こんなのあります。携帯ウォシュレット。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月、日本ハムファイターズの主砲中田翔選手が米国アリゾナでの1軍キャンプに参加せず、2軍の沖縄・国頭キャンプに参加しました。理由は、米国アリゾナにはウォシュレットが無い、だとか。

ちょっとマニアックな話しから入ってしまいました。すいません。😓

中田選手には是非この記事を読んでいただきたかった…

スポンサーリンク

携帯ウォシュレット

自分はそこまでウォシュレット信仰は強くはないですけど、これ意外と便利です。バックパッカー的に旅行をしようという方には、トイレ云々言っている場合じゃないわけで、どうでもいいグッズなんですが、海外初心者の方にはおすすめ!

いつ買ったのか

今では海外に住んでいますし、フラフラっとどこにでも行きますので、トイレ云々は気にしていませんが、誰でも最初は初心者。自分はフィリピンのセブへ語学留学したときにこれを買っていきました。

フィリピンでは、トイレの洗浄の水圧が低いことから、トイレットペーパーを流せないことが多いんです。用をたして、拭いたトイレットペーパーを、便器の横に備え付けてあるゴミ箱にポイっと。いいんですけど、匂いとかしそうじゃないですか…。ということで、これを買って行きました。

携帯ウォシュレット!(ドラえもん風)。キングオブウォシュレット、TOTO製です。

その手があったんですね。まさに目から鱗です。

これが通常の状態です。大きさは、そうですね…投影面積はスマホくらい、中に水をためるタンクがあるので楕円の円柱状です。

使用時にはこうなります。

超合金のロボットのように、たたまれていたノズルを出し、電源部分をスライドさせます。すると、電源部分があったところ(右側)がタンクになります。そこに水を入れるわけです。

ノズルを拡大すると…

弱と強の設定もできるようになっています。

でボタンを押すと、ノズルの先からピューっと水が出るわけです。

写真を撮るのに水浸しになりました😂。結構な水量なんですね、実は。

使い心地は、通常のウォシュレットと変わりません。仕組みがいっしょですからね。なんたってTOTO製ですから、いい加減なものの訳がありません。

といっても実は旅には持ち歩いていないです。特にバックパックでふらふら出かけるときには。荷物になるので。

実はシンガポールの自宅で愛用しています。レンタルのコンドミニアムじゃあ便座を取り換えるわけにもいかないので。

移動型の旅行には向かないかもしれませんが、滞在型の旅行とか、留学とか、海外に住む場合には、これ結構使えますよ!安いしね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加