーのメールアドレスを持っておいてみてはいかがでしょうかね。ホリエモンのメルマガとかも、意外と面白いですよ。そういうやつへの登録のハードルが一気に下がって、いろいろな情報が得られるようになりますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加