スワンナプーム空港からパタヤの行き方【送迎サービス・バス・タクシー 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JAL、ANA、タイ国際航空のバンコク直行便が到着するのがタイ・スワンナプーム空港。ここから最終目的地のパタヤまで行く方法は、3つ。送迎サービス、タクシー、そしてバスです。

料金が安い順なら、バス・タクシー・送迎。快適さの順なら送迎・タクシー・バス。どの方法が一番いいのでしょうか。気になる料金や移動時間、そしてそれぞれの交通機関の利用方法を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

スワンナプーム空港からパタヤの行き方は「送迎サービス」がおすすめ

まずは、送迎サービスを使う方法から。選択肢の中では一番快適で一番安全です。料金はタクシーよりもちょっと高い。といっても数千円です。

タイに詳しくない友人には必ずコレを薦めています。たった数千円で、安全で、快適に、気分良く、何の心配もなくパタヤまで行けるので、これが一番いいに決まっているからです。

送迎サービスのメリット

空港の出口までドライバーが迎えに着て、ホテルまで送ってくれる、送迎サービスはタイ旅行を楽しくするメリットがいっぱいです。

✅ 体力温存

移動で体力を消耗するなんてもったいない。ただでさえ日本から6時間も7時間も飛行機に乗って疲れているんです。そこからさらにバス?そしてソウテウ(パタヤの乗り合いバスみたいな乗り物)?

たった数千円節約するために、そんなに疲れてどーするの。

旅はこれからが本番です。移動なんかに体力を使わずに、思いっきり旅をエンジョイするため取っておきましょう。

✅ 時間節約

バス乗り場を探して、チケット買って、隣りシートのデカい白人のせいで席が狭くなり、前のタイ人にリクライニングを思いっきりされて、おまけに大渋滞。さらに、パタヤのバス停からも行き方がわからないし…。旅先の限られた時間の中で、そんな事やっている場合じゃないです。

空港送迎サービスなら、空港に着いたら専用車でホテルへ直行!2時間後には、チェックインを終えて、タイマッサージを受けています。

タイムイズマネーですよ。旅先の時間を移動なんかに使ってたらもったいない。

✅ 安全第一

海外でバスが横転なんてニュースありますよね。海外で誘拐されたなんてニュースもあるじゃないですか。無い無い。そうです、まずありえないんです。

事故とか犯罪に巻き込まれることは大抵無いんです。そのリスクをどれだけ減らせるか。安全が最優先です。

送迎サービスなら素性の知れてドライバーが担当です。変なことに巻き込まれる可能性は限りなくゼロに近くなります。

✅ 大人数で利用できます。

送迎サービスはグループ旅行にもおすすめです。送迎サービスならバンや小型バスを使うので、8人くらいまでなら同じ車でワイワイ移動できます。人数が増えれば、1人あたりの料金はタクシーよりも安いかも。

✅ 日本語ドライバー

日本語の話せるドライバーが送迎を担当してくれるサービスもあります。

タイのタクシードライバーの英語力は高くないので、カタコトの英語では、十分なコミュニケーションが取れません。こちらのつたない英語を読み取ってもらうには、相手側にそれなりの英語力が必要です。

一番いけないのは、タイ人ドライバーは旅慣れていないことを見抜くと、遠回りしたり、高速料金を余計に請求したり、空港利用料を多めに言ったり、平気でボッタぐろうとします。

送迎サービスなら、定額なので、そういう心配はいらないですね。これは、お金の問題じゃなくて、気分的に楽です。

✅ ホテルのチェックインのサポート

どうせホテルまで送るんだから、チェックイン手伝ってよ。そんな利用者の声に応えて、最近始まったのがこのサービスです。

パスポート見せてください、書類を書いてください、デポジットを払ってください、注意点はこれで違反したら罰金ですよ、ここにサインしてください…などなど。海外のホテルでは、チェックインでやることは意外と多いです。

これを全部サポートしてくれるんですって。便利なものは利用しない手はないですよね。

✅ 教育されたドライバー

ちゃんとしたドライバーが空港からホテルまで送ってくれます。普通のことですが、タイでそれが難しいです。タイのタクシードライバーは、愛想はないし、遠回りはするし、ボッタぐろうとするし。それを気にしている労力がもったいない。

✅ 明朗会計

空港からタクシーを利用すると、タクシー料金+高速料金(実費)+空港利用料(サーチャージ)。いくらが適正か分かりますか?

送迎サービスならすべてコミコミの料金です。タクシーの料金体系を調べるなんて、無駄なことをする必要はありません。

✅ 往復手配ができる

帰りの空港送迎車もネットで手配できちゃいます。最終日は、時間にホテルのロビーへ行くだけ。何の心配もいりません。

なんか、現地の交通機関を使って移動できる俺カッコいいみたいな風潮ありますけど、本当にそうですかね。楽したらダサいなんて風潮があったりしますけど、本当にそうですか?

便利なものを使わないなんて、単純にもったないと思います。

送迎サービスの手順

送迎サービスの手順もすっごく簡単です。予約時に到着便と名前を入力して、カードで決済してしまえば、あとは勝手に事が進みます。

流れはこんな感じです。

① 予約時に、飛行機の便名と到着時間、ご自身の名前を登録します。

② 当日、飛行機を降りたら、入国審査をして普通に出口へ向かってください。

③ 管理区域を出たところに、ドライバーが登録したあなたの名前を書いた大きな紙を持って立っています。そのドライバーのところに行って、名前を言えば、送迎車に案内してくれます。

※ 管理区域の出口には、他の送迎ドライバー(同じように名前の書いた紙を掲げて待っています)がたくさん待っていますので、場所は必ずわかります。

あとは、ホテルに着くまで乗っているだけです。

おすすめの空港・ホテル送迎サービス

やっぱり日本の代理店経由がおすすめです。ご紹介するのは、最近気の海外アクティビティのネット代理店の最大手のサービスです。みんな知っている上場会社の新サービスですので、安心して利用できます。

✅ 日本語ドライバーの送迎サービス(ホテルチェックインサポート付)

日本語ドライバーがホテルのチェックインまでサポートしてくれる完璧な送迎サービス

【貸切】空港送迎 スワンナプーム国際空港⇔バンコク市内、パタヤ、ホアヒン市内ホテル チェックインもお手伝い!<最大8名/日本語ガイド>

8人まで 6,000バーツ

ここまでやってくれたら、英語やタイ語なんてほとんど不要ですよ。ツアーで行く必要なんかも全然なし。自分でホテルと航空券を取って、自由に、そして格安で、タイを遊んじゃえます。

>> パタヤのホテルを格安で予約したい場合はこちら

経験上、普通に行けばアゴダが一番安いです。

パタヤのホテルをアゴダで探す

たまーにエクスペディアの方が安いこともあるので、予約前にエクスペディアもチェックします。

パタヤのホテルをエクスペディアで探す

(関連記事)

ホテル選びに迷ったらこちらの記事も参考にしてください。

リピーターが教える!満足度の高いパタヤ【夜遊び】ホテル|完全ガイド
タイの楽園パタヤへ行こう!パタヤには、高級ホテルも、プール付きのホテルも、朝食がおいしいホテルも。格安できれいでホテ...

>> 航空券は手数料が安いこちらが断然お得

最安航空券をお探しなら|HISグループの「サプライス」

テレビCMで有名な格安航空券の「エアトリ」

>> 言葉がもし心配なら、翻訳機「ポケトーク」を持っていけば、安心です。

もう英語なんて必要ない!みんなが使い出した翻訳機【ポケトーク】を持っていこう!
海外旅行で言葉が通じないから不安…そんな言葉の壁をあっさりと乗り越えていけるのが、夢の翻訳機「ポケトーク」。その完璧な翻...

旅行代理店の皆様、ほんとすいません💦 ツアー売れなくなっちゃいますね

スワンナプーム空港からパタヤへ タクシーへ行く方法

ある程度旅慣れていて、タイ・パタヤには何度も行ったことがある、英語やタイ語での料金交渉も問題なくできる、という方には、タクシーが便利です。

タクシー料金の相場

スワンナプーム空港からパタヤまでのような長距離の場合、メーターは使ってくれず、タクシードライバーとの個別交渉になります。

スワンナプーム空港からはバンコクの南東にあって、パタヤよりの位置にありますので、市内やドンムアン空港から行くよりも移動距離は短くて済みます。が、ドライバーはパタヤまで行ったら、できればパタヤから乗客を乗せてバンコクに帰ってきたい、それができる時間帯かどうか、そのあたりも料金交渉に関わってきます。

料金相場は、1,000バーツ~1,200バーツ。

タクシーは、だいたい1,500バーツくらいを狙って、2,000バーツと行ってきますので、笑い飛ばして1,000バーツと言ってあげましょう。900バーツとか言ってもいいかもしれません。

落としどころですが、高速代別の1,000バーツか、高速代コミコミの1,200バーツくらいなら、良しとしましょう。

空港タクシーなので、空港利用料(サーチャージで通じると思います)50バーツが通常は加算されます。これの扱いも、交渉時に決めておいた方がいいです。

所要時間

ホテルの場所や道路の混み具合によりますが、スワンナプーム空港からパタヤのホテルまでは、2時間~3時間かかります。

バンコクのタクシードライバーは、パタヤのホテルの場所を知らないと思いますので、自分で場所を押さえておいた方が無難です(わからなければ、ドライバーが地元のバイタクなどに聞いて探してくれますが)。

スワンナプーム空港でのタクシー乗り場

スワンナプーム空港空港の到着ゲートは2階。タクシー乗り場は1階です。案内表示のPublic Taxi(パブリックタクシー)を目指してエスカレーターで下におります。

1階に行ったら建物の外にでます。すると、レギュラータクシー(普通車)、ラージタクシー(大型車)、とショートディスタンス(短距離)のタクシー待ちのレーンがあるので、黄色い目立つ看板のレギュラータクシー(普通車)の列に並びます。

自分の順番になったら、機械の前に行って、画面をタッチしてください。自分に割り当てられたタクシーのレーン(停車している場所)が書かれた紙が発行されます。

そのまま進むと前方に緑色の電光掲示でレーン番号が表示されていますので(下の写真で天井に緑で光っている奴です)、そこへ行けば自分のタクシーが待っています。

タクシー乗り場についたら、ドライバーに行き先を告げて料金交渉をしましょう。

スワンナプーム空港でのタクシー乗り場・注意点

トラブル防止のために現地の仕組みやその注意点を知っておくとよいでしょう。

料金面:

✔ パタヤへ行く場合はメーターは使ってもらえません。個別交渉です。

✔ 交渉時に何も言わなければ、高速料金は別途、高速入口で実費を請求されます(そのための小銭の用意も必要です)。

✔ 交渉時に何も言わなければ、空港利用料50バーツも、降車時に請求される可能性があります。

✔ タクシーのドライバーはたくさんのおつりを持っていないことが多いです。ドライバーがおつりを持っているかどうかを事前に確認しておきましょう。

乗り方:

✔ 「ハイウェイ?」と聞かれたら、常に「イエス」です。高速料金は高くないので、時間節約のため高速道路は必ず使いましょう。

✔ ドアの開閉は手動です。自分で開けて、自分で閉めます。特に目的地に到着してドアを開ける時には周りに注意しましょう(追い越してくるバイクなど)。

✔ グーグルマップを開いて経路をチェックしましょう。関係ない方向へ向かって拉致られたら大変です。

(ご注意ください)

パブリックタクシーは個別交渉ですので、それぞれの交渉結果が料金相場を形成します。例えば1,500バーツも2,000バーツも、たった500バーツの差という風にも考えられ、交渉できないからと言って、言い値で受け入れるのはやめましょう。

一度2,000バーツでお客をつかまえられることを覚えると、ドライバーは次もその値段、もしくはそれ以上の値段で交渉を始めるかもしれません。

もし、英語やタイ語での価格交渉に自信がなく、乗用車で行ければ、値段はそれほど気にしないという方は、パブリックタクシーではなく、以下のリムジンタクシーを使いましょう。

スワンナプーム空港からパタヤへ リムジンタクシー(空港ハイヤー)で行く方法

タイ政府公認のスワンナプーム空港運営の高級タクシーサービスです。特徴は、

  • カウンターでチェックイン
  • 高級車を取り揃えている
  • 24時間利用可能
  • 定額制
  • 料金が高い

という感じでしょうか。

案内カウンターの場所

AOTのリムジンサービスカウンターはスワンナプーム空港内に13ヶ所。到着ロビー階(2階)のいたるところにあります。(以下の青い〇がAOTリムジンカウンターです)

AOT LIMOUSINEのサイトより

リムジンタクシーの料金

AOT LIMOUSINEのサイトより

パタヤまでは、一番安いいすゞのミューで行くと2,700バーツ、一番高いBMWの7シリーズで行くと6,100バーツです。当日受付だと希望の車種がない場合もあります。

スワンナプーム空港AOTリムジンのホームページ(英語)で予約もできます。

スワンナプーム空港からパタヤへ バスで行く方法

圧倒的に安い行き方がこの方法です。簡単ですが、土地勘がないと混乱しやすいので、少し注意して読んでください。

基礎知識

✅ その1 バスは2種類あります

①エアポートバスと②ベルトラベルバスです。

①エアポートバスは120バーツ。ジョムティエンバスターミナル行きです。ジョムティエンバスターミナルからホテルまでは自力で行く必要があります。

②ベルトラベルバスは250バーツ。ノースパタヤバスターミナル行きです。ノースパタヤバスターミナルからホテルまでの送迎サービスがついています。

✅ その2 パタヤのバスターミナルも2か所あります

バスターミナルは終着点のことです(日本のバスなら折り返し場とか車庫みたいなところのイメージ)。パタヤ周辺に行くと、バス停(道路沿い)が何個かあって、バスは、それらに停まりながら、バスターミナルを目指します。

①ジョムティエンバスターミナルと②ノースパタヤバスターミナルです。

両ターミナルは5キロ以上離れていて、近くありません。また両ターミナルともパタヤビーチまで2キロ以上離れています。

地図で位置関係を見ておいた方が理解がしやすいので、

パタヤ全体 バスターミナル 地図

上から2番目の赤いライン、セカンドロードの端から端までが3キロ強あります。2つのバスターミナルは全然離れていて、かつ両方とも、パタヤビーチからそこそこ遠いのがお分かりいただけると思います。

スワンナプーム空港からのバスは2種類あって、それぞれが異なるバスターミナルにむかうということを最初に理解しておくといいでしょう。

(この地図はビーチを中心にするため、方角を変えてあります。右が北です。バンコクは右側。空港からのバスが右側から薄紫の大通り(スクンビット通り)を通ってこのエリアに入ってきます。)

まとめ

① エアポートバス – 120バーツ – ジョムティエンバスターミナル(ホテル送迎なし)

② ベルトラベルバス – 250バーツ – ノースパタヤバスターミナル(ホテル送迎つき)

です。

パタヤのバスターミナルには、たくさんのバイクタクシーとソウテウが待機しています。50バーツ~100バーツでパタヤビーチまで行けます。大通りに出てソウテウをつかまえれば、10バーツから20バーツでパタヤビーチへ行けます。

バスでの移動を選択した人は、それなりに旅慣れている方のはずなので、移動手段に困ることはありません。ということで、ホテルへの送迎があるベルトラベルバスは普通は必要ないです。本数も少ないので。

(逆に、バスターミナルからホテルの送迎がないと不安だなと思う方は、危険ですので、バス以外の方法で行った方が賢明です)

ということで、混乱を避けるため、まずは、ベルトラベルバスのことは一旦忘れてください!(後ほどちょっと説明します)

エアポートバスに絞ってご説明します。

スワンナプーム空港からパタヤ行きのバスの乗り方

到着ロビーは2階、バス乗り場は Public Taxi (パブリックタクシー)乗り場が建物の外にあるのと同じフロア、1階になります。

エアポートバスのチケット売り場(カウンター)は8番出口のすぐ右手(建物内)にあります。  

8番は空港建物の一番端の出入口出たところは、緑色の番号が光っているため、一応タクシーが停まって客待ちするレーンです(ここのレーンまではあまり使いません)

バスのチケット売り場(チケットカウンター)はこんな感じです。

PATTAYA(パタヤ)と書いてあるのですぐにわかると思います。

料金は120バーツ(約400円)

7時から22時まで、1時間おきに出発します。

狙っているバスが満席だと1時間待たなければなりません。8番出口の隣りにフードコートがあるので、そこで時間で食事をして時間を潰すことができます。

時間になったら、係員が声を掛けて乗客を集めますので、出発予定時刻の10分前くらいには、またこのチケットカウンターの前に戻ってきましょう。

バス乗り場は建物の外。8番出口を出て、通りを渡った向こう側です。

こんな感じでバスがたくさんと待っているところの、一番前(端)のレーンにエアポートバスのパタヤ行きが停まっています。

前方にPATTAYA(パタヤ)と書かれているので確認して乗車しましょう。

実はその上にジョムティエンビーチと書かれています。ジョムティエンのバスターミナル方面ということも実はここにしっかり書かれているんです。

乗ってしまえば、あとは2時間バスに揺られているだけ。

高速道路を道路を降りて、パタヤ周辺につくと、バスは何度もバス停に停まり、乗客がぞろぞろと降りだします。

降りる場所

エアポートバスのパタヤでのバス停は、以下の5か所。

  • ノースパタヤ通り(パタヤヌア)とスクンビット通りの交差点
  • セントラルパタヤ通り(パタヤクラン)とスクンビット通りの交差点
  • サウスパタヤ通り(パタヤタイ)とスクンビット通りの交差点
  • テパシット通りとスクンビット通りの交差点
  • 終点 ジョムティエンのバスターミナル

それで、ジョムティエンのバスターミナルまで行くと行きすぎなので、その前で降りましょうなんて言い出すサイトもあったりします。

これじゃあ、わかんないっすよね。ということで、またまた地図に落としてみました。

バスは黄色い蛍光ペンの道路を通って、右から左のジョムティエンのバスターミナルを目指していきます。

パタヤビーチは、わかりやすいように地図に表示してあります。

バス停は①から順に番号を振りました(最後の5は見にくいですがバスのマークのところです。

① ノースパタヤ通り(パタヤヌア)とスクンビット通りの交差点

② セントラルパタヤ通り(パタヤクラン)とスクンビット通りの交差点

③ サウスパタヤ通り(パタヤタイ)とスクンビット通りの交差点

④ テパシット通りとスクンビット通りの交差点

⑤ 終点 ジョムティエンのバスターミナル

パタヤビーチに行くには終点の⑤ジョムティエンのバスターミナルまで行ったら行きすぎなのがお分かりいただけるのではないでしょうか。そのため、ときどきサイトでは①~③のどこかで降りてソウテウを使うべき、みたいなことが書かれたりします。

イモトのWi-Fiか何かを借りていたり、シムフリースマホを持っていてSIMカードを空港で交換したりして、バスの中で電波が通じる環境にある方は、①②③のどこかで降りればいいでしょう。

電波が繋がらず、マップが見れない方は、最後まで行った方がいいです。最後まで行けば、ソウテウが待っています。こんな感じで。

ホテルを指定して、送ってもらっても50バーツくらいで行ってくれます。流しのソウテウに乗れば、10バーツでパタヤビーチの南端まで行けますよ。

スワンナプーム空港からパタヤへ ベルトラベルバスで行く方法

冒頭で申し上げた通り、スワンナプーム空港からパタヤへ行くバスは2種類あって、一つが上でご説明したエアポートバス。

もう一つがベルトラベルバスです。

料金は250バーツ。エアポートバスが120バーツなので倍以上します。

が、250バーツには、バスターミナルからホテルまでの送迎が含まれています。それが130バーツの違い。

が、バスターミナルからホテルまで、ターミナルに泊まっているソウテウで50バーツくらいで行けちゃうので、別に送迎は必要ないです。実際orz。

(注意点)

〇 行き先はノースパタヤバスターミナル

8時、10時、12時、14時、16時、18時の6本のみの運行

〇 空港でのチケット販売はなく、チケットはネットで購入する必要があります。予約購入は公式サイトから ▶ベルトラベルの公式予約サイト

〇 終着点はノースパタヤバスターミナルです。もう一度先ほどの地図を見てみましょう。

エアポートバスの行き先が左端のジョムティエンのバスターミナルであるのに対して、ベルトラベルバスの行き先は右端のノースパタヤバスターミナル。

ベルトラベルを利用する場合には、確実に終点まで乗っているようにしましょう。

下車すると、スタッフが寄ってきて、今度はミニバンに案内してくれます。予約時に登録したホテルへ移動するわけですが、お客さんは1人ではありません。

一番に送ってもらえた場合はいいですが、ホテルの場所次第では、他人のホテル送迎を付き合ってから、最後に送迎なんてことになり、時間のロス感が半端ないです。

ソウテウやバイタクなら、ほぼ一発でホテルに連れて行ってくれますっから。

その意味でも、ベルトラベルはおすすめではありません。パタヤのベテランが言うのですから、間違いありません。あしからず。

ここまでやってくれたら、英語やタイ語なんてほとんど不要ですよ。ツアーで行く必要なんかも全然なし。自分でホテルと航空券を取って、自由に、そして格安で、タイを遊んじゃえます。

>> パタヤのホテル探しはこちらから

経験上、普通に行けばアゴダが一番安いです。

▶パタヤのホテルをアゴダで探す

たまにエクスペディアの方が安いこともあるので、予約前にエクスペディアもチェックします。

▶パタヤのホテルをエクスペディアで探す

(関連記事)

ホテル選びに迷ったらこちらの記事も参考にしてください。

リピーターが教える!満足度の高いパタヤ【夜遊び】ホテル|完全ガイド
タイの楽園パタヤへ行こう!パタヤには、高級ホテルも、プール付きのホテルも、朝食がおいしいホテルも。格安できれいでホテ...

>> 航空券は手数料が安いサプライスが断然お得

最安航空券をお探しなら|HISグループの「サプライス」

テレビCMで有名な格安航空券の「エアトリ」

>> 言葉がもし心配なら、翻訳機「ポケトーク」を持っていけば、安心です。

もう英語なんて必要ない!みんなが使い出した翻訳機【ポケトーク】を持っていこう!
海外旅行で言葉が通じないから不安…そんな言葉の壁をあっさりと乗り越えていけるのが、夢の翻訳機「ポケトーク」。その完璧な翻...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加