【スリランカ】キャンディのおすすめホテル Candy City Hotel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スリランカ・キャンディで利用したホテルです。

いまだにバックパックを背負ってどこにでも行きます。が、学生のときみたいに時間はたくさんあるけどお金があまりないっという状態ではなく、社会人なので時間はいつも有限でお金は多少あるっという状態。かといってサラリーマンなので出費はもちろんできるだけ抑える必要がある、というのが自分の状況。

なので、コストを抑えながら、限られた時間を有意義に過ごすべく、ホテル選びは、旅のブログや予約サイトなどの評判を読み解き、地図で場所を特定しながら行きたい場所へのアクセスをイメージして、結構慎重にやっています。慎重にっというより、そうやって選んでいる時間を楽しんでいるんですけどね。😄

5つ星の有名ホテルでなくてもいいけど、ドミトリータイプのようなのはもうさすがに勘弁。部屋はある程度広くてなるべく綺麗そうで、散策や移動に便利な場所にある、でもって料金はできるだけ安いホテルを探します。できるだけ安くといっても安すぎるホテルは通常もの凄い失敗をするリスクが高まりますので、中程度以下のレンジも視野にいれながら、中程度から上のレンジを狙うっというのがホテル選びのスタンス。

こちらでご紹介するホテルは、そんなネット上の厳選を経て選んだものばかりです。ので、ホテル選びの基準や方法が合う方はおおいに参考にしていただいて、時間を節約していただけたらと思います。

スポンサーリンク

Candy City Hotel

さて、今回利用したホテルはCandy City Hotel です。

Candy 付近で宿を探すと、市街から結構離れたとことまで検索に引っかかってきます。このホテルは市街のど真ん中でとても便利なところにあっておすすめ。

ちなみに Cnady city hostel っというのもあります。こちらも評判はいいですが、ユースホステル、上級バックパッカー向けタイプでしょうね。評判では射程圏に入ってきますが、ホテルタイプとあと徒歩で街を歩き回るのに不便ということで却下しました。

さて話を、Candy City Hotelの方に戻して…(ややこしい😄)

ロケーション

場所はここ。キャンディーの街の中に位置しており、観光名所の佛歯寺の近く、バスターミナル、駅まで徒歩圏です。

マップを開けていただいて拡大してもらえればわかりますが、湖の上(北)側に佛歯寺、キャンディシティホテルのすぐ左下にバスターミナル、さらに進むと駅があります。表示されているすぐ近くのKandy city centre (キャンディシティセンター)というモールも意外と大きくて使えそうでした。

館内のようす

受付はキャンディらしくこじんまり。いわゆるプチホテルとかいった規模観でしょうか。

館内は結構工夫してリノベーションしたと思われるつくり。入口と出口のサイドが違うエレベーターを使って、通りから離れたサイドに客室があります。キャンディの夜は早くから恐ろしく静かになりますので、騒音防止とかという意味ではあまり関係ないですが。

 

渡り廊下はガラス張りになっていて、中庭を利用したレストランが見えたりします。

(そんな豪勢なものではないですが、なにか限られたスペースを一生懸命使って演出している風なところが好感ありでした。)

スタッフはいいひとばかり

チェックインの時受付のおっさんも、翌日チェックアウトの時にいたお姉さんも、夜中ロビーに泊まり込んでいたガードのおっさんも、気さくでいい人たちでしたよ。

おすすめレストランも、ちゃんと教えてくれましたしね。(このホテルは隣?館内?にレストラン?バー?があるので、ほんとはそこを進めたいんでしょうけど。。。)

部屋のようす

スリランカですからね。それほど期待してはいけません。

 

デザイナーズ風のリノベーションホテルらしく、間接照明使いが激しいお部屋ですので、写真に明るさが出にくいですが…

一応作業デスクもあって、今回は1泊ですから十分です。

泊まったのはスーペリアルーム。朝食なしで4,000円ちょいだったと思います。

あんまり、あれですけどね😁 まあOKです。この手のひとり旅では、水圧がどうとか、温水がどうとか、排水がどうとか、最低限ちゃんとしていれば御の字でしょう。アジア圏のシャワー事情はそんなに期待できないので。そういう意味では、全然OKでした。😃

備え付けの歯ブラシがなかったかなぁ?

総合的には、とてもいいホテルだったと思いますよ。おすすめです。

➡ キャンディ シティ ホテルをAgodaで見る

 キャンディシティホテルをExpediaで見る

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加