スリランカ トゥクトゥクの相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スリランカの移動手段ですが、バス・鉄道・タクシーのほかにトゥクトゥクが走っています。上級バックパッカーは、バスを主にして鉄道なんかも使いながらゆっくり回るんでしょね。スリランカのバスは激安ですので、時間があってコストを抑さえたい場合は、断然バスが良いでしょう。

鉄道は主要な拠点しか走っていないので、行き先がルート上にないと使えないうえに、本数も多くないので、少し使い難いですかね。コロンボフォート駅からキャンディーやゴール市街へ向かう場合や帰ってくる場合とか。窓全開(と言うかドアが全開です)でスリランカの自然の中を突き進むローカル鉄道はおすすめなんですけど。

そしてタクシー。タクシーは急に高くなります。バスは安いですがほぼ満員での運行です。タクシーはこれを1人(または1グループで)借り切るイメージですから、運賃は高くなるのは仕方がないんですが。

今回の旅では、中距離までは主にトゥクトゥクを使って移動しました。

パワーのない3輪車ですけど、結構遠くまで頑張ってくれちゃいます。スリランカの風景を味わいながら、のんびり貸し切りシートのトゥクトゥクで回るのも、結構よかったですよ。

  

スポンサーリンク

スリランカの交通手段ごとの料金相場

バスや鉄道ははっきり言って激安ですので、金額はぜんぜん気にしなくてもいいでしょう。でもタクシーやトゥクトゥクは値段交渉が厄介ですよね。どれくらいが相場かわからないので。

相場観は、何人かに交渉しているとだんだん見えてくるんですが、最初はちょっとわかりませんよね。そのあたり自分もよく困るので、今回の旅で使ったトゥクトゥクを含む交通手段について、移動手段・距離・かかった料金を、現地での経験や感想とともに、ここに記録を残しておきたいと思います。

皆さんの交渉のベースとなる値段観の手がかりになればうれいしです。

なお、記載の料金ですが、当然通常の値踏みはしていいますが、時間も雰囲気も大事なので、必要以上にガリガリはネゴってはいません。トゥクトゥクの料金は、そういった価格帯だと思って頂ければと思います。

金額は原則としてスリランカルピーでの表示にします(1ルピー=0.72円くらいです)。日本円への換算は7掛け(×0.7)くらいという感じです。

コロンボ空港のバスターミナル~キャンディ

手段:エアコンなしのバス

距離:100㎞くらい

料金:180 ルピー

100キロ移動して100円ちょっとという激安です。

ただし、利用時間が悪かったため車内は激混みでした。日本のラッシュ並みか、それ以上でした。なにより手荷物のセキュリティが心配でした。荷物置きの上におきましたが、とても目を配らせ続けられる状態じゃなかったので。また、渋滞もあったりして予想以上に時間がかかりました。なので、この旅では時間効率なども考えて、以降バスは利用しませんでした。

激安なので、時間がある場合にはもちろん第一の選択肢になると思います。

【スリランカ】コロンボ空港からキャンディーへの行き方
スリランカコロンボ空港到着! 到着後はバスに乗ってロビーへ。イミグレーションカウンターが随分多くあるように感じまし...

キャンディ駅からキャンディ市内のホテルまで

手段:トゥクトゥク

距離:1㎞未満

料金:100 ルピー

バス降車後、キャンディの駅からホテルまでの近距離移動。徒歩圏であることはわかっていましたが、雨が降っていたこともあって、トゥクトゥクを利用しました。

トゥクトゥクドライバーは翌日以降のガイドの営業に熱心でした。翌日ダンブッラへ移動して、シーギリヤロックを見に行くと伝えると、彼は4,500ルピーで行くといっていました(当初言い値は5,000ルピーでしたが)。

激混みバスで疲れていたこともあり、とりあえず電話番号だけもらい気が向いたら電話するといってリリースしました。

キャンディで泊ったホテルの記事です。安いし便利な立地なのでおすすめです。

【スリランカ】キャンディのおすすめホテル Candy City Hotel
5つ星の有名ホテルでなくてもいいけど、ドミトリータイプのようなのはもうさすがに勘弁。部屋はある程度広くて、なるべく綺麗そうで、散策や移動に便利な場所にある、でもって料金はできるだけ安いホテル、とかないかなぁ…

キャンディ~ダンブッラ(70㎞)+ ダンブッラ~シーギリヤロックの往復(往復約40㎞)(待機2時間程度込み)

手段:トゥクトゥク

距離:合計110㎞程度

(ドライバーは戻らなければいけないので、実質的にはこれに+70Km)

料金:4,500 ルピー

キャンティからダンブッラのホテルに行って、いったん荷物を預けて、シーギリヤロックへ行き、シーギリヤロック観光中はドライバーに待っていてもらって、シーギリヤロック観光後に再びホテルまで送ってもらうという内容。

昼間に営業をしてきたトゥクトゥクではなく、ホテルの隣のドリンク屋さんのお姉さんの旦那さんのトゥクトゥクをチャーター。やはり言い値は5,000ルピー。昼間のドライバーが4,500ルピーといっていたのでそれ以上はないよ、っということで同価格の4,500ルピーに決定。こういう変な縁で仕事を頼むのは好きです。

翌朝、ホテル前で自分のトゥクトゥクが来るのを待っているときに、他のタクシードライバーと他のトゥクトゥクドライバーと話しこみました。

タクシードライバーの今日の仕事はピンナワラ行きで8,000ルピーだそう。トゥクトゥクドライバーの方は、自分と同じように、あとで日本人2人をシーギリヤに連れて行く予定だとか。料金を聞かれたので5,000ルピーと答えておきました(本当は4,500ルピーですが)。彼曰くシーギリヤまで5,000ルピーなら安いと。実際はシーギリヤでの待機やそのあとホテルまで連れて帰ってくるのも含めたプランですが。

感覚的に、トゥクトゥクを丸1日チャーターすると4,500~5,000ルピーあたりが相場かな、という気がしました。

【スリランカ】キャンディーからダンブッラへ トゥクトゥクで移動する
キャンディからシーギリアロックまでトゥクトゥクで移動しました。トゥクトゥクで移動すること自体はそれほどつらくはないです。むしろ爽快。でもちょっとだけ注意点が…

ちなみに、トゥクトゥクは新車を買うと1台 600,000 ルピー だそうです。例えば、街乗りで1回200ルピー稼いでいたとしたら。回収するのに3,000回掛かってしまいます。やっぱり5,000ルピークラスの仕事に魅力を感じるドライバーは多いでしょうね。

ダンブッラ・シーギリヤ周辺の1日観光(ダンブッラ~シーギリヤ)

手段:トゥクトゥク

距離:70~80㎞

料金:2,000 ルピー

シーギリヤロックを含むシーギリヤおよびダンブッラ周辺の1日観光。

こちらの記事からリンクをたどってお読みいただくとダンブッラ・シーギリア1日観光の全容を見ていただけます。

【スリランカ】ダンブッラからシーギリアへ
ダンブッラからシーギリアへ。普通に移動したんじゃもったいない。道中は野生動物の宝庫。トゥクトゥクで寄り道してもらいながら、行きましょう!

トゥクトゥクドライバーは、ホテルのオーナーのアテンドによるものなので、感覚的には相場水準かそれより少し安い印象です。(通常は、ホテルがコミッションを上乗せしそうですが、こちらのホテルはそういうタイプではないです。トライバーはホテルのお抱えです。)

このドライバーが最高でした!結局ポロンナルワ遺跡も案内してもらって、2日間お世話になったのですが、この出会いが今回のスリランカの旅を充実したものにしてくれたといっても過言ではないです。

ドライバーを紹介してくれた、今回泊まったホテルは、ホスピタリティ系でリゾート系ではありませんが、旅を楽しむにはかなりおすすめです。

【スリランカ】ダンブッラのホテル 「セヴォンリッチ ホリデイ リゾート」
なんと、アゴダの評価は10点満点中の9.3点!シーギリヤ観光に行くなら、一度このホテルをチェックしてください。ホスピタリティ溢れるオーナーが、あなたの旅をきっと素敵なものにしてくれますよ。無料でサンセットツアーにも連れて行ってくれます。

ポロンナルワ遺跡巡り(ダンブッラ~ポロンナルワ) 

手段:トゥクトゥク

距離:ダンブッラ~ポロンナルワ(片道70㎞) 遺跡巡りを入れて合計160㎞くらい

料金:4,500 ルピー

移動距離が長いので価格が増します。ドライバーは同じくホテルのお抱えなので、金額は相場水準か、それより少し安い印象です。

前日と同じドライバー。ポロンナルワはダンブッラからとても遠いので、彼はあまり好んでは行かないと言っていました(確かにトータルで160Kmはさすがに遠い)。

行きたくないドライバーがいる仕事なので、少し高めの4,500ルピー。この辺りがトゥクトゥクのMax(再安値圏)の相場ではないかと思います。

このツアーも最高でした。野生のぞうを間近で見ることもできましたし。

下のリンクから、リンクをたどっていただくと、ダンブッラから出発してポロンナルワ遺跡を巡った全行程がご覧いただけます。

【スリランカ】世界遺産ポロンナルワ遺跡をトゥクトゥクで巡る
ダンブッラからポロンナルワまでは、片道約70㎞。往復で140㎞。ながーい道のりですが、それでもトゥクトゥクがおすすめ。スリランカを感じながら、ゆっくりと回ることができます。ゆっくり行けばいろんな発見もありますしね。

ダンブッラ~ピンナワラ象の孤児院

手段:ホテルの軽自動車

距離:約80㎞

(ドライバーは戻らなければいけないので、実質的にはこれに+80Km)

料金:4,000 ルピー

前日まで使っていたトゥクトゥクのドライバーに依頼しようとしていましたが、ホテルのオーナーが何かのついでに車で送ってくれるということで、オーナー車に彼の家族と一緒に乗って移動したときの価格です。

結局、車の運転手は前日まで利用していたトゥクトゥクドライバーでした(ホテルのお抱えドライバーなので)。

空調のついた車なので、多少高い可能性はありますが、トゥクトゥクの相場とあまり変わらないはずです。街に出てトゥクトゥクを拾っていくつもりでしたし、オーナーとも結構ネゴった価格なので。

冷房もあって快適なのは確かだし、オーナーは良い奴だったので、車で送らせてあげたという感じです。

ピンナワラのぞうの孤児院も、やっぱり捨てがたい、スリランカの必見スポットでしょうね。

【スリランカ】ピンナワラ ぞうの孤児院。こんなにたくさんの象、見たことない。
スリランカの人気スポット、ピンナワラの象の孤児院。気持ちよく水浴びをしたり、仲間とじゃれあったり、大人に甘えたり…、日本では絶対に見ることのできない、いきいきした象の姿がそこにはあります。至近から見る象の行進も圧巻。絶対行っておきたいスポットです。

ダンブッラ~コロンボ

手段:ホテルの軽自動車

距離:約160㎞

(ドライバーは戻らなければいけないので、実質的にはこれに+160Km)

料金:7,000 ルピー

実際には利用していませんが、ご参考まで。

当初ダンブッラから直接コロンボへ向かう予定でいたときに、ホテルのオーナーが提案してきた車での送迎価格です。タクシーなら8,000ルピーくらいが相場といっていましたが、その真偽は不明。走行距離が伸びても、それに比例して料金が上がっていかないので、この8,000ルピーくらいが頭打ちなのかなと感じました。つまり車とドライバーを1日チャーターした場合の料金相場が8,000ルピーくらいかなと。

ピンナワラの象の孤児院~ランブッカナ駅(鉄道の最寄駅)

手段:トゥクトゥク

距離:4㎞弱

料金:200 ルピー

ピンナワラの象の孤児院の前からランブッカナ駅までの短距離移動。

言い値は300ルピーでしたが鼻で笑って一蹴して200ルピー。まあこんなもんでしょう。お互いが満足できる水準ですかね。もしかしたら100ルピーでも行くかもしれません。

ランブッカナ駅~コロンボフォート駅

手段:鉄道(3等級席)

距離:85㎞くらい

料金:80 ルピー

ピンナワラの象の孤児院の最寄り駅、ランブッカナ駅からコロンボのフォート駅までの移動。

バスと同じく鉄道も激安!85キロ進んで、50円とか。ドアを開けっぱなしで走るので、風が気持ちがいい!

スリランカ鉄道での移動も超おすすめ!

【スリランカ】超ワイルド!スリランカ鉄道で行く。像の孤児院から一路コロンボ・フォートへ
ぞうの孤児院を見たあとは、近くの駅までトゥクトゥクで行ってスリランカ鉄道で移動しましょう。スリランカ鉄道、超ワイルドです(動画もアップしましたのでお楽しみください)。今回はスリランカ鉄道で一路コロンボへ。

コロンボ市内移動

手段:トゥクトゥク

距離:5~6

料金:200 ルピー

コロンボのフォート駅からちょっと離れたモールへの移動するのに利用しました。

都市でもトゥクトゥクの相場はそれほど変わらない印象でした。

ドライバーは行き先のモールをよく知らないようで、遠回りをしていたのがグーグルマップを見ていてわかったので、道中そのことを教えてあげました。にもかかわらず、降り際に遠かったのでもう100ルピー欲しいと言ってきましたので、説教してやりました。(払いませんよ。もちろん。)

相場観は変わらない気がしましたが、都市はちょっとスレていて面倒です。

コロンボフォート駅~コロンボ空港

手段:チャータータクシー

距離:33㎞

料金:1,500 ルピー

偶然会ったドライバーのお兄さんから、コロンボ空港からフォート駅までお客さんを乗せてきて、これから空港に戻るところだからっという理由(いわゆる空便ですね)で、1,500ルピーで空港まで行ってくれるということ。バスで行く予定でしたが、この時点で残金が2,000ルピーくらいあったので利用しました。

同じようなタクシーが大体ここに止まっているそうです。帰りルピーを余しているなら、探してみてもいいかもしれません。

コロンボ空港~コロンボフォート駅(33㎞)(タクシー)

手段:チャータータクシー

距離:33㎞

料金:3,500 ルピー

利用したわけではありませんが。

上記のお兄さんがお客さんを運んできたときのバウチャーを見せてくれました。コロンボ空港~フォート駅まで空港のカウンターでタクシーをチャーターして乗ってくると3,500ルピーだそうです。

なんとなく、相場観がみえてきたでしょうか。何か基軸があるだけで交渉の落しどころも見つけやすくなるので。この記事が何かのお役に立ったらうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうござます。

今回、コロンボから、キャンディ、ダンブッラ、シーギリヤ、ポロンナルワ、そしてピンナワラの象の孤児院と、非常に充実した旅をすることができました。

スリランカではバスや鉄道が料金的には圧倒的に安いんですが、待ち時間や乗り継ぎの心配をしなくていいし、目的地までダイレクトで送り届けてくれるというメリットもあるので、ハードなバックパッカー旅行でなければ、トゥクトゥク中心で旅を組み立ててもいいんじゃなかなっと思いました。

皆さんの旅が素敵なものになりますように。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加