【ミャンマー】ヤンゴンで必ず見ておきたい観光スポット 7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤンゴンではシュエダゴンパゴダが圧倒的人気でしょう。じゃあ、他は?これがまた難しい。

ヤンゴン市内の見どころを効率的に回るため、おすすめのポイントだけをマップに落としてみました。これなら1日でまわれそう。

スポンサーリンク

ヤンゴン おすすめ寺院の地図

あれやこれやとてんこ盛りにするとポイントがわからなくなるので、見どころだけを地図にしてみました。

赤字がおすすめポイント。青字のは余裕があれば回ってみてください。

では順番に行きましょう。

① シュエダゴンパゴダ

言わずと知れた、ミャンマーの誇り、シュエダゴンパゴダです。その大きさ、その輝き、見るものを圧倒する風貌に心を奪われる人も少なくないようです。アンコールワットのように、一日中ここにいても飽きないという人にも会ったことがあります。

ゴールドのパゴダや寺院の壮観さもさることながら、ミャンマーの人々の深い信仰心、そしてミャンマーの文化にも触れることができる場所です。見るだけでなく、心を澄まして感じてみたい寺院です。

外国人の入場料は10,000チャット。高いですが、やむを得ず。

余談ですが、他のパゴダもそうですが、寺院に入場するにあたっては靴を脱ぐ必要があります。靴の預かりサービスもありますが、円形のパゴダは出入口がひとつではないので、気の向いたところから出れるよう靴は持って行った方がいいでしょうね。靴を持ち歩けるようにビニール袋なんかがあっても便利です。

メインの寺院なので、紹介順序は1番目にしましたが、夜はライトアップされます。一度しか訪れないでしょうから、行くなら夕暮れ時から夜にかけて行かれた方がいいと思います。

(夕暮れのシュエダゴン)

(夜のシュエダゴン)

日中は暑いためか、地元の参拝者も夜になると多くなります。ろうそくに火が灯され、その光がゴールドのオブジェに乱反射し、とても幻想的な雰囲気になります。

② チャウッターヂーパゴダ

全長約70m、高さ約17mの寝仏(涅槃像)。

とにかく大きいので全体を写真に収めるのも難しい。

寝釈迦仏の足の裏には、仏教の世界観を表す108の絵柄が描かれています。

スリランカの寺院で、寝仏で、足の親指が揃っているのは単に横になっている(休んでいる状態)もの、親指がズレているのは、入滅(宗教的に言うと、煩悩が消えたとか、悟りの境地とかいう状態)後のものと教わりましたが、今回ミャンマーで見た寝仏は全部足の親指がズレていました。

③ ンガーターヂー(Nga Htat Gyi )寺院

チャウッターヂーパゴダに行ったら、ついでにここに寄りましょう。少し参道を登ることになりますが、今度は高さ約10m, 幅14mの巨大な座仏が迎えてくれます。

④ スーレーパゴダ

ヤンゴンのダウンタウンの中心に位置する、シュエダゴンパゴダの次に有名なパゴダ。最近では、周辺に高いオフィスビルも建ちはじめ、都会的な建造物との融和した風景も味わ深い。

⑤ ボタタングパゴダ

ボタタングパゴダ。入場料6,000チャットがかかるが、パゴダの中をみることができる。

パゴダの内部は黄金がはりめぐらされており、見ごたえたっぷり。中心部に向かってお祈りをしている人が多かった。

このパゴダは、ヤンゴン川のリバーサイドに位置しており、川では市民が船で往来しているのを見ることもできる。ヤンゴン市民の生活を垣間見ることができ、少しうれしい。それにしても、毎日この船で川を往復して働いてるんですよね。大変だ。

⑥ アウンサンマーケット

ここからは寺院じゃないですが… ヤンゴンの巨大マーケットのアウンサンマーケットです。

宝石や衣服が中心。おみやげを買うならここへ行ってください。街を歩いていても宝石屋さんや服屋さんはたくさんありますが、ここの方がお店が集中しているので選びやすいです。

 

そういえば、ミャンマーコーヒーの有名なお店もあるみたいですね。

Mooney Moon

一杯2,000チャット。ミャンマー物価からすると激高だと思いますが…

試してみましたよ。暑いのでまずはアイスコーヒーを…

んん?なんか全然美味しくない😁。アイスだからかなっと思い、ホットを少し飲ませてもらいました…。ん?全然美味しくない…。だってポットから入れてましたからね。いつのコーヒーだよ、それ!

よく読めば、そのNo1なる賞状みたいなやつ、1杯だけの大会ですね。しかもブルーマウンテンって、違うコーヒーだろ、お店で出してるやつは!

最初はブルマンとか出してたのかな?少なくとも今はおいしいコーヒーを出していないです。騙されませんよう。

⑦ ナショナルミュージアム

次は博物館です。

入場料は5,000チャット。

基本的には一括展示の博物館は好きじゃないのですが、ここは意外と面白かったです。ミャンマーは宝石が有名なので、ゴージャスは宝石はこういうところじゃないと管理出来ないんだと思います。おおっ!ていう宝石類がたくさん展示されているので、見ごたえがあります。時間が許せば行ってみてください。おすすめです。

あとは、まだ余裕があった場合による場所を2つほど。

セントメリアーズ大聖堂

仏教寺院に飽きた時のお口直し…みたいな感じ。予想よりはるかに大きく、内装の精度も高くて結構感動します。

カンドージー湖

息抜きに寄ってみてはいかがでしょうか。湖越しにみえるシュエダゴンパゴダも綺麗です。

(追記)日本語ガイド付きヤンゴン1日ツアー

乗用車をチャーターして、日本語ガイド付きで、ヤンゴンを案内してくれるツアーを発見しました。

日本語ガイド付きヤンゴン1日ツアー 

この記事が台無しになりそうなくらい、便利なツアーです😭。いってらっしゃいませ~。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加