アンコールワットを4輪バギーで駆け抜ける!

カンボジア・アンコールワット遺跡は今回で3回目!アンコールワット、アンコールトム、タプローム…そしてベンメリアまで一通り味わったので、今回はカンボジアの文化に触れるべく町や村へ行くことに。

いろいろ探して見つけたのが、これです。4輪バギーでカンボジア・アンコールワットを見てまわるツアーです。

このツアーが大当たり!とてもいい体験だったので、少し情報共有しておきたいなと思い、サイトに残しておきます。

スポンサーリンク

カンボジアってどんなところ?

アンコールワット遺跡は確かに言葉では表せないくらい凄い!

遺跡の大きさや建物としての凄さだけではなく、時は流れつづけそして今がある、みたいな時の長さと同時にその儚さを感じられる場所です。遺跡を巡っていると、ずーっとなにか普段感じられない空気を、太古の昔から確実に繋がっている今、時空のようなものを感じます。

そんなアンコールワット遺跡を見ていたら、今度はそのアンコールワットを作ったカンボジアってどんなところ?というのが気になりだして…。そうなんですよね。

アンコールワット(シェムリアップ)のような観光地にいると、忘れちゃいそうなんですが、ここはカンボジア。せっかく、カンボジアまで来たんです。カンボジアの自然を感じ、人々の生活に触れ、遺跡以外の文化にも触れてみるのも、いいんじゃないかなと。

今回は、そんなカンボジア体験をしたい、そして、小学生のこどもにもそんな体験をしてほしい、そう思って家族で4輪バギーツアーに参加しました!

クアド アドベンチャー カンボジア

Quad Adventure Cambodia (Siem Reap)

そして今回参加したのがこちら、クアド・アドベンチャー・カンボジア/Quad Adventure Cambodia (Siem Reap)という、4輪バギーツアーです。

カンボジアの文化に触れる体験としても、4輪バギーでオフロードを走るアクティビティとしても、かなりおすすめです。

実際4輪バギーはオフロードにも強い。本当に原野も走りますし、活気あふれるマーケットへだって、山の中の集落へだって、どこにでも行けます。

カンボジアの本当の自然を見て、カンボジア人たちの生の生活を垣間見る、そんな経験ができます。

公式HP:クアドアドベンチャーカンボジアのHP (英語または中国語)

4輪バギーツアーの種類と料金

いろいろなツアーが用意されていますが、基本的にはバギーに乗っている時間によって料金が違うという感じです。

① サンセットツアー 

午後5時に出発してサンセットを見て戻るというツアー。所要時間は1時間と記載されています。

料金:バギー1台(1人乗り32ドル、2人乗り43ドル)

アンコールワットの日没時刻は、11・12月あたりだと午後5時30分過ぎ、6月・7月あたりだと午後6時30分前後。多分それほど走らない感じがします。日没後真っ暗のなか帰ってこなければならないので、遠出はしないと思います。

② イージーライドツアー

1時間15分のショートツアー。午前10時30分または午後4時のスタート。

料金:バギー1台(1人乗り37ドル、2人乗り48ドル)

乗り方をしっかり教えてくれる初心者向け。慎重になるのは理解できますが、乗り方を心配するような乗り物じゃないです。実際。

③ ディスカバリーツアー

2時間15分のツアー。午前7時30分または午後1時スタートのスタート。

料金:バギー1台(1人乗り65ドル、2人乗り82ドル)

④ 半日ツアー

4時間のツアー。午前7時または午後12時のスタート。

料金:バギー1台(1人乗り105ドル、2人乗り127ドル)

⑤ 1日ツアー

午前7時30分に出発する終日8時間のツアー。

料金:バギー1台(1人乗り175ドル、2人乗り210ドル)

上記のほかに、スパに行くツアーや、サーカスを見るツアーなどもありますが…。別にバギーとセットにしなくてもいいかなって感じなので、省略します😅。

今回は、④の半日ツアーに参加しましたが、4時間コースですが十分でしたね。4輪バギーでオフロードを楽しみつつ、カンボジアの日常を垣間見たい。そんな感じなら、③の2時間15分のツアーでもいいかもしれません。

8時間コースだったら長すぎるだろうなあ。ロングコースならロングコースなりの行き先があるんでしょうけど。

4輪バギーツアーはこんなかんじ

参加者が何をしたいか、どこに行きたいかによって、ツアーガイドがアレンジしてくれます。

村を走り抜けて、マーケットを抜け、水田を抜け、オフロードコースに行くのが、スタンダード(ディスカバリーツアー)じゃないかと思います。

 今回参加したのは、半日コースでしたので、ツアーガイドさんと相談して、集落の訪問し、そのあとワニ園に行きました。こどもが関心を持ちそうな場所ということで。

ワニ革の製品はカンボジアの代表する産業みたいですしね。シェムリアップ市街でもワニ革の財布やバッグのお店が結構ありますから。

こんなところで養殖?されているんですね。どう猛な動物を飼育しているわりには、施設が簡易すぎて心もなんてとない。そこが結構恐怖心を煽ります。

 本当に森の中にある集落へ行って、カンボジアのこども達と遊んでもらいました。観光で、生活空間に入っていくのは、ちょっと申し訳なかったですけど…。とっても良い経験でした。人がいっぱい写っているので、写真の掲載はやめておきますけど(^^;

4輪バギーツアーの予約の仕方

ホームページは日本語対応しておらず、英語で申し込まなければいけないというのが若干ハードルが高めですが…。申し込みの流れはざっくりとこんな感じです。

クアドアドベンチャーカンボジアのHP にアクセス。

② 参加したいツアーを選択。

③ 必要事項を記入してBOOK NOW!をクリック。

④ 記載したメールアドレスあてに、ツアー会社から24時間以内に返信。

どのツアーも泊まっているホテルまでの送迎付き。メールには、何時にホテルに迎えにくるかが記載されています。

⑤ 支払いは現地で行います。クレジットカードは使えないので、現金を用意しておきましょう。(支払が現地払いなので逆に安心です)

4輪バギーツアーの注意事項など

✔ 2人乗りは可能です。ただし、2人の合計体重が130キロ以下までです。

✔ こどもを後ろに乗せて走ることができます。

✔ 自分で運転できるのは17歳以上です。

✔ 運転免許証が無くても乗れます。

✔ 運転の仕方は現地で教えてもらえます。

✔ 長ズボンと強い靴(HPには、strong shoes と書いてあります。スニーカーですOKです。)を履いて参加してください。

✔ バギーはオートマです。

✔ ヘルメットは貸してくれます。

✔ マスクとペットボトルの水1本はもらえます。

✔ サングラスがあった方がいいです。オフロードを走ると砂ぼこりがすごいですし、日差しも強いので。特にコンタクトの方は目の保護をお忘れなく。

日本語ガイド付きのアンコールワットツアー

このツアーもそうなんですが、自分で英語で申し込みして、メールでやり取りして、現地でも英語で話して…って結構大変💦

親日国のカンボジアは日本語が話せるガイドさんが多く、日本語ガイド付きツアーを取り揃えている代理店が結構あります。

【日本語ガイド】付ツアーが次々登場!

みんなが使う日本語ガイド付きツアー!新サービスも続々登場しています。

海外旅行は頑張らず楽しく♪がトレンドです。日本語ガイド付きツアーでリラックスして、思いっきり旅行を遊んじゃってください。