【シンガポール】中毒者急増中 台湾まぜそばの「歌志軒」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人駐在員の中毒者急増中!油そば専門店の「歌志軒」です。読み方は「カジケン」。

のっけから宣伝のような空気が出ていますが、まったく関係者ではありません。

しかもこれ、シンガポール料理でもありません。

歌志軒さん、発祥は愛知県みたいですね。ホームページによると東京には1店、大岡山店のみ… 場所の選定が渋すぎます😁

でも、ここの台湾まぜそば、あなどってはいけません。激うま!です。

この暑いシンガポールでちょっと食欲ないなぁっという時にピッタリ。観光の方にも重宝していただけるんじゃないかと。

スポンサーリンク

注文は「台湾混ぜそば」の一点です。

注文するのは「台湾まぜそば」の一点です。いろいろメニューはありますけど、迷う必要はありません。

麺が1.5倍の大盛が無料です。うまいので食べれます。必ず大盛りにしましょう。

日本のお店なので、「おおもり」で通じます。英語はUp Size(アップサイズ)とかが簡単な表現になります。

食べ方

出てきたばかりのオリジナルの状態はこんな感じですね。

奥のボトルがラー油とお酢です。お好みで適当にかけてから、20秒間まぜまぜして、食べます。20秒混ぜるとこんな感じになります。

この食べ方は、下のような案内が、あちこちに貼ってあったり書いてあるので、覚えなくても大丈夫です。

最後に、余った汁にご飯を入れて食べます。食べ方の案内には、Oimeshiと書いてあるので、そのまま「おいめし」と言えば通じます。ライスプリーズでもいいです。

おいめしの写真は以外と汚い感じになので、載せるのはやめておきます。ご想像の通りです。こちらも激うまです。

この記事書くための情報収集で、お店のホームページを見たんですけど、日本のはいまいちでした。が、シンガポールのホームページはいい感じだったので、リンクを張っておきますね。
歌志軒 シンガポールさんのHP

行き方

お昼時は行列ができています。開店の11時半を目指して行った方がいいです。

タンジョンパーガー店の方が比較的空いていて穴場なんですが、お店のホームページにはまだ載ってないみたいなので、グーグルマップを貼っておきます。

観光の方は、電車で行くならグリーンラインのタンジョンパーガー(Tanjong Pagar)駅が最寄ですが、場所が少しわかりにくいので、タクシーでさっと乗り付けちゃう方がいいと思います。運転手さんにタンジョンパーガーのカールトンシティホテルといえば分かります。そこから徒歩1,2分です。

いいですねぇ。カジケン。

また食べたくなってきた!あした行こう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加