シンガポールのらーめん事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールの日本食レストランは高いですね。

ちょっと前に台湾で一蘭がオープンしたときに、お土産ラーメンを2万円ぶんくらい買ったら行列に並ばなくてもすぐに食べれるみたいなサービスが高すぎるって批判されてましたね。ヤフーニュースで。
でも、普通にお店で食べるラーメン一杯は1,000円ちょっとらしいです。それでも日本より高いなんて言っている記事もありましたけど、シンガポールに比べたらそうでもない。いや、全然安い。

ここに住み始めてすぐの頃、やはり同僚と日本の文化とか商品とかの話しになるんですが、その時 一風堂 はすっげーうまいと言っている奴がいて…
実は、もちろん一風堂には日本でも行ったことはあるんですけど、名前とラーメンは一致していないので、試しに行ってみました。

全部入りラーメンで替え玉とかしたら、サービス料と消費税(GST)を入れて、30シンガポールドル弱かかりました。2,400円くらいです。
それ以来二度と行ってません。。。。一風堂。

そんな一風堂が、オフィスの近くに新店を出しました。メニューを見てみると、種類によりますけど、ラーメンは1杯20ドル前後。高いので24ドルだったかな。
これに替え玉、消費税、サービス料… やっぱり30ドル近くになりそう。汗

これが一風堂の新店。このハイソな感じは何?

シンガポールの日本ラーメン屋の位置づけは、もはやファーストフードじゃなく、高級レストランです。だから、シンガポーリアンは食べ終わってもゆっくり話しをしてくつろいでますし、夜にはカップルも多いです。

だから高くても納得なんですね。いつもお客さんでいっぱいです。

でも自分は日本人、ラーメン1杯にそんなに払えないです😭。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加