リゾート満喫!ヒルトンパタヤのレストランEdge(エッジ)のランチビュッフェ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パタヤに来たら夜は忙しい。昼はゆっくりマッサージを受けて、のんびりタイ料理を食べて過ごすのが定番です。でも、1日くらいは贅沢なリゾート気分を味わってもいいかなと思い、立ち寄ったのが評判のレストラン、Edge(エッジ)。パタヤNo.1の5つ星ホテルヒルトンパタヤの看板レストランだけあって、圧巻のクオリティ。期待をはるかに上回る最高のクオリティでしたので、ご紹介したいと思います。

ひとりで過ごすパタヤのスローライフに花を添えてもよし、お気に入りのパートナーと訪れてもよし。いろいろ使い勝手がよさそうなレストランです。

この入り口は、ショッピングモールのレストランフロアから、ホテルのレストランへ行くための通路なので、宿泊者でなくても、ここからヒルトンパタヤの有名レストラン「Edge(エッジ)」に行くことはできます。

このレストランのランチビュッフェが半端なくおすすめです!

スポンサーリンク

場所・行き方

場所はヒルトンホテルの14階(15階からエスカレーターで1階降りた場所)。ホテルと同じ建物の下層階にある大型ショッピングモール「セントラル・フェスティバル」の6階からもアクセスできます。

ヒルトンパタヤに泊まっていない場合は、「セントラル・フェスティバル」の6階からアクセスしたほうが、人に会わないで済むので利用しやすい気がします。

ヒルトンパタヤは、パタヤビーチの中心といってもいいホテルなので、場所はすぐわかると思いますが、一応グーグルマップを。

海沿いのビーチロードのソイ9のとなりにドーンと大きなショッピングモールがあるので、すぐに発見できると思います。このショッピングモール「セントラル・フェスティバル」はセカンドロードまで続いていますので、反対側セカンドロードからもアクセスできます。

ショッピングモール「セントラル・フェスティバル」から行く方法をご説明します。ヒルトンパタヤに宿泊している場合は、ホテル内のエレベーター15階で降りて行くだけなので、難しいことはないと思いますので。

まず「セントラル・フェスティバル」の6階へエレベーターで上がります。ビーチロード方面の入り口に近いエレベーターに乗った場合には、エレベーターを降りて右側にヒルトンの入り口があります。

ショッピングモール6階のレストランフロアからヒルトンのレストランへ行くための連絡通路です。

※ ヒルトンホテルとしては、ショッピングモールの1階と7階から直結していると公表しています。1階と7階にはホテルフロントがあるためです。6階はあくまで、レストランへの連絡通路という位置づけのようで、あまり大きく表示していません。

ショッピングモールの6階の入り口から、階段を上がると、エレベーターホールに出ます(ルームキーがあれば、ここから客室へ行くこともできます)。

そのエレベーターホールの手前を右手に進むと幻想的な渡り廊下があります。

幻想的な渡り廊下を通って突き当りの左にあるエスカレーターで下ったところがレストランEdgeの受付です。

(ショッピングモールの6階がホテルの14階に相当。階段上がって15階。そこからエスカレーターで下って14階です)

エスカレーター手前にもレストランがありますが、エスカレーターを降りたところにあるレストラン「Edge(エッジ)」がおすすめです。

料金・営業時間

✅料金:月曜日~木曜日580バーツ、金・土曜日650バーツ、日曜日1,500バーツ

✅営業時間:午前6時30分~午後10時30分

     ランチビュッフェ:正午12時~午後2時30分

オーシャンビューのテラスがおすすめ

おすすめポイントの一つがオーシャンビューのテラスです。この飛び出した感じが、おそらくレストランの名前Edge(エッジ)の所以。

ランチの時間帯だと、外のテラスは暑い(室内の方が涼しいと言ったほうが適切かも)ですし、料理は室内で提供されているので外から料理を取りに行くのが面倒。

ということで、ランチビュッフェの時間帯、テラス席はガラガラです。

実際は、風が抜けるので、日陰にいれば汗をかくほど暑いようなことはないです。

だからこそのおすすめです。

パタヤの海は西向きなので、シーサイドのどこからでも綺麗なサンセットを見ることができますが、とても混みます。パタヤヒルトンの客室は300以上。ホテル宿泊者以外も来る可能性があるとなれば、席が足りないのは明らかです。サンセットの時間帯に、この席で食事をしようと思ったら、予約必至。予約だってできるかわかりません。

昼間は、ほんと、ゆっくりできますよ。食事を中で取って、そのあと海を見ながらビールを。なんて過ごし方もできます。

もちろん、パートナーがいれば、ロマンチックな時間を過ごすことだってできますよ。

ただ、あれですね。パタヤの海は、中国人が多く来るようになってしまってから、このエンジンボート(クルーザーというような優雅なものではなく)が多くて、よく見ると正直微妙なんですけどね。

よく見ないで、雰囲気だけで行くのがいいと思います😄。

圧巻のビュッフェスタイル

ここのビュッフェは最高でした!

品数が多くて、どれも美味しいビュッフェって、意外と少ない。盛り付けや演出もきれい、何を食べても美味しい、そうなるとビュッフェは本当にわくわくします。

フードサービスコーナーはこの広さ!写真の手前から向こうまで、さらにいうならば、向こうの左側のスペースまで調理が並べられています。

カウンターの中には、何人もシェフが待機して、調理をし、料理の取り分けをサポートしてくれています。

サラダ、シーフード、グリル料理、イタリアン、メキシカン、もちろんタイ料理も、充実のラインナップ。どれも美味い!

そして、特筆すべきはデザートの種類とクオリティです。

これで一部です。冷蔵のショーケースにはクールスイーツが、アイスクリームやジェラートもあります。

この日のデザートプレートはこれです!いやいや、どれもちゃんとしたヒルトンクオリティ。相当美味かったです。

グリルフードからタイ料理まで、たらふく食べたあとの、これですから。大満足のビュッフェでした。

ちなみに飲み物は別料金です。定番のマンゴーシェイクを注文。ヒルトンのマンゴーシェイクですからね。うまいに決まってます。

パタヤにきたら、夜は忙しい😄

普段は、昼はそこらへんのタイ料理レストランで済ますんですけど、1日くらいこういうリゾートフルなランチがあってもいいと思います。

もちろん、お気に入りのパートナーときてもいいと思います。

ヒルトンのレストランエッジのランチビュッフェ、超おすすめです!パタヤにきたら是非!

✅ パタヤNo.1ホテル「ヒルトンパタヤ」の情報はこちら

ヒルトン パタヤ

8.9  ¥18,266~

場所:ビーチロード沿い/ソイ9

パタヤNo1ホテル/ゴーゴーバー徒歩12分/オーシャンビュー/大型モール「セントラルフィルティバル」/レストランEdge/

このホテルの詳細はこちら

料金と空室状況を検索【Agoda】

料金と空室状況を検索【Expedia】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加