無印良品のレトルトカレーの最高峰「ビーフルンダン」690円の実力やいかに!

今回は無印良品のレトルトカレーシリーズの最高価格690円のビーフルンダン(Beef Rendang)です。

無印良品のレトルトカレーシリーズはどれも本格的なのはもう有名ですよね。標準価格帯の350円のカレーでも、ほんといろんなスパイスの味と香りが絡み合う、複雑な味わい。今回は、690円ですからね。否応なしに期待が高まります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

商品パッケージはこんな感じ

無印良品の「素材を生かしたカレー」シリーズですね。

いつも気になりますが、素材を『活かす』だと思うんですが…。より新鮮な具材を使ったイメージを出したかった…というように解釈しましょう(笑)

パッケージの説明書きはこんな感じです。

『コクのある甘さと香りが特徴のマレーシアの煮込み料理です。牛肉にココナッツクリームやハーブ、香辛料を合わせてまろやかに仕上げました。』

ココナッツ風味のビーフカレーかぁ。日本ではあまり味わえないカレーですよね。

無印良品ラインナップにおける位置づけ

このビーフルンダンの無印良品のカレーラインナップにおける位置づけはこんな感じです。辛さはレベル2。

無印良品の辛さレベル2はほとんど辛くないといってもいいレベルです。辛いものが苦手という人でも、まったく気にならないと思います。逆に辛いカレーが食べたいという方は、ぜんぜん物足りないと思います。

カレースパイスの風味や素材の味を重視したレベル感といった感じです。あまり辛いとなんでも一緒になってしまうので、美味しくカレーを食べるにはちょうどいい辛さレベルという感じですね。

レトルトカレーの温め方

最近レトルトカレーの種類が多くて侮れないですよね。

カレーマニア(誰?w)の間ではレトルトカレーの

レトルトカレーは電子レンジではなく、湯せんでしっかり温めるのが美味しく食べるポイントです。

いつものようにお湯でしっかり温めて、いざ実食ですw

味は?

ココナッツの風味だけでなく、荒くすりおろしたココナッツがカレーの中に残っているため、噛むとシャッシャッというココナッツの食感を感じる、マレーシアのココナッツカレーをしっかり再現しています。

具材はビーフです。軟らかく煮こまれているトロットロの牛肉が5,6カケ。ビーフとココナッツの相性はバツグンです。

おいしいですよ。相変わらず無印良品のレトルトカレーはスパイスの香りが本当に本格的。ココナッツをここまで感じられるレトルトカレーは他にないでしょう。

値段が690円ということで、一瞬買うかどうか悩みましたが…値段も含めての評価はまあまあかなという感じ。話のネタに一回は食べてみたいカレーという域ではありますが…ありだと思います。

 

関連記事

決定!シンガポールで一番美味しい「フィッシュヘッドカレー」のお店
シンガポールへ観光で来られるみなさん、フィッシュヘッドカレーのマークが薄くないですか?自分も薄かったです😁 カ...