【インドネシア】ジャカルタ空港からジャカルタ市内へ タクシーで移動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャカルタスカルノハッタ空港第2ターミナル到着!

数年前に仕事で何度か来たことがあるので、なんとなく記憶にあるような感じ。当時はお迎えもあって自力で動いてなかったので、あまり記憶はありませんが。今回は初のプライベート。目的地はジョグジャカルタ・ポロブドゥールですが、発展著しいジャカルタを知るべくジャカルにステイしました。やっぱり自分の足で歩かないと、なんどいうか街の息吹が聞こえないといいますか、本当の姿を知ることができないですもんね。

ということで、まずは、今日のホテルを目指すわけですが、アゴダのバウチャーをダウンロードし忘れたので、今日の宿の場所がわかりません😅。

空港のフリーWiFiでネットにつなげばいいかなと思っていましたが、インドネシアクオリティか、ぜんぜん繋がりません。

仕方がないので、Simカードを探してふらふら。入国手続きを済ませて一旦ターミナルの外に出るとタクシーの客引きがうじゃうじゃ。

ジャカルタの移動は、安全安心のタクシー「ブルーバード」と決めていますので、白タクの勧誘自体には興味ありませんが、Simカードを買いたいので話しを聞いて回ります。

「空港では売ってないよ、俺が売ってあげる」って奴がいたので、話を聞くと250,000インドネシアルピア。ははぁ~ん、OK,OK。空港にはどっかで売っていて、値段はそれより安いのね。っといい情報をゲットしたので、再びターミナルビルに戻ります。

すぐにSimカード屋さんを発見。コンビニみたいなのの隣に。1つしかないような感じでした。

1ヶ月のタイプしかないというので、しょうがないですね。ここで時間を無駄にしてもしょうがないので、1ヶ月2Gのタイプを購入。210,000ルビア(1,700円くらい)。空港なのでちょっと高いですね。セッティングは全部やってくれましたので、それも込みということで値段のことは忘れます。

ちなみにルピアは桁が多くて戸惑いますが、円への換算はゼロを2つ取るという感じ。以前より少し円高(対ルピアで)になってますので、今はそこから8掛けくらい。ざっくり言うなら、ゼロを2つ取って少し下げるという感じでしょうか。

スポンサーリンク

ジャカルタのタクシーは「ブルーバード」が基本

まあ、大項目を設けるほどでもないのですが、今となっては観光客の基本ですね。UberやGrabも普及しているので、そっちの方が安いですけど、インドネシアの運転手は必ずしも英語を喋れるわけではないので万が一トラブルになったら面倒ですからね。

っということでジャカルタのタクシーは「ブルーバード」です。

少し前後しますが、ブルーバードは写真にあるような青いタクシーです。

ブルーバードは必ずメーターを使ってくれますので、値段交渉の必要がありません。なんでも、メーターを使わなかったことが発覚するとドライバーは首になるとか。

いちいちメーターの利用を即す必要もなければ、不正メーターを疑う必要もありません。こういう基本的なことが外資誘致にとって大事なことだって、インドネシアもやっとそこまで大人になったんですね。

ブルーバードのほかに、もう一種類、白い車体にEagleと書いてあるタクシーも安心して使えるそうですよ。実際2回くらい使いましたが、なんの問題もなかったです。ExpressというのもこのEagleのと同じ会社のようですので、大丈夫みたいです。

その他でも安心感のあるタクシーはあるみたいですけど、そもそもブルーバードもイーグルもいないようなことはなかったので、普通に過ごすならこの2つのタクシーブランドを覚えておけばいいんじゃないかと思います。

スカルノハッタ空港での「ブルーバード」タクシーの乗り方

ということで、ジャカルタスカルノハッタ空港での、「ブルーバード」の乗り方です。

空港ターミナルから出ると、正面は空港タクシーか白タクか、わかりませんが、ブルーバードでないタクシーがうじゃうじゃ。客引きが着ますので、「ブルーバードはどこ?」とだけ聞きましょう。「そんなのないよ」って答えるあ奴もいれば、まったく耳を貸さず「どこまで行くんだ?」ってだけ聞いてくる奴もいます。まあ、商売仇ですから、教えてくれるわけないんでうすが…😁

「ブルーバード」の乗り場は、ターミナルを出て左側。車の進行方向の先ほ方にあります。

見えますか?真ん中に小さな看板。BLUE BIRD GROUP って書いてあります。

空港や主要な場所には、必ずブルーバードはいますので、白タクには引っ掛からないようにしましょう。

空港の乗り場ではブルーバード乗り場の手前にこんな発券機があって、ここで番号の書いてある兼を受け取ります。そして上の写真の右にあるんですが、こんな感じで番号が出ますので、順番が着たらそこにいるタクシーに乗ります。これで基本的に横入りされるようなこともなしです。

いやぁ、久しぶりにきたら、インドネシア、大人になったねぇ。

タクシー料金とチップ

古いブログでしょうか、空港から市内まで200,000~3,00,000ルビアということでしたが、コタ地区まで(20 Kmくらい)、110,000ルピア台(900円くらい)で行きました。安い!

あっ、そういえば…

東南アジア圏はありがちですが、タクシーの運ちゃんがおつりを持っていないときがあるので、乗るときはあらかじめ細かいのを用意しておいた方がいいです。

それと、チップの習慣はないようですが、タクシーでは多少チップを上げる場合が多いみたいですね。ジョグジャカルタでは、100,000ルピアくらいの料金で、5,000ルピアちょうだいと言われました。(嫌な言い方じゃなかったですし、40円くらいなので、すぐあげました。)

そのあたりがタクシーの運ちゃんの期待値なのかなと思います。ジャカルタはもう少し都会なので、もう少し期待が高いかなっとか考えてあげればいいのかなと思います。基本的には、少し多めに払ってあげて、おつりはいらないよっていう感じでなにか変な雰囲気になることもなかったですよ。

ちなみに、ジャカルタにはもう一つハリム空港というのがあります。今回ジョグジャカルタに行く際にはそちらの空港を利用しました。ハリム空港の「ブルーバード」乗り場も、車の進行方向の前側にありました。ここで記しても、必要な方が発見できそうにもないんですけど…🙏

【一緒に読まれている記事】

シンガポールの人気観光スポット|サイト最多の40選!場所、行き方、料金、営業時間そして裏技まで
観光サイト最多の40選!シンガポールの人気観光スポットのすべてを詳解。このサイトを見ればシンガポールの観光情報が全部わかります!
アンコールワット観光に必要な情報をぜーんぶまとめました
世界遺産アンコールワットに3回行ったので、場所、行き方、天候、服装、人気スポットや人気ツアーまで、何から何まで、ぜーんぶまとめちゃいました。
シーギリヤロックへの【行き方】と【入場料を節約する裏技】
一番楽な行き方は空港でツーリストカーをチャーターしてシーギリヤへ直行じゃね?ピドゥランガラロックは【入場料を節約する裏技】じゃなくね?皆さまのために事実だけをお届けします。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加