会社制度

シンガポール進出サポート

シンガポールの会計制度

すべてのシンガポールの会社は、原則として、シンガポールの会計基準にしたがって適切な決算書を作成しなければなりません(シンガポール会社法201条)。 また、取締役は、適切な決算書を作成するために内部統...
シンガポール進出サポート

シンガポールで会計監査が必要かどうか?

2015年7月1日施行(同日以降開始事業年度より適用)の改正会社法で法定監査の対象範囲が変更になりました。当初はいろいろと混乱がありましたが、だいぶ落ち着いてきたと思います。 会計監査が免除されるか...
シンガポール進出サポート

【シンガポールの会計税務】決算日や会計期間はどうやって決める?

シンガポールでは、決算日は自由に決定することができますし、会計期間も1年でなくても構いません。 自由すぎないか?自由にやっていいと言われると人間不安になるもので… 一応縛りがあります。 監査...
シンガポール進出サポート

【シンガポール】会社秘書役とは何ですか?

秘書役って何? Company Secretary(カンパニーセクレタリー)、日本語だと会社秘書役とか単に秘書役などと訳されます。 会社秘書役… 日本語にするとちょっとカッコ悪い響きですが、会社秘...
シンガポール進出サポート

【シンガポールの会社法】ノミニーダイレクターとは?

シンガポールの会社法では、シンガポール居住の取締役を最低1名選任しなければなりません。ですが、必ずしも身内だけで居住取締役を用意できるとは限りません。 例えば、会社の新規設立の場合、取締役の候補...
シンガポール進出サポート

シンガポールで一番効率的な会社設立方法【日本でやることとシンガポールでやること】

シンガポールでの会社設立はとても簡単ですが、手順を理解しておかないと、日本とシンガポールを何往復もするなんてことになりかねません。今回はシンガポールで初めて会社を設立しようという方のために、段取りを俯...
シンガポール進出サポート

【シンガポール進出の組織形態】会社か、支店か、駐在員事務所か。

シンガポールでビジネスを始めようとする時に取りうる組織形態についてお話ししましょう。 今後どのようなビジネス展開を見込んでいるかによって、最適な組織の形が必ずしも会社形式ではないかもしれませんので、...