【ミャンマー】バガンからヤンゴンへ 飛行機で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バガン遺跡すっかり堪能しました。すばらしい経験をさせていただきありがとうございました。そんな気持ちです。

さて、ヤンゴンへの移動はまたもや時間節約、飛行機で参ります。というより、先に往復チケットを買ってあります。エアカンボーザ。予約はこちら▶ AIR KBZのHP で。Bookingで行き先と日付を入れれば、簡単に予約できます。

出発時刻は、18時30分、ヤンゴン空港への到着予定時刻が19時20分。ヤンゴンは安全なので夜着でもOK。それよりもバガン最終日を観光に使いたいと思い、夕方の便を予約しました。

こうやって、自分で予定を組めるところが、自分で旅を組み立てるいいところ。

スポンサーリンク

ニャウンウー空港へタクシーで移動

ホテルからニャウンウー空港へはタクシーで。ホテルの受付で予約できます。5,000チャット。行きに空港から拾ったタクシーの料金と同じです。

空港へはフライトの1時間前に着けばOKとのこと。余裕を見て、17時にホテルに着てもらうようにしました。でもここはヤンゴンではなく、バガンでした。渋滞がないので10分もしないで17時10分には空港に到着してしまいました。

簡易なチェックインカウンターで、iphone にダウンロードしたe-チケットとパスポートを見せたら、こんな航空券をくれました。

手書きです😁。

で、席は自由席(と日本語でカウンターのスタッフが言っていました😁)

結果的には、機内はガラガラなので、どこでも座れる、そういう状況でした。

ニャウンウー空港

空港はそれなりに人はいますが、チェックインや手荷物検査に時間を要するほどではありません。

いつものように、プラオリティパスのラウンジをネットで探しましたが、さすがになかったです。仕方がなく、待合ロビーで飛行機を待ちます。空港のWifiはあまりよくなかったですが、ミャンマーのSIMカードが入っているので問題なし。これでネットにつながらなかったら辛いだろうなっと。

結構人いますね。が、このお方たちは、ミャンマー国際航空の高いチケットでいらした方々。先にお発ちになりました。

そして、残されたローカル線利用組はと言いますと…

あらら、幼児もいれて9人😁。要はローカル線は周航便で、マンダレーなどの他の都市を回っていて、最終的に明日の早朝ヤンゴン発のフライトのために、機材をヤンゴン空港に戻す必要があるんですね。なので、お客さんが少なくてスケジュールが組まれているんです、そう思いました。

飛行機は多少遅れましたが、大きなトラブルもなく、まったくもって快適でしたよ。

エアカンボーザでのフライト

行きの便の記事でも書きましたが、短いフライトですが軽食がふるまわれます。飲み物を出して、軽食を出して、食後のコーヒーを飲んで…そうしている間に着いちゃいます。

機内の窓と窓の間には、気持ちほどのクリスマスデコレーション。

どうでもいいことなんですが、この飛行機会社のなんといいますか、お客様をもてなす気持ちみないなのを感じませんか?

往復エアカンボーザを利用してみて、全くもって不自由はなかったですよ。リコンファーム(フライト前日に飛行機会社へ電話で予約を確認する)もしていません。普通に飛行機に乗るのとなんら変わりなかったです。

もしトラブルがあったとしても、どこの飛行機会社でも同じように不便になるんで、これも一緒でしょ。

ということで、自分で予約してもまったく問題なし。自由に旅を楽しみましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加