【スリランカ】ポロンナルワからダンブッラへ 野生の象に会う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トゥクトゥクドライバーのマチャンの炎のガイドはまだまだ続きます。

ポロンナルワ遺跡巡りを終え、遅い昼食を流し込んで、ダンブッラへ。

スポンサーリンク

野生の象に会う

道中イーグルアイのマチャンはどうぶつを見つけては、トゥクトゥクを止めて教えてくれます。

中でも象が大好きみたい。なんでも匂いでわかるとか。

こーんな小さいのをトゥクトゥクを運転しながら発見するんです。

また、いたぞ!って遠すぎじゃね😁

そのあと、森では鹿なんかも見つけましたが、写真、逃しました。

スリランカの大自然の風を感じつつ、道中うとうとしながら… 完全にリラックス😴

ダンブッラに近づいてきたあたりで、マチャンがザワつきます。象がいるかもって。

まじで匂いでわかるみたい…🙂

すると突然脇道に象が…。少し行きすぎてマチャンがトゥクトゥクを止めます。

すると、なんと象が、親子の象たちが、道路を横断し始めるじゃないですか。

まじで、象が道路渡るんか! 一瞬の出来事でした…

 

この看板と同じですね。ほんとにあるんですね。

さすがにこうも目の前で、野生の象が道路を渡るのを見れるのは珍しいそうです。感動!

この日はもう一発野生の象に会うことができました。

2頭の象。近づくと危険なので、遠くから眺めているだけでしたが、これは結構近い感じです。iphoneカメラでは、これが限界です。臨場感が伝えられずにすいません。

仏教寺院 Ederagala Wana Senasuna でサンセット

帰り道、日も傾いてきて、今日は昨日、一昨日よりも、きれいなサンセットが見れそうな雰囲気。ホテルの近くのいつもの場所へ行きたいなっと思っていましたが、ちょっと間に合いそうもありません。野生の象を見ている間に時間を食ってしまったからです。

そうか、今日は無理だなっと諦めていたのですが、マチャンは諦めません。

突然トゥクトゥクを止めて、サンセットを見るぞっと言って、階段を登っていきます。

場所はわかりません。グーグルマップで現在地をスクショしたのがこれ。

穴場だそう。ほとんど人はいません。寺院の階段をどんどん登ると高台の施設が。

こんなところを通って…

(急いでいたので、最後の部分しか撮ってませんけど、結構登ります)

最後はこんなところに着きます。欧米系の人の方がやっぱり情報が豊富なんでしょうね。

アジア系の人はいなかったですけど、西欧人風の観光客が5,6人いたでしょうか。

それでも、あまり知られていない場所なんでしょうね。

騒がしいことも一切なく、みんなで静かに夕日が沈むのを待ちます。

残念ながら地平線には雲があり完璧なサンセットとはいきませんでしたが、雄大なスリランカの自然をまた違う角度から味わうことができました。

そして夕日を浴びるシーギリヤロック!声も出ません!

… このあとマチャンが変なフルーツらしきものを拾って、それを使ってホテルの調理場でジュースを作ってくれました。これもいい思い出なんですけど、写真映えしないフルーツなので記事にするのはやめました。夕日を浴びるシーギリヤロックで記事を締めたいので。

ダンブッラ、シーギリヤ、ポロンナルワ。

炎のトゥクトゥクガイド、マチャンのおかげで、100%味わい尽くすことができました。

イストゥーティー、マチャン!(ありがとう、友よ)

明日は、ピンナワラへ行って、象の孤児院を見て、コロンボへ行きます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加