シンガポールの会計制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すべてのシンガポールの会社は、原則として、シンガポールの会計基準にしたがって適切な決算書を作成しなければなりません(シンガポール会社法201条)。

また、取締役は、適切な決算書を作成するために内部統制などの社内のシステムを適切に構築する責任があり、また会計データやその証憑書類を少なくとも5年は保存しておかなければなりません(シンガポール会社法199条)。

会社が作成した決算書は、原則として会計監査を受け、定時株主総会で承認される必要があります。

スポンサーリンク

決算書の作成

スケジュール

会社は原則として決算日から6ヶ月以内に定時株主総会を開催しなければなりません。定時株主総会には監査済みの決算書を提出し、決算書について株主の承認を得る必要があります。決算書が定時株主総会で承認されると、今度はそれを電子データ化(XBRL化)して、総会開催日から1ヶ月後までにACRA(シンガポール企業会計規制庁、以下ACRAといいます。)に提出(登録)なければなりません。法人税の申告は、この決算書に基づいて、翌年の11月までに行います。

開示情報の入手

一度、ACRAに登記された会社のデータ(情報)は、決算情報も含めて誰でも入手することができます(有料)。日本では、その会社が上場会社でもなければ、一般の人が会社の詳細な財務情報を入手することはできませんが、シンガポールでは、すべての会社に決算書の登記義務があり、それらの会社情報(決算書)は一般の方でも入手することができるようになっています(ただし、データベースへのアクセスには、シンガポール国民や就労ビザを持つ外国人に付与されるSingPassという暗証番号が必要なので、シンガポール国外の外国人がそれらの情報を入手することできません)。

決算書の内容

ACRAに提出することが求められる決算書は以下のとおりです。
① 財政状態計算書
② 包括利益計算書
③ 株主持分変動計算書
④ キャッシュフロー計算書
⑤ 注記
⑥ 取締役報告書(Directors’ Report)
⑦ 取締役宣誓書(Statement of Directors)
⑧ 監査報告書

書類構成は、キャッシュフロー計算書が加えられている以外は、日本の計算書類と同じですが、IFRSベースのシンガポール会計基準に準拠する必要があるため、記載される内容は異なります。

連結財務諸表の作成義務

子会社や関係会社を有するシンガポールの会社は原則として連結財務諸表の作成が必要です。ただし、親会社が連結財務諸表を作成し公表している場合には連結財務諸表の作成は不要です。つまり、日本の上場会社のシンガポール子会社は、通常日本でグループ全体の連結財務諸表を公表しているため、シンガポール子会社の下に子会社(孫会社)や関連会社があったとしても、連結財務諸表を作成する必要はなく、個別財務諸表を作成すれば足りることになります。

(注意)グループ全体の連結財務諸表は公表されている必要があるため、親会社が任意で会社法上の連結計算書類を作成しているような場合には、シンガポールの子会社は連結財務諸表を作成しなければなりません。

シンガポールの会計基準

シンガポールの会計基準(Singapore Financial Reporting Standard)は、現地のシンガポールの会計士は、SFRSではなく、FRSと呼んでいます。内容は、条文構成や基準番号も含めて、国際財務報告基準であるIFRS(International Financial Reporting Standard)とほぼ一致しています。シンガポールは世界から企業を誘致することで経済発展を遂げてきた国なので、グローバルスタンダードの採用には当然に積極的です。一方で、あらゆる規則は自国の利益を考えて政策的に決定されますので、会計基準も例にもれず理屈ではなく政策的に変更されている箇所があります。そういった事情を反映して出来たのが、IFRSをベースにして不都合な部分だけ政策的に少し変更した会計基準、それがFRS(シンガポール会計基準)です(他人のことを言っていますが、日本の基準も同じようなところがありますね)。

IFRSとの違いとなる主なポイント

① 連結財務諸表作成義務
② 未送金の海外所得に関する繰延税金資産に関する規定
③ 完成前不動産の売上に関する規定
④ 特例期間内に評価替した固定資産の再評価免除規定

一般的に注意を払っておくべき論点は①のみですが、結果としては、IFRSとの違いを意識するまでもなく、上記の「連結財務諸表の作成義務」で記載したとおり対応しておけば問題ありません。

シンガポールの監査制度

監査が必要な会社の範囲

シンガポールも他の東南アジア諸国と同様に2003年に会社法が改正されるまでは、すべての会社に会計監査が義務付けられていましたが、その後段階的に法定監査の対象が狭められ、直近では2015年7月1日以降開始事業年度から、監査免除会社の範囲がさらに広げられました。

2015年の会社法改正後の監査免除会社の範囲は右の記事を参考にしてください。➡ シンガポールで会計監査が必要かどうか?

上記の基準で監査免除会社に該当しない場合には、決算書について会計監査を受ける必要があります。

監査を受けないと…

決算スケジュールで触れましたが、定時株主総会では監査済みの決算書の承認が必要ですし、ACRAへの登録や税務申告の基礎情報にもなりますので、会計監査は必ず受ける必要があります。監査証明がないと、①定時株主総会が開けない(株主総会議事録は、当局への提出書類にもなりますので、その提出もできません)②決算書の登記義務を果たせない ③税務申告ができない といった不都合が生じ、これらが遅延するとペナルティが課せられます。

監査法人

日本の公認会計士は、シンガポールで監査証明書にサインする権限がありません。つまり、現地でサポート業務にあたっている日本人会計士でも監査だけは自分でやることができません。そのため、通常監査法人だけは現地の会計事務所を利用することになります。

シンガポール進出サポート情報

シンガポールの法規制まとめ

会社設立・会社運営・会計税務から個人の就労ビザや所得税の申告まで、シンガポールでビジネスをしていく上で知っておくべき法規制の解説記事の一覧はこちら。

🔷🔷 (参考情報) シンガポール出張のホテル選びの決定版 🔷🔷

シンガポール出張の予定がある方は読んてみてください。

シンガポール出張でどんなホテルに泊まるべきか困っている方が多かったので、各方面から情報を集めてまとめてみました。この中から選んでいただければ、満足のいくホテルがきっと見つかると思います。

また、シンガポールへの出張に関して質問の多い事項(ビジネスの服装、習慣、ビザの要否、罰金、保険、持ち物など)もまとめておきましたので、あわせてご参考にしていただければと思います。

シンガポールの常連がリピートする|ビジネス出張のためのホテル10選
ほんとうは教えたくないシリーズ!たくさんのビジネス出張者をアテンドしてきたシンガポール駐在員が、常連出張者がリピートする...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加