アンコールワットのトゥクトゥクの相場

カンボジアアンコールワット遺跡の観光でメインの移動手段になる「トゥクトゥク」の相場をお伝えします。

シェムリアップ空港から市街地へ、アンコールワット遺跡群の観光ツアー、ベンメリア方面への観光ツアーなど、トゥクトゥクをチャーターした場合どれくらい料金がかかるのか、実体験に基づいてレポートします。

ちなみに、トゥクトゥクですが、現地の発音は、トゥットゥッって感じで「ク」をあまり発音しないみたいです。カンボジアのトゥクトゥクは上の写真のように、バイクに座席部分が連結しているタイプなので、状況によっては切り離してバイクだけになったりします!

こちらが今回お世話になったトゥクトゥクのバイク部分です。ドライバーのお兄さん、ベンメリア遺跡に行く時に座席部分を取り外してきました。ベンメリア遺跡までは40キロくらい距離があって、整備されていないところも通るので、座席部分が邪魔だったんだと思います。

スポンサーリンク

トゥクトゥクの相場を知っておきましょう

アジア各国を旅してまわりましたが、結局トゥクトゥクが一番小回りが利いて便利というのが経験則です。

でも、料金が個別交渉であいまいなんですよね。なので、いつも不安ですよね。相場が分からないのでボラれているんじゃないかって。

ということで、今回のアンコールワット旅行で使ったトゥクトゥクのコース別の料金やドライバーからもらった相場情報など、皆様がアンコールワットのトゥクトゥクの料金相場をつかむのに、参考になりそうな情報をお伝えしたいと思います。

まず、こちらが、自分が行くときに参考にしたサイトです。ゲストハウスのいわゆるお抱えトゥクトゥクの料金です。

タケオゲストハウスさんのHP

ゲストハウスといえば超節約志向のバックパッカーが利用する宿なので、これが最低のレンジではないでしょうか。

ガリガリ交渉すれば、この価格帯まで下げられる可能性はおおいにありますが、今回の旅では、ここまで下げられませんでした。

※ タケオゲストハウスさんのトゥクトゥクチャーター料金はHPから削除されちゃったみたいです。トゥクトゥクの相場はこちらをご覧ください☞アンコールワットのトゥクトゥクの相場

トゥクトゥクをチャーターする方法

その前に、トゥクトゥクはどうやって捕まえるの?

日本でこの記事を読んでいる方にとっては、まずそのことが不安かもしれません。でも心配は要りません。

カンボジアのシェムリアップ空港に到着して入国ゲートを出ると、たくさんのトゥクトゥクドライバーが待ち構えています。とりあえずはお客さんをホテルまで送りたいドライバーです。

このドライバーさんは、ほぼ確実にそのお客さんに翌日以降の遺跡観光をさせてもらおうと営業をしてきます。これは、どこの観光地でもよくある流れです。

自分も例にもれず、最初に空港で拾ったトゥクトゥクのドライバーさんに滞在期間中ずっと案内してもらいました。

もっと言うならば、2度目の訪問でも彼に案内をお願いしました(メッセンジャーでやり取りして)。英語がちゃんと通じるので安心でしたし、普通に良いやつだったというのが理由です。写真載せちゃいましょうか。

やっぱり後ろ姿だけにしておきます😁。バキバキに割れたヘルメットが目印です。

いずれにしても、現地にはたくさんのトゥクトゥクがいますので、トゥクトゥクをチャーターするのは現地に行ってから考えれば十分です。空港やホテルの周りには、トゥクトゥクドライバーがいくらでもいますから。

ホテルのフロントに頼んでもアテンドしてくれるばずです。道端で探しても、遺跡を案内してくれるトゥクトゥクドライバーは簡単にキャッチできますよ。

アンコールワットは世界的に超有名な観光地ですから、トゥクトゥクドライバーは、たいてい基本的な英語は話せます。なので、料金交渉やコース案内は英語でしてもらえます。ドライバーさんも、英語ネイティブではないので、片言でも話せれば十分コミュニケーションは成り立つような気がします。

英語がまーったくダメっという方は、さすがにトゥクトゥクを現地調達して、交渉して、っというのは迷惑が掛かるので、事前に日本語ガイド付きのツアーに申し込んだ方がいいですね。

✅ 日本語ガイドツアー

ホテル送迎付き、日本語ガイド付きのツアーをピックアップしました。

(アンコールワット遺跡のツアー)

▶【シェムリアップ発】世界遺産アンコールワット遺跡 朝日鑑賞ツアー by TNKトラベルJAPAN(ホテルお迎え付き・日本語ガイド)(KKday公式)

▶アンコールワット3大遺跡観光+夕日観賞1日ツアー|シェムリアップ発|日本語ガイド・送迎・食事付き by TNKトラベルJAPAN(KKday公式)

▶世界遺産アンコールワット遺跡1日観光ツアー 朝日と夕日鑑賞+樹木に覆われたタプローム遺跡+アプサラダンスショー(昼&夕食・ホテル送迎付き・日本語ガイド)(KKday公式)

(ベンメリア遺跡のツアー)

▶【日本語ガイド】バンテアイスレイ&バンテアイサム&ベンメリア観光を満喫ツアー!(ホテル送迎・昼食付)(KKday公式) 

▶【日本語ガイド】神秘的な巨大遺跡・ベンメリア遺跡 日帰りツアー by TNKトラベルJAPAN(ホテル送迎付き)(KKday公式)

▶【シェムリアップ発】天空の世界遺産プレアヴィヒア寺院+ベンメリア+コーケー 1日欲張り観光ツアー(日本語ガイド・昼&夕食・ホテル送迎付き)(KKday公式)

コロナから復活したらぜひ観光ツアーを楽しんでくださいね。人生楽しみましょ♪

☟ここでご紹介したKKdayという海外旅行の割引チケット会社の使い方の解説です。

KKdayは海外に住んでいる人ならだれでも知っている格安チケットサイトです。安いは正義ですよね。

普通に安全なサイトなので、お得に海外旅行を楽しむアイテムとして、チェックしておいてくださいね。

【KKday】割引チケットの買い方 完全ガイド|口コミ、評判、お得なクーポン情報
【2022年5月】海外旅行のチケットを安く買える【KKday】のお得な割引クーポン情報!割引チケットの買い方を...

トゥクトゥクの料金相場

アンコールワット遺跡群の見どころを地図に落としました。ホテルやチケットセンターで配っているものを日本語に翻訳したものです。地図を見ながらの方がしっくりくると思います。太字で表示しているのがポイントとなる遺跡です。

シェムリアップ空港からシェムリアップ市街(ホテル)

地図の真ん中の下の方の下向きの矢印の先くらいが、ホテルの多いシェムリアップ市街地。シェムリアップ空港からは 7.7 km。

料金:5ドル

空港からホテルまで送れれば、今回のように長く使ってくれるお客さんに会えるかもしれないので、空港からホテルまで送れる機会は貴重だと言います。空港で待つためには、元締めに金を払わなければいけないらしく、また、待つことのできる曜日が決まっているとか言ってたかな。

この値段はある意味固定ですね。

小回りコース(上の地図の青い線のルート)

グーグルマップでは、シェムリアップ市街から出発して27~8 km。時間は昼ごはんを入れて7~8時間かな。

ゲストハウスのトゥクトゥクだとメインコースの1日チャーターで11ドルかな。1ドル単位とかの細かい交渉はしません。

料金:15ドル

20ドルもらうこともあると言ってましたが…。

大回りコース(上の地図の赤い線のルート)

グーグルマップでは、シェムリアップ市街から出発して35 kmくらい。こちらも掛かる時間は昼ごはんを入れて8時間くらい。

料金:20ドル

小回りコースと大回りコースのミックス

2度目の訪問の際は、自分で選定して好きなところだけ行きましたので、コースは適当です。純粋に1日チャーターですね。8時スタートでプレ・ループの夕日まで付き合ってもらいましたので、拘束時間は12時間くらいですね。

料金:20ドル + チップ

ベンメリア遺跡、ロリュオス遺跡、プノンパケン(夕日)など

距離はベンメリアまでの往復130 km +α 。時間は終日なので、拘束時間は12時間くらい。

料金:35ドル

これはバイクでの料金(長距離だからと言って、トゥクトゥクの乗るところ切り離してきました)

ホテル ~ パブストリート 片道

800メートルくらい。

料金:1ドル

1ドルが最低料金かな。シェムリアップ市街でのちょっと乗りなら、どこでも1ドルで行ってくれそう。

ホテル ~ アンコールワット(朝日) 片道 

片道6km

料金:5ドル

流しを拾って失敗した料金です。ちゃんと交渉すれば、往復5ドルくらいで行けたと思われます。

アンコールワット ~ シェムリアップ市街(朝日の帰り) 片道

片道6km

料金:タダ 

ヒッチハイクっていうんでしょうか。知らない人のトゥクトゥクに乗せてもらいました😄。

シェムリアップ市街 ~ シェムリアップ空港

7~8 km。

料金:5ドル

ホテルのフロントで頼んでも、行きと同じ、5ドルでした。

まとめ

アンコールワットは有名な観光地で、情報も多いので、料金にそんなにブレがないような気がします。1ドルでも安くってやると疲れるので、上で記載したくらいの価格前後ならいいかな〜くらいの感覚で交渉するのが〇です。

あとはチップですね。東南アジアの人は、もらえたら儲けもんくらいの感覚で「チップ、チップ」と言ってくることがありますが、含まれているぞって言って、あまり相手にしないでおきましょ。

結果的に、長い時間運転してくれた時とか、一生懸命案内してくれたなっと思った時に、チップをあげればいいと思います。気持ちですから。

そんな感じです。

周りに、代わりのトゥクトゥクはいくらでも走っているので、ギリギリの値段を狙わなければ、向こうが折れてくれますよ。そういう意味では買い手市場。アンコールワットのトゥクトゥクの料金交渉は、それほど難しくはないと思いますよ。